ヨーロッパの美しい村30選

ザリピエ
カラフルで繊細な花模様の家
若月伸一氏 撮影

ザリピエ(Zalipie)

  • 国名:ポーランド(南部)

推薦理由

この村には昔煙突がなく、ストーブや台所の煙で壁や天井が煤だらけ。19世紀末に煙突ができるようになり、女性たちが汚れた壁にペイントをしたのがきっかけで、1930年代に陶器作家としても有名だった村の女性フェリツィア・ツリウォの存在により、カラフルで繊細な花模様が有名になった。彼女が暮らした家は、村で唯一の博物館として公開されている。

村の画像集

村の所在地
地図
地域資源の視点
景観
見たままが美しい
生活の営みが美しい

環境
自然や自然と融合した村
自然を生かした村
その他

文化
建築物
選定条件
人口が1万人未満である:YES(約800人)
2つ以上の遺産・遺跡がある:後日要調査
景観維持の制約がある:後日要調査
企画視点
バスなどでアクセス可能:後日要調査
宿泊施設が2軒以上ある:後日要調査
観光促進に前向きである:後日要調査
観光に適した季節:春・夏・秋