Team EUROPEレポート


レーワルデン計量所
画像提供:レーワルデンツーリズムオフィス

レーワルデン研修報告書(2017年3月2日)

  • 分野:現地視察レポート
  • 関連:欧州文化首都(2018年)
  • 国名:オランダ
  • 実施時期:2017年2月26日(日)〜3月2日(木) 3泊5日

目的:出張で入手した情報を、セミナー等を通じて業界の企画担当者に提供したり、EXPOや地方イベント等で写真展やセミナー開催等を通じて文化首都の魅力を一般消費者にPRする。

日程

 1日目 2月26日(日)

NRT/AMS KL862
11:25/15:30

着後列車にてレーワルデンへ(16:07/18:20)
 2日目 2月27日(月)

終日文化首都関連のイベント開催予定地視察と関係者とのミーティング
州立フリース博物館にて2018年の「文化首都」に関するイベントの打ち合わせ
主要イベント開催を計画中の市内会場を視察
「ポストプラザホテル」視察
郊外のハーリンゲンにて「陶器工房(アトリエ)」視察と、2018年夏に開催予定の「帆船レース」の情報収集
スネイクにて「船の博物館」視察
 3日目 2月28日(火)

終日文化首都関連のイベント開催予定地の視察と関係者とのミーティング
「美しい村」のヒンデローペン視察(博物館見学と散策)
世界遺産の「バウダ水位調節水揚げポンプ場」の施設視察
2018年秋に開催予定の「ホースショー」関係者との打ち合わせ
文化首都開催事務局との意見交換
 4日目 3月1日(水)

AMS/NRT2 KL862
14:30/09:25(+1)

列車にてスキポール空港へ(10:08/12:25)、その後帰国の途に
 5日目 3月2日(木)

09:25

NRT着 

「フリース博物館」での打ち合わせ詳細

面談者:

Mr. Kris Callens, Director
Ms. Femke Haijtema, head of exhibitions & public affairs

http://www.friesmuseum.nl
市の中心にあるフリースランドの州立博物館。この建物の前の広場が、文化首都の多数のイベントに使用される。

市には重要な博物館として、この「フリース博物館」と「プリンセッセホフ陶磁器博物館」の2つがある。2018年文化首都では、この2つの博物館で以下の特別展を実施予定。

@ 「マタハリ」をテーマにした展覧会(2017年10月14日〜2018年4月2日)
第一次世界大戦の美女スパイとして知られるダンサー、マタハリ(レーワルデン生まれ)をテーマにした展覧会(衣装、写真等)。第一次世界大戦時代の欧州を理解するには重要な展覧会。フリース博物館にて。
https://www.friesmuseum.nl/en/see-and-do/exhibitions/mata-hari-2/

A エッシャー展(2018年4月28日~10月28日)
AMSの国立美術館とのコラボとしたエッシャー(レーワルデン生まれ)の展覧会。
https://www.friesmuseum.nl/en/see-and-do/exhibitions/mc-escher/

B 陶器の展示会
オランダの陶器に大きな影響を与えた日本や中国の陶器を展示(柿右衛門、有田焼等)。プリンセッセホフ陶磁器博物館にて。
http://www.princessehof.nl

視察内容

市内視察

運河沿いに広がる旧市街を中心に視察。月曜の午前は休業の店が多い。治安も良好で、1時間程度で主要の見学地を確認(計量所、旧裁判所、プリンセッセホフ陶磁器博物館、オルデホーフェ斜塔等)。

ハーリンゲン

http://www.harlinger.nl
レーワルデンから車で20分の運河と港町。ここでは、オランダ伝統のタイルを製作するための工房を訪問。原料から絵付けまでの全工程を1カ所で実施しているのはオランダ唯一とのことで、アトリエ(工房)見学とショッピングも可。

レーワルデンよりさらに小さな町なので、運河沿いの旧市街散策とアトリエ見学で60〜90分程度あれば十分か? 2018年8月3日から6日にかけて文化首都のイベントとして開催される「帆船レース」は、重要なイベントとのこと。
 

スネイク

http://www.sneekismeer.nl
ハーリンゲン・レーワルデンから30分程度の運河と港町。海洋国家であるオランダの歴史は船を抜きに語れないため、この町では船の博物館を見学したが、日本人へのインパクトは少ないかもしれない。
 

ヒンデローペン

2015年にJATAが選んだ「ヨーロッパの美しい村30選」の一つ。運河沿いに瀟洒な街並みがあり、散策やショッピングには最適。レーワルデンから1時間程度。ここでも2018年文化首都に因んだイベントを計画中。

主要な見どころは、ヒンデローペン塗りや伝統的な民族衣装と人々の生活を展示した「ヒンデローペン博物館」と、散策・ショッピング。著名なスケート選手を輩出した歴史から、「スケート博物館」もお勧め。ガイドが引率して30~60分程度の散策を行った後、博物館見学や買い物等の自由時間を確保して、3時間程度の滞在が平均的か?

ヒンデローペン塗りの絵付け教室

http://www.schaatsmuseum.nl
ヒンデローペン塗りの絵付け教室にも参加可能。

アトリエ見学

http://www.roosjehindeloopen.com
また、ヒンデローペンの伝統的な家具を製作している著名なアトリエも、少人数(10人程度)であれば見学可能。
 

D.F.ワウダ蒸気水揚げポンプ場(世界遺産)

http://www.woudagemaal.nl
10あるオランダの世界遺産の一つ。海面下の低地が多いオランダの国土を水害から守るための施設で、オランダは伝統的にこの技術が世界最高レベルとのこと。
見学では水蒸気を利用して水揚げを行うシステムを工場見学のような方式で見学する。展示やオーディオガイド(日本語あり)等も整っており、来場者への理解のレベルを高めるための工夫が至るところに見受けられる。駐車場から徒歩10分程度要。
 

2018年文化首都の特別イベントである「ホースショー」

ドイツと共にオランダは高い馬術文化を誇り、フリースランド州原産のフリージアン種の馬を調教して、歌や踊り等と融合したホースショーを2018年9月から10月にレーワルデンで開催。今回はこのイベントの担当者との打ち合わせを実施。

開催期間:2018年9月13日〜10月14日、週3〜4回のショーを夜2〜3時間実施
会場:レーワルデンの国際見本市会場(WTC EXPO)
チケット:39〜69ユーロ
収容人員:1回4,500名x20回程度、計9万人を予定

「レーワルデン文化首都事務局」との打ち合わせ

面談者:

Mr. Oeds Westerhof, Director Network & Legacy
Ms. Hanita van der Schaaf, Head of Tourism & Hospitality

関連リンク:

http://www.friesland.nl/traveltrade
http://wwww.2018.nl

基本コンセプト:海面下のフリースランド州が長い歴史の中で行ってきた水との戦いをテーマに、文化首都の様々なイベントを通じて水と自然との共存を広く世界に発信する(1年間で332のイベントを開催予定)。

オープニングセレモニー:2018年1月26日〜28日、国王が参加予定。
レーワルデンが生んだ偉大な芸術家のマタハリ(2017年10月14日〜2018年4月2日)とエッシャー(2018年4月28日〜10月28日)の展覧会を開催。マタハリはスパイ容疑で処刑され、今年が没後100年に当たる。
プリンセッセホフ陶磁器博物館陶器博物館では、オランダ陶器に影響を与えた日本の有田焼や柿右衛門等を紹介する展覧会を開催(2018年3月3日〜2019年6月)
州内の主要11都市に噴水を設置し、噴水を通じて水(自然・環境)との共存の重要性をPR(2018年5月〜10月)
欧州を中心に30カ国以上100隻近い帆船が参加してレースを開催し、最終ゴールであるハーリンゲンでゴールにあわせて文学フェスティバルを開催(2018年8月3日~6日)
ホースショー(前述、2018年9月13日〜10月14日)
文楽の上演(詳細未定)

宿泊施設

現在市内のホテルは数件程度だが、今年から来年にかけて2カ所が新規開業予定。一般的な傾向として、オランダのホテルはバスタブなし・シャワーオンリーが多いとのこと。レーワルデンの現状では、以下の3カ所が設備・ロケーション等の点でお勧めか?

ポストプラザホテル(4ッ星)
http://www.post-plaza.nl
 
ハンプシャーオレンジホテル(4ッ星)
http://www.hampshire-hotels.com
 
ホテル・スタッドハウデルライクホフ(4ッ星):
http://www.hotelstadhouderlijkhof.nl/
 
 

世界遺産ワウダのある町レメルでは、以下のホテルもお勧め。

ISELMAR(4ッ星)
http://www.iselmar.com

ユニークべニュー

今回訪問しなかったが、以下の施設がパーティー等でのユニークべニューとしてできそう。

De Kanselarij
St. Jacobparochie Church
Planetarium

その他

地方都市はAMSに比べホテル代はほぼ半額、物価も安く、治安も良好。従って特にリピーター向けには大都市を避け地方都市に滞在して、日帰りのエクスカーションを組み込むツアー造成も一考の価値あり。

プロモーション用画像(提供:レーワルデンツーリズムオフィス)

*** ご利用時には、提供元をお書き添えください ***
さらに高画質の画像が必要な場合は、事務局へお問い合わせください