ニューデスティネーション


二つの湖に挟まれたインターラーケン
© Interlaken Tourismus Byline:
swiss-image.ch/Marcus Gyger

インターラーケン(Interlaken)

  • 分野:ニューディスティネーション
  • 国名:スイス
  • 期間:通年

企画概要

グリンデルワルトなどへのゲートウェイとして知られるインターラーケン中心部には、ホテルやカフェ、ブティックなどが軒を連ねている。そこで提案したいのが、雄大な自然と都会的な魅力がコントラストを描くインターラーケンを起点としたスイス長期滞在の旅である。

企画内容詳細

ボーデン湖スイス文化体験ができるバレンベルク野外博物館
© Team EUROPE

観光素材が充実するインターラーケンとその周辺

スイスのほぼ中央、ベルナーオーバーラントの2つの湖 (トゥーン湖とブリエンツ湖) の間に位置するインターラーケンは標高570メートル、ユングフラウ、アイガー、メンヒなどに代表されるベルナーオーバーラントのホリデー/スキーリゾートへの基点となる町だ。
一つの修道院から始まったこの町は、その後の山岳ブームを受け発展。現在は、山と湖の両方が同時に堪能できる人気の観光地となっている。また、周りの大自然とは対照的にホテルやコージーなカフェ、土産店、時計店、宝石店、ブティックなどが軒を連ねるフーヘウェグ散歩もインターラーケンのもう一つの愉しみとなっている。

インターラーケンの対岸(ブリエンツ湖北岸)には、「ベルナーオーバーラントの真珠」と呼ばれる町ブリエンツがある。ルツェルンからインターラーケン、グリンデルワルト、ジュネーヴ、チューリッヒへ向かうロマンティック・パノラマ・ルート上にあるこの町は伝統的な木彫り工芸の町とも知られ、木彫学校やスイスで唯一つの弦楽器制作学校であるバイオリン製作学校がある。小路の両側には、色とりどりの花が溢れた古い民家が並ぶ美しい町である。

ブリエンツには「バレンベルク野外博物館」がある。夏季(4〜10月)のみオープンしている66ヘクタールという広大な敷地を有するこの野外博物館には、何世紀も前に建造された100棟を越える建物が移築されている他、スイス全土から集められた250種以上の家畜、各地方の伝統工芸品や特産品のワークショップ、昔ながらの薬屋やパン屋などがあり、スイスの文化に触れることができる。敷地内には、テラス席のあるレストランも営業している。

インターラーケンの両側にあるブリエンツ湖とトゥーン湖では湖上クルーズ(ブリエンツ湖は4月上旬〜10月中旬にインターラーケン・オスト駅裏、トゥーン湖は通年インターラーケン・ヴェスト駅裏の港から)が運航。また、スイス唯一のアプト式ラックレールを蒸気機関車が走るロートホルン鉄道(夏季のみ)、ヘリコプター遊覧や氷河トレッキング、農家訪問などツアー造成に役立てたい素材が豊富に揃うインターラーケンは、長期滞在に理想的なデスティネーションである。

ファスナハトルツェルンのファスナハト
画像提供:スイス政府観光局 www.myswiss.jp

インターラーケンを起点にスイスの冬の魅力を満喫

ユングフラウへの玄関口として世界中からの観光客が訪れるインターラーケンはまた、冬は国内外のスキーヤーで賑わうアルペンリゾートである。そこで、冬季シーズンの企画アイデアとして提案させて頂きたいのが、スノーハイキングをはじめとする冬のスイスならではの「白銀の世界」を満喫するアクティビティである。

さらに着目して頂きたいのが、伝統的な「ファスナハト」(カーニバル)である。イースターの約46日前に開催されるファスナハトは長い冬の終わりの告げるもので、待ち遠しい春の到来を願い、大きな音を立てて冬の悪魔を追い払う風習がある。「グッゲンムジーク」や「グッゲ」と呼ばれる音楽は、ファスナハトでのパレードの名物となっている。イースター関連のイベントのため開催日は毎年変動するが、ベルンやバーゼル、ルツェルンなどのファスナハトが特に有名である。そのアクセスの良さから、インターラーケンからこれらのいずれの都市へ移動も容易で、ツアーに取り込むことは十分可能である。

これらの3都市以外にも、インターラーケンを起点にスイス国内ならチューリヒやローザンヌ、ツェルマット、国外ならパリ、フランクフルト、ミラノなどへもエクスカーションも設定できる。また、途中の1〜2泊をユングフラウ3山を望むミューレン、ユングフラウを望むヴェンゲン、アイガーの麓グリンデルワルト、山岳ホテル「クライネ・シャイデック」「メンリッヘン・ロッジ」といった山岳地域のホテルやロッジとの組み合わせもお勧めである。

ポイント

スイスに長い冬の終わりの告げる伝統的なイベント「ファスナハト」を体験
スノーハイキングなど、スイスの冬ならではの「白銀の世界」を満喫するアクティビティも充実
ヘリコプター遊覧、湖上クルーズ、氷河トレッキング、農家訪問などの素材が充実
途中の1、2泊を山岳地域のホテルやロッジと組み合わせることも可能
ツアー造成の上で活用したいツーリストカードも豊富
企画可能な期間 通年(但し、4月と11月は運休する山岳交通機関が多い)
アクセス
TGV Lyria Network
TGVリリア路線図 提供:Lyria SAS

2012年12月9日からTGVリリアがインターラーケンへ!
パリとスイスの都市を結ぶ高速列車TGVリリアのパリ=ベルン線が、2012年12月9日よりインターラーケンにも停車するようになった。これによりパリから乗り換えせずに名峰ユングフラウ観光の拠点、インターラーケンへとアクセスが可能となった。快適でおしゃれな車内空間のTGVリリアは、パリとスイスの主要都市を結ぶ列車として大変人気がある。また、1等リリアプルミエールの乗客には、座席での食事サービスが料金に含まれている。
このパリ発ベルン経由インターラーケン便はデイリー運行。詳細はレイルヨーロッパ・ジャパンまで。

主なルートの移動距離/所要時間(移動手段)
インターラーケン=ベルン間:約1時間
インターラーケン=チューリヒ/ルツェルン/ローザンヌ間:約2時間
インターラーケン=ツェルマット間:約2時間20分
インターラーケン=パリ間:5〜6時間(TGV利用)
インターラーケン=フランクフルト間:約5時間
インターラーケン=ミラノ間:約3時間30分
ユングフラウ地方 ユングフラウヨッホをはじめ、さまざまな展望台観光や各地でのハイキングやサイクリングなどのアクティビティがある。時期は春から秋だけでなく、冬もウインターハイキングや展望台観光などが楽しめる。山岳リゾートでありながら、町には大型スーパー2軒、お土産店以外のショップもあり、ショッピングも充実している。
ウィリアム・テル劇
UPDATED!

ウィリアム・テルの舞台© Interlaken Tourismus Byline:
swiss-image.ch/Marcus Gyger

スイス独立のシンボルとして語り継がれてきた「ウィリアム・テル」伝説。ドイツの詩人・劇作家であるフリードリヒ・シラーが、このウィリアム・テルの英雄物語を戯曲にしワイマール(ドイツ)で上演したのは200年前のことである。

「ウィリアム・テル劇」は伝説の舞台であるアルトドルフでも上演されているが、インターラーケン郊外の森には13世紀当時の町並みをリアルに再現した劇場があり、初演が行われた1912年以降、夏にここでウィリアム・テルの野外劇が上演されている(2015年は6月18日〜8月29日の予定)。ウィリアム・テル劇200周年に当たる2012年にはここで、シラーを語りべとして舞台に登場させる特別バージョンが上演された。

この劇の上演時間は約2時間半。大自然を舞台とした迫力ある公演が、36〜62スイスフラン(2015年の料金)という手頃な価格で楽しむことができる。チケットはオンラインで手配可能。夏季特定日の公演ではあるが、その多くは夜に上演されるため、昼間は雄大な自然の中でのアクティビティ、夜は劇鑑賞という組み合わせが可能である。
モデルコース
スイス「インターラーケン」長期滞在モデルアイテナリー
ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用


1日目 空路、チューリヒへ
着後、インターラーケンへ移動
着後、ホテルへ

(インターラーケン泊)

2日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

@ 夏(6月下旬〜9月中旬)のおすすめハイキング
アイガーグレッチャー=クライネ・シャイデック ハイキング(初級、約1時間30分)
※逆さアイガーを映すファルボーデンゼーや、旧ミッテルレギヒュッテなどアイガー登攀に関する様々なポイントが楽しめるコース

A 夏(6月下旬〜9月中旬)のおすすめハイキング
メンリッヒェン=クライネ・シャイデック ハイキング(初級、約1時間30分)
※ユングフラウ三山を正面に見ながら、散歩感覚で歩けるコース
午後 100年以上の歴史を誇る「ホテル・ベルヴュー・デザルプ」に宿泊

(クライネ・シャイデック泊)

3日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

@ 春(5月中旬〜6月下旬)・秋(9月中旬〜10月中旬)のおすすめハイキング
アルメント=ヴェンゲン ハイキング(初級、約50分)
※5月中旬頃からはタンポポなどの黄色のお花畑をお散歩感覚で歩けるコース

A 夏(6月下旬〜9月中旬)のおすすめハイキング
クライネシャイデック=ヴェンゲルンアルプ ハイキング(初級、約1時間30分)
※ユングフラウ鉄道とユングフラウ三山、ヴェンゲルンアルプ鉄道を見ながら歩くコース

ミューレン経由でアルメントフーベルへ
午後 ユングフラウ三山を一望する展望レストランにて昼食
シュタウプバッハの滝観光

(インターラーケン泊)

4日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

ブリエンツ湖クルーズ(インターラーケン=ブリエンツ)
アプト式登山鉄道(ブリエンツ=ブリエンツ・ロートホルン、6月下旬〜10月下旬)
ロートホルン山頂にてユングフラウ三山とブリエンツ湖の眺望を楽しんだ後、「ロートホルン・クルム」にて昼食
午後 バレンベルク野外博物館(古い民家や伝統工芸の実演などスイス文化を体験)

(インターラーケン泊)

6日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

レトロな登山鉄道でシーニゲプラッテ展望台(1,987m)へ(5月下旬〜10月中旬)
夏・秋(6月下旬〜10月中旬)のおすすめハイキング
シーニゲプラッテ=ダウべ=シーニゲプラッテ ハイキング(初級〜中級、約2時間)
※高山植物園の花々、ユングフラウ三山、トゥーン湖とブリエンツ湖の眺望を楽しめるコース
午後 100年以上の歴史を誇るケーブルカーでハーダークルム展望台(1,301m)へ(4月下旬〜10月下旬)
ユングフラウ鉄道全線開通100周年を記念して誕生した特設展望デッキから絶景を堪能

(インターラーケン泊)

6日目 終日 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

@ 列車にて首都ベルンへ
ベルン市内観光(クマ公園、バラ公園、大聖堂など)やショッピング

A 列車にてルツェルンへ
ルツェルン市内観光(カペル橋、ライオン記念碑など)やショッピング

(インターラーケン泊)

7日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

列車でレッチベルクトンネル(カートレイン)の発着地カンデルシュテークへ(シュピーツ経由、約1時間15分)
ロープウェイで山頂へ
カンデルシュテーク=エッシネン湖=カンデルシュテーク ハイキング(初級、約1時間30分)
※氷河から流れ込む湖水がエメラルドグリーンの山上湖(秋はカラマツの黄葉が楽しめる)
午後 列車でシュピーツへ(約30分)
トゥーン湖クルーズ(シュピーツ=インターラーケン)

(インターラーケン泊)

8日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

列車で名峰マッターホルンを抱く有名な山岳リゾート、ツェルマットへ(シュピーツ、ブリーク経由、約3時間)
※ブリーク=ツェルマット間は別料金
午後 ゴルナーグラート展望台(3,100m)観光や村内散策など
夕刻 インターラーケンへ戻る

(インターラーケン泊)

9日目 午前 ベルナーオーバーラント・リージョナルパス(8日間)利用

夏(6月下旬〜9月中旬)のおすすめハイキング
フィルスト=バッハアルプゼー=フィルスト ハイキング(初級、約2時間)
※「アルプスの宝石」と呼ばれる山上湖バッハアルプゼー

グリンデルワルトバスにてグロッセ・シャイデックへ
午後 夏(6月下旬〜9月中旬)のおすすめハイキング
グロッセ・シャイデック=アントゼーヴェン ハイキング(初級、約1時間)
※山上湖アントゼーヴェンはアイガーなどを湖面に映し出す「鏡の湖」としても有名

(インターラーケン泊)

10日目 終日 グリンデルワルト発着の混載オプショナルツアーに参加

(インターラーケン泊)

11日目 TGVリリアにてパリへ移動(約6時間)
午後 パリ市内観光やショッピング

(パリ泊)

12日目 空港へ移動
空路、帰国の途へ

(機中泊)

13日目 到着後、解散

7日目:ロープウェイ
カンデルシュテーク→エッシネン湖(5月中旬〜10月下旬営業)
7日目:トゥーン湖クルーズ
シュピーツ→インターラーケン(4月上旬〜12月上旬営業)
注意事項
周辺の山岳交通機関の運行期間
ユングフラウヨッホ鉄道駅(通年)
ハーダークルム展望台(4月下旬〜10月下旬)
シーニゲプラッテ展望台(6月上旬〜10月下旬)
フィルスト展望台(5月上旬〜10月下旬)
シルトホルン展望台(通年)
アルメントフーベル展望台(6月上旬〜10月中旬)
メンリッヘン展望台(6月上旬〜10月下旬)
グレッシャー3000展望台(通年)
その他
UPDATED!
ユングフラウVIPパス
ユングフラウ鉄道グループの主要路線に3日間乗り放題
但し、クライネ・シャイデック=ユングフラウヨッホ間は1往復のみ可
http://shop.jungfrau.ch/en/vip-pass

ユングフラウ鉄道パス
ユングフラウ地方の主要交通機関に6日間乗り放題
クライネ・シャイデック=ユングフラウヨッホ間は含まれていない
http://shop.jungfrau.ch

リージョナルパス(ベルナーオーバーラント)
ユングフラウ地方、ブリエンツ、ベルン、エッシネン湖などベルナーオーバーラント州全体の公共交通機関をカバーするパス(7日間/15日間)
http://www.regiopass-berneroberland.ch

主なアクティビティ
ヘリコプター遊覧、ブリエンツ湖やトゥーン湖のクルーズ、氷河トレッキング、農家訪問、スノーハイキングなど

グリンデルワルト発着の混載オプショナルツアー
6月中旬〜8月中旬の期間は日本語ガイドを伴うハイキングツアーの実施あり
また、毎日催行されているため、天気やお客様の都合に合わせての参加が可能
関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://www.interlaken.ch(インターラーケン観光局)
http://brienz.naruhodo.com(ブリエンツ)
http://www.tellspiele.ch (ウィリアム・テル劇)
http://www.bls.ch(ブリエンツ湖/トゥーン湖クルーズ)
http://ballenberg.ch(バレンベルク野外博物館)
現地コンタクト Interlaken Tourismus
Mr. Remo Kaeser, Head Sales Promotion
E-mail:remo.kaeser@interlakentourism.ch
問い合わせ先 スイス政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年1月30日