ニューデスティネーション

ブリストル市街
南イングランド観光の拠点に最適なブリストル
© Team EUROPE

ブリストル(Bristol)

  • 分野:ニューディスティネーション
  • 国名:英国
  • 期間:3月〜10月

企画概要

1都市(または複数都市)に連泊滞在して観光するパターンが熟年層を中心に人気だが、英国でこのパターンのツアーを企画する場合、ホテル事情を考慮するとブリストルが相応しい。
そこでブリストルをベースに南イングランドを結びグループ及びFITの新規需要創造を期する。

企画内容詳細

聖メアリーレッドクリフ教会聖メアリーレッドクリフ教会
© Team EUROPE

ブリストルを拠点に英国南部を巡る

昨今、宿泊地が転々とする忙しい周遊型を避け、1都市または複数都市に連泊し、郊外へ観光に出て行くパターンが熟年層を中心に人気を集めている。
英国でそのパターンを考えるとバースとブリストルが絶好のロケーションと言えるが、特にホテル事情を考慮するとブリストル滞在ベースが相応しい。
そこで、このブリストルを起点に南イングランドを結び付け、グループ及びFITの新規需要創造を期したい。

今回の企画でターゲットとなるのは熟年夫婦、熟年一人旅、30〜40歳代女性(F1/F2)層、湖水地方やコッツウォルズをすでに経験した英国リピーターである。
以下に紹介するモデルコースでは、ブリストル(もしくはバース)をベースとして、放射線状に郊外の魅力的観光地へ出て行く。 南イングランドはもちろん、アクセスしやすいウェールズを組み込むことで、変化に富んだ英国ツアーの造成が可能。同一都市に滞在するメリットも十分に出すことが出来る。
毎日のように宿泊地が変わるツアーとは対照的に、内容を充実させつつ、ゆったり感のある企画として打ち出していくのがポイントとなる。

グレートブリテン号蒸気船グレートブリテン号
© Team EUROPE

豊富な観光素材をバランス良く配置したツアーの造成

ブリストルを起点とするツアー造成においては、絶好のロケーションであることを活かし、様々な魅力が溢れる英国南部と、趣が異なるウェールズやデヴォンを上手く組み合わせていくことが鍵となる。
また、自然や文化歴史に偏り過ぎないよう注意しつつ、海岸線や丘陵地帯といった英国の美しい自然と、文化歴史といったヨーロッパならではの魅力をバランス良く配置。「ゆったり感」ある充実観光ツアーとして市場に訴えていく。

企画するコースによりポイントは異なるが、観光素材の一例としては世界遺産のバースやストーンヘンジ、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のロケ地であるレイコック、ブラッドフォード、英国屈指のスピリチュアル・スポットであるグラストンベリー、タイタニック号船出の港町サザンプトン、古都ウィンチェスターなどがある。また、すでに日本マーケットに定着しているチッピング・カムデンやバートン・ウォーター、バイブリー、カッスルクームなど、人気のコッツウォルズの村々を自由自在に組み合わて加えることもできる。

ブリストル大聖堂12世紀創建の修道院に起源するブリストルの大聖堂
© Team EUROPE

その他、ロイヤルベイビー誕生という話題性も活かし、英国王室と深く関わりのあるウェールズも訪問。
首都カーディフやその郊外にあるケーフェリー城を訪れ、そこから世界遺産のブレナヴォンへと足を伸ばすことも可能。距離は出るものの、高速の利用であまり時間がからないエクセター(約128キロ、M5利用で1時間半前後)や、ドーチェスター観光も組み込むことができる。
これらをニーズに応じて組み合わせ、コースへと仕上げてゆく。当然のことながら、他にも様々な組み合わせが考えられる(モデルコース参照)。

もちろん、ブリストル(バース)で終日自由行動日を設けて、市内散策やオプショナルツアーを設定することも可能である。ブリストル滞在後は、ロンドンへ移動して宿泊が自然だと思われることから、コッツウォルズはその際の経由観光としても良い。カッスルクームだけであれば、あまり時間とらずに済む。
ブリストルでは半日観光、もしくは自由行動で設定することもできるが、終日の場合はクルーズを入れたい。

ポイント

ポイントは企画するコースにより異なるが、これらの要素をうまくキャッチにしてパンフレット等に記載

バースやストーンヘンジなどの世界遺産
英国王室ゆかりの地ウェールズや、デヴォンを訪れる
ブリストルをクルーズ観光
ストーンヘンジ、エイブベリー、グラストンベリーなど、人気のパワースポット巡り
タイタニック号、船出の港サザンプトンと古都ウィンチェスター
マナーハウスで本格的なアフタヌーンティー(コッツウォルズ)
デヴォンの古都エクセターでは、有名な英国国教会の大聖堂観光
コッツウォルズの人気の村、バートン・オン・ザ・ウォーターやカッスルクーム立ち寄り
企画可能な期間 3月〜10月
基本的にサマータイム期間(3月末〜10月末)が内容と合致。但し、秋から冬にかけて企画する場合は、盛り込む内容を少し軽めにして、価格を意識した方がよいかもしれない。半日の観光やオプションナルツアー化も考えられる。
オープン・クローズは、ランドオペレーターに事前に確認して企画のこと。
アクセス

クリックすると拡大版が見られます

 ブリストルからの距離(目安)
 バース:約21キロ
 バートン・オン・ザ・ウォーター:約91キロ
 カッスルクーム:約37キロ
 ソールズベリー:約82キロ
 カーディフ:約70キロ
 サザンプトン:約168キロ
 ウィンチェスター:約148キロ
 グラストンベリー:約43キロ
 エクセター:約128キロ
 ロンドン:約189キロ

高速道を利用する場合は、かなり時間的にセーブ可能
所要時間についてはRACのルート検索を利用
http://www.rac.co.uk/route-planner/
※ fromとtoを入力するだけで、すぐに地図と距離、所要時間が引き出せる。
基本は乗用車利用の時間なので、バスの場合はもう少し余裕を見ておく
変化や移動時間の短縮するため、ブリストル=ロンドン間は鉄道の利用も可(但し、寄り道観光ができない)
対象 @ 熟年夫婦
A 熟年ひとり参加
B 30・40歳代女性層 (F1/F2層)
  ※ 湖水地方、コッツウォルズ経験者の英国リピーター
企画タイトル案 @古都ブリストルに滞在、南イングランドとウェールズ○日間
A古都ブリストルから訪ねる、南イングランド&ウェールズ○日間
B南イングランドとウェールズ満喫○日間 〜ゆったりブリストル滞在〜
Cもうひとつの英国、南イングランドとウェールズ○日間
など(最終企画内容による)
ホテル
● ブリストル
メルキュールブリストルブリグストーホテル ☆☆☆☆
Mercure Bristol Brigstow
客室数:116室
住所:Welsh Back 5-7, BS1 4SP Bristol
Tel:(+44) 117-9291030 Fax:(+44) 117-9292030
E-mail:H6548@accor.com
http://www.accorhotels.com

メルキュールブリストルホランドハウスホテル&スパ ☆☆☆☆
Mercure Bristol Holland House Hotel and Spa
客室数:275室
住所:Redcliffe Hill, BS1 6SQ Bristol
Tel:(+44) 117-3199004 Fax:(+44) 117-9689866
E-mail:H6698@accor.com
http://www.accorhotels.com

ノボテルブリストルセンター ☆☆☆☆
Novotel Bristol Centre
客室数:131室
住所:Victoria Street, BS1 6HY Bristol
Tel:(+44) 117-9769988 Fax:(+44) 117-9255040
E-mail:H5622@accor.com
http://www.accorhotels.com

イビスブリストルセンター
Ibis Bristol Centre
客室数:182室
住所:Explore Lane, BS1 5TY Bristol
Tel:(+44) 117-3199000 Fax:(+44) 117-9897210
E-mail:H5547@accor.com
http://www.accorhotels.com
● カッスルクーム
ザ・マナーハウス・ホテル&ゴルフクラブ
The Manor House Hotel & Golf Club
客室数:48室
住所:Castle Combe, Nr. Bath, Wiltshire SN14 7HR
Tel:(+44) 1249 782206 Fax:(+44) 1249 782159
E-mail:enquiries@manorhouse.co.uk
http://www.manorhouse.co.uk
● バース郊外
ラックナムパークホテル&スパ
Lucknam Park Hotel & Spa
客室数:42室
住所:Bath, Colerne, Chippenham, Wiltshire SN14 8AZ
Tel:(+44) 1225 742777 Fax:(+44) 1225 743536
http://www.lucknampark.co.uk
モデルコース
ブリストル (バース) 滞在型


1日目 空路、エイヴォン川河口の港町ブリストルへ
着後、ホテルへ移動
夕食はホテルで軽食

(ブリストル泊)

2日目 午前 ブリストル市内観光:聖メアリー・レッドクリフ教会、グレートブリテン号、大聖堂、エイヴォン渓谷にあるクリフトンの吊り橋など
昼食はフィッシュ&チップスを
午後 自由行動:センタープロムナードの散策やショッピング、そして爽やかなリバークルーズなど

(ブリストル泊)

3日目 午前 終日:コッツウォルズの村々を観光

チッピング・カムデンへ(約100分/106キロ)
着後、はちみつ色の家並が愛らしい村を散策
バートン・オン・ザ・ウォーターへ移動(約30分/23キロ)し、コッツウォルズのベニスと呼ばれる村の散策と昼食
午後 人気のバイブリーへ(約30分/20キロ)
着後、アーリントン・ロウなど村の散策
コッツウォルズの南端カッスルクームへ移動(約70分/50キロ)し、美しく愛らしい村を散策
散策後、村のマナーハウスでアフタヌーンティー
ブリストルへ戻る(約40分/34キロ)

(ブリストル泊)

4日目 午前 終日:グラストンベリー、ソールズベリーと世界遺産ストーンヘンジ観光

スピリチュアル・スポットでもあるグラストンベリーへ(約60分/43キロ)
着後、グラストンベリー・アビーなどを観光し、トールの丘から360度のカントリーサイド絶景を満喫します
大聖堂の街ソールズベリーへ(約90分/88キロ)
午後 着後、昼食
英国最高の高さを誇るソールズベリー大聖堂を観光後、ストーンヘンジへ(約25分/17キロ)
着後、世界遺産でもあり、パワースポットとしても人気のストーンヘンジを観光
ブリストルへ移動(約100分/74キロ)
夕食は日本料理を

(ブリストル泊)

5日目 午前 終日:世界遺産バース、ブラッドフォード・オン・エイヴォンとレイコック観光

世界遺産の街バースへ(約35分/21キロ)
着後、バース市内観光とランチタイム
午後 エイヴォン川のほとり、中世の香り漂うブラッドフォード・オン・エイヴォン(約25分/12キロ)で、落ち着いた石造りの街並みの散策
その後、『ハリー・ポッターと賢者の石』など、多くの映画ロケ地として有名なレイコックへ(約25分/15キロ)
村のシンボルであるレイコックアビーなどの観光と散策
ブリストルへ戻る(約50分/52キロ)
夕食にはローストビーフを

(ブリストル泊)

6日目 午前 終日:ウエールズの首都カーディフと世界遺産ブレナヴォン観光

城下町カーディフへ(約60分/71キロ)
着後、カーディフ城など市内観光とウエールズ料理の昼食
午後 郊外のケーフェリー城へ(約25分/18キロ)
着後、広い堀と重厚な建物が印象的な城を観光
世界遺産のブレナヴォンへ(約55分/38キロ)
着後、産業景観が有名なブレナヴォンで、観光用坑道としては英国最大のビッグピット国立石炭博物館などを観光
ブリストルへ戻る(約70分/70キロ)
夕食はシーフードを

(ブリストル泊)

7日目 午前 一路、高速道路をロンドンへ(約150分/189キロ)
着後、飲茶の昼食
午後 ロンドン市内観光(あるいは昼食後、自由行動)
OP「ロンドン半日観光 」
OP「CHICアウトレット・ショッピング」

(ロンドン泊)

8日目 空路、帰国の途へ

(機中泊)

9日目 日本着

企画上の注意点
2日目:クルーズ内容と市内観光が重複しないようにする
3日目:遅めのアフタヌーンティーをとるので、夕食は外してある
3日目:バイブリーでは20〜30分程度が目安
3日目:マナーハウスは、典型的なマナーハウスで広大な敷地を持つ The Manor House Hotel & Golf Club、もしくはバース郊外のラックナムパークホテル&スパ を使う手もあり
ブリストルベースの日本語ガイドはいないので、必要な場合はロンドン辺りから手配する
4日目:グラストンベリーはロックフェスティバル(20万人近いロックミュージシャンやファンが集まる)の開催地でもあり、6月末は大変込み合うので設定を避ける
連泊のホテル仕入れとなるので、設定を絞り込んでマテリアライズを高める

企画上のアドバイス
ブリストルはKLを利用すればAMSから空路でスムーズに入れる(AMSからの機材はEMBRAER190 で100人乗り)バス料金がセーブできる。空路ロンドン・インの場合は、到着後バスでブリストルまで約2時間
2日目:午後のクルーズは組み込みでも可能。何種かあるので合ったものを選択
3日目:バートン・オン・ザ・ウォーターでランチをとると時間セーブできる(ランチ後の散策)
3日目:場所的にブロードウェイも入れられるが、時間配分に注意(いずれかをカット)
3日目、5日目:レイコックは、この日程でも入れやすい。但し、時間配分に注意(いずれかをカット)
ブリストルにはACCOR系ホテルが多いので、日本のレップに確認してみよう。特にメルキュール・ホランドハウスは聖メアリー・レッドクリフ教会の目の前、テンプルミーズ駅からも近い
客層によっては、ウィンチェスターやエクセターあたりを求めるので、企画してみても良い。エクセターは遠いように感じるが、高速利用なので90分前後でアクセス可能。
ロンドンは2泊にして10日にする手もあるが、延泊プランとして企画した方が良いかもしれない(表面上の価格が抑えられる)

その他
距離・時間についてはRACのルートプランナーに準拠、距離はマイル表示をキロに変換(1.6倍)、時間はバスを考慮し2割くらい大目に見て端数処理
RACのルートプランナー http://www.rac.co.uk/route-planner
日程表記載のフライトや時間は2013年8月現在のもの
注意事項
連泊はホテルに仕入れが難しいので、設定日はできるだけ絞り込む
バースはホテル事情が比較的厳しい(ブリストルとの距離は20キロほど)
ブリストルのシンボルと言われるクリフトン吊り橋は、街の中心部からは離れている
クルーズは様々なものがあるので、よく吟味して決める
モデルコースの企画上注意点も参照
その他 この企画に必要とされるパンフレット及びウェブ用の写真は、チーム・ヨーロッパのウェブの「ピクチャーライブラリー」に所蔵(無料貸出し)
関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://visitbristol.co.uk (ブリストル観光局)
http://visitbath.co.uk (バース観光局)
http://www.cotswolds.com (コッツウォルズ)
http://www.english-heritage.org.uk (ストーンヘンジ)
http://www.english-heritage.org.uk (ソールズベリー)
http://www.visitwales.com (ウェールズ観光局)
http://www.discoversouthampton.co.uk/visit (サザンプトン)
http://www.visitwinchester.co.uk (ウィンチェスター)
http://www.visitengland.com/ee/Exeter (エクセター)
http://www.visit-dorchester.co.uk (ドーチェスター)
現地コンタクト バース観光局
E-mail:fiona_humphreys@bathtourism.co.uk

コッツウォルズ
E-mail:cotswoldstourism@gfirst.co.uk

ストーンヘンジ
E-mail:customers@english-heritage.org.uk

ソールズベリー
E-mail:customers@english-heritage.org.uk

ウェールズ観光局
E-mail:info@visitwales.co.uk

サザンプトン
E-mail:info@oceans-southampton.com

ウィンチェスター
E-mail:tourism@winchester.gov.uk

エクセター
E-mail:partnershipmarketing@visitengland.org
問い合わせ先 英国政府観光庁
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2013年11月29日