ニューデスティネーション

タルティーニ広場ヴェネツィアを彷彿とさせる港町ピラン
© Team EUROPE

ピラン(Piran)

  • 分野:ニューディスティネーション
  • 国名:スロヴェニア
  • 期間:通年(ベストシーズンは5月〜10月)

企画概要

イストラ半島に位置するピランは、しっとりとした小さな港町。作曲家ジュゼッペ・タルティーニの故郷として知られ、約5世紀に渡るヴェネツィア共和国統治時代の街並みが残ることから、ミニ・べニスとも呼ばれている。高台からは、イタリアやクロアチアの国境線も望める。

企画内容詳細

セチョヴィリエ塩田古くから伝わる製塩で有名なセチョヴィリエ塩田
© Team EUROPE

ヴェネツィアが薫るアドリア海の港町

スロヴェニア西、アドリア海に面したイストラ半島。ピランは、その先端に位置するロマンティックな港町である。およそ5世紀続いたヴェネツィア共和国時代の名残が色濃く見られることから、「ミニ・ベニス」と呼ばれている。

町の歴史は、ビザンチンの支配が始まった7世紀にまで遡る。952年には神聖ローマ帝国の一部となったが、1283年から1797年まではヴェネツィア共和国の支配を受け、その後オーストリア=ハンガリー帝国の領土になるという複雑な歴史を歩んできた。

ピランは18世紀に活躍したイタリアの作曲家ジュゼッペ・タルティーニの故郷。町の中心にはタルティーニの名を冠した広場があり、そこに1896年にタルティーニの生誕200周年を記念して立てられた像がある。特に夏になると、町ではクラシック音楽のコンサートやイベントが多数開催される。
狭い路地が入り組むこの町の観光は、徒歩で行われるのが一般的。所要時間は2時間半程度で、ベネチャンカという建造物をはじめフランシスコ会修道院、防御壁などの見どころがある。

ピランから車で20分程の場所には、古くから伝わる製塩で有名な「セチョヴィリエ塩田」がある。塩田はレラ地区とフォンタージュ地区の2つに分かれており、簡単にアクセスできるレラ地区には古い製塩方法のデモンストレーションを行っているマルチメディアセンターがある。一方、フォンタージュ地区には塩の博物館があり、ロマンティックな自然の景観が楽しめる。

ピランの塩は近年、透明度の高いアドリア海の海水から太陽と人の手だけで作られた天然の塩として、日本でも注目を浴びている。塩田にはギフトショップも併設され、繊細な結晶の味と香りが料理を引き立ててくれる「塩の花」やフラワーソルトチョコ、にがり成分に富んだ「ピランソルト」、料理の下ごしらえなどにも適した「トラディショナルソルト」、石鹸、スパソルトなどが販売されている。

ケンピンスキーのスパケンピンスキーホテルのスパ・トリートメントルーム
© Team EUROPE

ピラン(ポルトローシュ)を起点とするツアー造成案

ピランには日本のグループに適したホテルが無いため、同エリアを1泊で設定する場合、ピランから約3キロ(車で約6分)離れたポルトローシュが代案都市となる。
スロヴェニア語で「バラの港」を意味するポルトローシュは、スロヴェニア沿岸部随一のリゾート地だ。
高級ホテル、スパ、カジノが軒を連ね、のんびりと過ごせるビーチもある。ピランとは全く趣き異なり、さながらミニ・モンテカルロといった雰囲気。周辺にはアドリア海の海の幸が堪能できるレストランも点在している。

高級ホテル内のスパ施設なども充実し、ヨーロッパの一般的なリゾートに比べると価格もリーズナブルなのが特徴。ビジター歓迎のホテルも多く、当日でも電話で問い合わせて空きを確認さえすれば、ちょっとした空き時間にお客様をご案内することも可能だ。もちろん、男性対応可能な施設もある。施術後、アドリア海の夕陽を眺めながら頂くハーブティーも格別である。

一方、ピランやポルトローシュほどではないが、同じくピラン近郊にあるイゾラも中世の街並みが残る美しい漁村。ここにもヴェネツィア共和国の名残が感じられるロマンティックな建造物が多く見られる。また、ピランから18キロ(車で約20分)の場所には、オリーブオイルで有名な村パドナがある。ここには樹齢300年を超えるオリーブの木や、伝統家屋、古い教会などがある。

ピランから約50キロ、カルスト地方に「リピツァルナ」という有名な白馬の産地リピツァがある。ここはスロヴェニアの文化的にも歴史的にも重要なエリア。1580年にまで遡る古い歴史に彩られ、一つのモニュメントとして大切にされている。ここにはカルスト地方の独特な文化や自然だけだなく、ホテルはもちろん、ゴルフ場やテニスコート、カジノなどといった現代的なレジャー施設もある。

その他にもピラン/ポルトローシュを起点とすることで、スロヴェニア国内ならバロック様式とアールヌーボー様式の建造物が混在する首都のリュブリャナをはじめ、世界遺産のシュコツィアン鍾乳洞、近郊のワイナリー巡り、国外ならヴェネツィアを中心とするイタリア北東部の町、クロアチア北部の町など日帰り、もしくは周遊ルートで結ぶこともできる。

ポイント

ミニベネツィアと呼ばれるロマンチックな港町
バロック期の作曲家ジュゼッペ・タルティーニの故郷
ハプスブルク家ゆかりのセチョヴィリエ塩田
世界遺産のシュコツィアン鍾乳洞やリピツァ、ヴェネツィアにもエクスカーション設定可能
夏には多彩なイベントが開催
ポルトローシュにはスパ施設も充実
高台からは対岸にクロアチアやイタリアが望める
アドリア海の新鮮な魚介料理を堪能
企画可能な期間 通年(ベストシーズンは5月〜10月)
アクセス

リュブリャナ、もしくはイタリアのトリエステやヴェネツィアがゲートウェイとなる。

主なルートの移動距離(所要時間:目安)
ピラン=シュコツィアン鍾乳洞(世界遺産):51キロ
ピラン=リュブリャナ:124キロ(約1時間20分)
ピラン=ポストイナ鍾乳洞:74キロ(56分)
ピラン=リピツァ:45キロ(46分)
ピラン=トリエステ(イタリア):44キロ(40分)
ピラン=ヴェネツィア(イタリア):146キロ(約1時間38分)
主なイベント
ピラン塩祭り
Saltpans Feast
開催日:4月の最終末
新しく塩を作るシーズンは、聖ジョージの日に始まります。ピラン塩の伝統に関連した様々なイベントが催される。

インテルナウティカ
Internautica
開催日:5月の第1週
ポルトローシュで行われる国際的なボートや航海フェア。ヨット、レガッタ、昔の車なども集まる。

ピランの夜演奏会
Piran Musical Evenings
開催日:7月〜8月
ピランの旧市街の中心にある聖フランシス教会で、毎年夏の晩に行われる室内楽とクラシック音楽の演奏会。

ポルトローシュナイト
Portorož Summer Nights
開催日:8月中旬
夏が終わる前にポルトローシュで行われるナイトイベント。コンサートの他、花火が打ち上げられる。

タルティーニフェステバル
Tartini Festival
開催日:8月下旬
バロック期の作曲家ジュゼッペ・タルティーニの人生と、その功績に捧げられる室内楽の国際フェスティバル。質の高い演奏が特徴。
お勧めのオプション フォンダ・スズキ養殖場(Fonda)
http://www.fonda.si
「フォンダ」は、ピラン湾で最高級のスズキとムール貝を養殖している家族経営の養殖場。近年、この養殖場のツアーとテイスティングが人気となっている。
小グループであれば、セチョヴィリエ塩田からフォンダ養殖場までボートで移動できる。
モデルコース
ピラン/ポルトローシュ(1泊2日)


1日目 午前 ピラン到着
ピランの観光(約2時間半所要)
午後 セチョヴィリエ塩田の観光1時間半(ピランから20分)
スズキとムール貝の養殖場を見学およびティスティング
セチョヴィリエ塩田からボートで移動(約2時間所要)
あるいはパドナ村の観光と食事(約1時間半)
ポルトローシュへ移動

(ポルトローシュ泊)

2日目 次のディスティネーションに移動

注意事項 ピランのタルティーニ広場に3ッ星ホテルがあるが、バスタブ付きの部屋はない。 1泊で設定する場合は、ピランから3キロの場所にあるポルトローシュのホテルの利用がお勧めである。
その他 セチョヴィリエ塩田自然公園
Sečoveljskih solinah
開園時間:〔夏期〕8:00〜21:00〔冬期〕8:00〜17:00
http://www.kpss.si
ピランから8キロ(約13分)の場所にある塩田自然公園

ピラン塩博物館
Muzej solinarstva
開館時間:〔4〜10月〕9:00〜18:00(7・8月のみ 〜20:00)
休館日:月曜、11〜3月
場所:セチョヴィリエ塩田自然公園内
関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://www.portoroz.si (ピラン・ポルトローシュ観光局)
http://www.kpss.si (セチョヴィリエ塩田自然公園)
http://www.izola.eu (イゾラ観光局)
http://www.park-skocjanske-jame.si (世界遺産シュコツィアン鍾乳洞)
現地コンタクト ピラン・ポルトローシュ観光局
E-mail:ticpi@portoroz.si(ピラン担当)
E-mail:ticpo@portoroz.si(ポルトローシュ担当)
問い合わせ先 スロヴェニア政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2014年5月16日