ニューデスティネーション

Zwinger Ballustraden Cafe
ツヴィンガー宮殿のカフェから眺めた旧市街
© Christoph Münch / Dresden Marketing GmbH

ドレスデンとその周辺地域(Dresden)

  • 分野:ニューディスティネーション
  • 国名:ドイツ
  • 期間:通年

企画概要

優れた建築や芸術で有名なドレスデンは、華麗なるバロックの都。だが、その周辺にまで目を向けるとワインや鉄道、独特の文化が息づく小さな町など、日本ではまだ知られざる魅力的なオプションのヒントが数多く隠されている。

企画内容詳細

レースニッツグルント鉄道ドレスデン近郊を走るノスタルジックな蒸気機関車
「レースニッツグルント鉄道」
© Team EUROPE

ドレスデン滞在型の新たな旅の切り口を探る

ドイツ東部に位置し、ポーランドやチェコとの国境にも程近いザクセン州は、華やかな宮廷文化や独特の文化が息づく町。特に州都のドレスデンは、クリスマスマーケット発祥の地としてだけでなく、華麗なるバロック建築や芸術、陶磁器の町として知られ、また近年若い女性を中心に人気が高まっているドイツ伝統菓子や名産のワイン、鉄道など、ドイツ西部の人気都市にも決して引けを取らない、ポテンシャルの高いデスティネーションである。
そこで今回は、日本ではまだ一般的に知られていないドレスデンの魅力にスポットを当て、更にその範囲を周辺地域まで広げることで、ドレスデン滞在型の新たな旅の切り口を探る。

懐かしの蒸気機関車の乗車体験

鉄道輸送には、伝統的な強味を持つザクセン州。ドイツに初めて本格的な都市間鉄道が敷かれたのは、1839年に開通したドレスデンからライプチヒの区間であった。以来、ザクセンはヨーロッパの鉄道輸送史を牽引してきた。ドレスデンには、そうしたザクセンの鉄道史が垣間見られる鉄道保存施設「アルトシュタット機関区鉄道博物館」があり、また実際にノスタルジックな蒸気機関車に乗車することもできる。

ヴァッカーバルト城醸造所800年以上の歴史を誇るヴァッカーバルト城醸造所
© Team EUROPE

ドレスデン近郊を走る「レースニッツグルント鉄道」は鉄道マニアだけでなく、子供から大人まで広くドレスデン市民に愛されている狭軌鉄道である。ドレスデン寄りの出発駅は、ドレスデン中央駅からSバーンで20分ほどの場所にあるラーデボイル・オスト駅。ここから汽笛を鳴らし、煙をもくもくさせながら、19の橋を越えラーデブルクまでの16.6キロ(全11駅)を走り抜ける。
ラーデボイルを出て約30分、途中停車駅のモーリッツブルクには、ザクセンの初代国王となったアウグスト1世の命により狩猟用の宮殿として建てられた「モーリッツブルク城」がある。自然保護区の森の中に佇むこの壮麗な城では毎年8月、音楽祭をはじめ、城内で様々なイベントが開催されている。ここで下車をし、出発日限定でそうしたイベントを組み込んでみるのも一案である。

また、ラーデボイルはザクセン・ワインの名産地で、周辺にワイナリーが多く点在している。その中の一つ、800年以上の歴史を誇る「ヴァッカーバルト城醸造所」は、欧州で初めて一般に開放された体験ワイナリーである。 敷地内には由緒ある建物や醸造施設、ブドウ畑、子供も安心して遊べる公園があり、家族連れでも1日ここで楽しむことができ、もちろん大人向けにワインのテイスティング・プログラムも用意されている。
敷地内にはテラスのあるガストハウスが併設され、洗練された料理とワインを一緒に楽しむこともできる他、歴史的な建物の2階にあるホールをグループで貸し切り、特別なランチやディナーのセッティングも可能だ。
このヴァッカーバルト城醸造所へは、ドレスデンの中心部からトラムを利用して訪れることもできる(目安:劇場広場から約35分)。

メインテーマ「宮廷文化」と「平和」に取り入れたい季節ならではの体験

ザクセン公国の首都として、17世紀から18世紀にかけて栄華を極めたドレスデンは、欧州屈指の芸術の都である。2015年2月に来日公演が予定されている1548年設立の「シュターツカペレ」は、世界最古のオーケストラとして知られ、またツヴィンガー宮殿内のギャラリーに収蔵されている陶磁器や美術品も見事である。アルテ・マイスター絵画館では、ドレスデンのシンボルにもなっている双子の天使が描かれたラファエロ作『システィーナのマドンナ』や、世界に世界に三十数点しか残っていないフェルメール作品のうち『手紙を読む女』と『遣り手婆(取り持ち女)』の2点を所蔵、その他にもレンブラントの『ガニュメデスの誘拐』やクラナッハの『アダムとイブ』など、名だたる名画が鑑賞できる。ドレスデンはまた、1989年に崩壊した「ベルリンの壁」と、その翌年のドイツ再統一によって変貌した象徴都市の一つ。旧市街にあるフラウエン教会が、平和のシンボルとなっている事は言うまでもないだろう。

聖母教会のクリスマスマーケット空中に浮かぶように飾られた「ヘルンフートの星」
© Team EUROPE

そんなドレスデンは、クリスマスマーケット発祥の地でもある。アドヴェントの季節にドレスデンの街中を歩いていると、日本ではあまり見かけない星が目に止まる。これは17の四角錐と8つの三角錐で構成された「ヘルンフートの星」と呼ばれるクリスマス・オーナメントの一つ。四方八方に広がった突起は、光となって世界に広がる「福音」を意味しているのだという。

「ヘルンフートの星」はドイツ各地で見ることができるが、ドレスデンの東110キロにあるヘルンフートの手作り星飾りが有名である。160年の伝統を持つヘルンフーター・シュテルネ社には、映像を含めた展示やカフェ、実演工房が併設されており、ここでの試作体験も受け付けている。「ヘルンフートの星」はドレスデンのクリスマスマーケットや、市内のショップでも箱に入って販売されているが、まだ日本では買うことはできないため、こうした体験も是非取り入れてみることをお勧めしたい。
また、市内のザクセン民芸博物館でもアドヴェントの期間中、伝統的なクリスマス・オーナメントのワークショップが行われている他、郊外にもオーナメントの製作過程を映像で紹介する博物館がある。

ドレスデンのクリスマスマーケットは、「ドイツで最もロマンティックなクリスマスマーケット」と言われ、中でも「シュトリーツェル・マルクト」が日本でも良く知られているが、ドレスデン周辺ではまだ日本人には知られていないクリスマスマーケットも訪れることができる。
その一つが、シュヴァルツェンベルクの東、エルツ山地のほぼ中央に位置する古い鉱山の町、アンナベルク・ブーフホルツのクリスマスマーケットである。また、クリスマス・オーナメントや木彫りの人形を売る店や、レストランやカフェが立ち並ぶランゲンヴォルムスドルフも可愛らしい。チェコとの国境に近いエルツ山地はドイツでも特に雪の多い地方で、12月半ばには雪景色になる可能性が高い。その他、ライプチヒやゴスラー、クェルトリンブルク、マイセンのクリスマスマーケットも魅力的である。

春になると、目を奪われるほど美しい菜の花畑が広がるドレスデンとその周辺。少数民族が暮らすバウツェンや、ポーランドとの国境にある美しい古都ゲルリッツまで含めると、目新しいツアーが企画できる。

ポイント

季節を問わずツアー造成が可能
ノスタルジックな蒸気機関車に乗車体験
ザクセン宮廷文化の象徴である「アート」と「平和」を主軸に、四季折々の体験を盛り込む
「ヘルンフートの星」のランプの見学&体験
日本人にまだ知られていないクリスマスマーケットを訪れる
企画可能な期間 通年
アクセス
ドレスデン地図
提供:Dresden Marketing GmbH
クリックすると拡大版(PDF)が見られます

主なルートの移動距離
ドレスデン=ベルリン間:205キロ
ドレスデン=フランクフルト間:469キロ
ドレスデン=ミュンヘン間:484キロ
ドレスデン=ライプチヒ間:108キロ
ドレスデン=ケムニッツ間:76キロ
ドレスデン=プラハ間:152キロ
蒸気機関車
「レースニッツグルント鉄道」運行ルート

レースニッツグルント鉄道運行ルート

提供:Tourist-Information Radebeul
「ヘルンフートの星」
ランプ見学、および体験できる場所
ヘルンフーター・シュテルネ社
Herrnhuter Sterne GmbH
定休日:日曜、祝日
住所:Oderwitzer Strasse 8, 02747 Herrnhut
Tel:(+49) 35873 3640 Fax:(+49) 35873 36435
E-mail:info@herrnhuter-sterne.de
http://www.herrnhuter-sterne.de
160年の伝統を持ち、日曜・祝日を除く通年、見学を受付けている。ビジターセンターでは「ヘルンフートの星」に関する展示が行われている他、実演工房やカフェも併設され、試作体験もできる。ガイドツアーあり。

ドレスデン市内にある「ヘルンフートの星」取扱店
Alpha Buchhandlung Dresden
営業時間:9:30〜18:00(土曜のみ 〜13:00)
定休日:日曜、祝日
住所:Bautzener Strasse 62, 01099 Dresden
Tel:(+49) 0351 8026620 Fax:(+49) 0351 8026630
E-mail:Dresden@ALPHA-Buch.de
世界一美しい牛乳屋「Pfunds Molkerei」の向かい側

art + form Galerie
住所:Bautzner Strasse 11, 01099 Dresden, Äussere Neustadt
E-mail:info@artundform.de
https://www.artundform.de
アルベルトプラッツ(Albertplatz)付近
エクスカーション
(一例)



バウツェンソルブに伝わるイースターの「騎馬行列」
© Team EUROPE

イースターエッグの町、バウツェン

チェコとの国境に程近いバウツェン(ザクセン州)は、異国情緒溢れる少数民族ソルプ人の町。ソルブ人とはスラブ系ドイツ人のことで、このバウツェンとシュプレーヴァルトの森が彼らの拠点となっている。

バウツェンはまた、「イースターの町」としても知られているが、特にイースターエッグの装飾の美しさでも有名。イースターの時期になると、ソルビア博物館ではイースターエッグ作り体験も行われている。

イースターの日は一部の大都市を除き、ドイツのどの町も店が閉まり閑散とした印象があるが、このバウツェンではソルブに伝わる伝統的な「騎馬行列」(キリスト復活を伝える使者を表した祭り)が行われるとあり、小さな町にもかかわらず多くの観光客で賑わい、街中のカフェや土産店も多く営業をしている。

アクセス:ドレスデンの東およそ60キロにあるバウツェンへは、ドレスデンからアウトバーンA4を利用。出てすぐの場所にある。鉄道駅は町の中心部から徒歩で10分ほど離れた場所にあり、ドレスデン中央駅からREを利用し50分前後。

注意事項
ドレスデンの宿泊ホテルは限られるため、周辺地域のマイセンやライプチヒ、ケムニッツ、ゲルリッツの辺りも含めると良い
その他
蒸気機関車は、シーズン問わずに運行。特に冬季はスキー観光客も多く、凍結による運休などのリスクは比較的少ない。
関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://www.marketing.dresden.de (ドレスデン観光局)
http://www.leipzig.de/freizeit-kultur-und-tourismus(ライプチヒ観光局)
http://www.touristinfo-meissen.de(マイセン観光局)
http://www.radebeul.de(ラーデボイル観光局)
http://www.annaberg-buchholz.de(アンナベルク・ブーフホルツ観光局)
http://www.bautzen.de(バウツェン観光局)
http://www.meissen.com(マイセン陶磁器)
http://www.loessnitzgrundbahn.de(レースニッツグルント鉄道)
http://www.schloss-wackerbarth.de(ヴァッカーバルト城醸造所)
現地コンタクト Dresden Marketing GmbH (担当:Christoph Münch)
E-mail:Christoph.Muench@marketing.dresden.de
問い合わせ先 ドイツ観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2014年10月31日