オフ・シーズン企画

写真提供 オランダ政府観光局 www.hollandflanders.jp
写真提供:オランダ政府観光局
www.hollandflanders.jp

ゴッホ没後125周年に行くゴッホの故郷オランダ

  • 分野:美術
  • 国名:オランダ
  • 期間:通年(2015年)

企画概要

2015年は、ゴッホ没後から125年の記念年に当たる。そこで、この記念する年に合わせて提案したいのが、ゴッホの故郷であるオランダ南部の田舎町と、2大ゴッホ美術館を組み合わせて巡るツアーの造成である。

企画内容詳細

ゴッホ美術館(アムステルダム)ゴッホ美術館
写真提供:オランダ政府観光局
www.hollandflanders.jp


オランダ後期印象派の巨匠、フィンセント・ファン・ゴッホ。今やゴッホは世界にその名を轟かす、言わずと知れた天才画家だが、生前は無名の一画家に過ぎなかった。

その名が世界中に知れ渡ることとなったのは、ゴッホが非業の死を遂げた10年後のこと。ゴッホの存在を見い出し、作品を蒐集したのが富豪の貿易商アントン・クレラーの妻、ヘレーネ・ミュラーだった。

ゴッホは日本の浮世絵に傾倒し、貧しさの中にありながらも500点近い浮世絵を収集した。そうしたゴッホの作品に見られるジャポニズムへの強い憧れや平面性、そして奇抜な構図展開は死後1世紀を経た今もなお多くの人々を魅了。日本にもファンは多い。

2015年はゴッホが没してから125年という記念年に当たり、同年秋冬にはアムステルダムにあるゴッホ美術館で「ゴッホとムンク展」の開催が予定されている。そこで、この記念する年に合わせてご提案したいのが、ゴッホの生まれ故郷など巡るツアーの造成だ。特にオフ期には、混雑を避けゆったりと美術鑑賞が堪能できる。また、ゴッホ美術館やクレラー・ミュラー美術館は完全バイアフリーとなっており、高齢でも車椅子や歩行補助器の利用者でも、快適に美術鑑賞できる環境が整っている。

ゴッホ美術館(アムステルダム)

2013年に開館40周年を迎えた、世界最大のゴッホのコレクションを誇る美術館。代表作「ひまわり」を初めとする作品を多数所蔵。これらの作品と共に、偉大な芸術家の足跡を作品の主題や技法、色使いが変化していく様子を見ながら辿ることができる。混み合う春夏を避けたオフ期であれば、じっくりゴッホの世界が堪能できる。ゴッホ没後125周年に当たる2015年秋冬には、「ゴッホとムンク展」の開催が予定されている。

クレラー・ミュラー美術館(オッテルロー)クレラー・ミュラー美術館
写真提供:オランダ政府観光局
www.hollandflanders.jp

クレラー・ミュラー美術館(オッテルロー)

ゴッホの作品に惹かれ、1905年から1930年代初期までに油彩97点、素描185点を購入した実業家の妻、ヘレーネ・クレラー・ミュラーが、かつて夫が狩猟地として購入した約60平方キロメートルの森林に建てた美の殿堂。ここには「夜のカフェテラス」「アルルの跳ね橋(ラングロワの橋)」などの名画が所蔵されており、そのコレクションの規模はアムステルダムのゴッホ美術館に次ぐ世界第2位を誇る。その他にもピカソ、ルノワール、モネなどのコレクションや現代作家の作品も展示されている。
2015年の春夏に、ゴッホ没後125周年の企画展「Van Gogh & Co」展の開催を予定。秋には、黄葉の美しい「ゴッホの森」で、芸術の秋が満喫できる。同館は、2013年に開館75周年を迎えている。

フィンセント・ファン・ゴッホ・ハウス(ズンデルト)

ゴッホの生まれ故郷であるオランダ南部、グロート・ズンデルト村の生地跡に建てられた情報センター。館内はオーディオガイド(英語)で、ズンデルトでのゴッホの生活などを知ることができるほか、ゴッホに影響を受けて制作された現代アーティストの作品も展示されている。また、ここはズンデルトの観光局としても機能しており、ゴッホの足跡をたどる旅のルート案内や自転車ツアーなどの情報を提供している。ズンデルトには村の散策の拠点となる「オーベルジュ・ファン・ゴッホ」というカフェもある。

フィンセンターと屋外博物館(ヌエネン)

ゴッホが2年近く暮らし、最初の傑作「馬鈴薯を食べる人々」を描いたのがヌエネン。フィンセンターは、ゴッホがヌエネンでどのように暮らし、作品を制作していたかを紹介する場所である。同館では話しかける肖像画を通してゴッホの知人たちに出会うことができ、またゴッホがヌエネンにたどり着くまでに訪れた数多くの場所を旅しながら、ゴッホの足跡を辿ることもできる。
一方、屋外博物館にはゴッホが描いた教会などゆかりの地21ヶ所を結んだルートがあり、ウォーキングやサイクリングで回ることができる。ゴッホの作品のどこにそれらが描かれているのかなどを紹介するインフォメーションポイントが17ヶ所ある。

フォントの色が異なる部分は、ブラッシュアップにより加筆/変更された内容となります。

ポイント

ゴッホ没後125周年いう記念の年に故郷オランダでゴッホゆかりの地を巡る。
春夏は混み合うアムステルダムのゴッホ美術館も、比較的空いている秋冬ならゆったり楽しめる。
企画可能な期間 通年(ゴッホ没後125周年関連イベントは2015年に開催される)
アクセス

■ゴッホ美術館(アムステルダム)
Van Gogh Museum
住所:Paulus Potterstraat 7, Amsterdam
Tel:(+31) 20 570 52 00
E-mail:info@vangoghmuseum.nl
http://www.vangoghmuseum.com
アムステルダム中央駅からトラム(2番もしくは5番)を利用。

■クレラー・ミュラー美術館(オッテルロー)
Het Kroller-Muller Museum
休館日:月曜
住所:Houtkampweg 6, 6731 AW Otterlo
Tel:(+31) 318 591 241
E-mail:info@kmm.nl
http://www.kmm.nl
アムステルダムから80キロ。車の場合、高速道路A1、A50、A12から「Park Hoge Veluwe/Kroller-Muller Museum」の標識に従って来館。公共交通機関を利用する場合は、Apeldoorn駅とEde/Wageningen駅から無休でバスが運行。バスはシティーセンターと美術館に停車する。

■フィンセント・ファン・ゴッホ・ハウス(ズンデルト)
Het Vincent van Gogh Huis
休館日:月曜、火曜
住所:Markt 27, 4881 CN Zundert
Tel:(+31) 76 597 85 90
E-mail:vincent@vangoghhuis.com
http://www.vangoghhuis.com
アムステルダムから南へ121キロ、ヌエネンから西へ80キロ。

■フィンセンター(ニューネン)
Vincentre
休館日:月曜
住所:Berg 29, 5671 CA Nuenen
Tel:(+31) 40 283 96 15
E-mail:info@vgvn.nl
http://www.vangoghvillagenuenen.nl
アムステルダムから南東へ125キロ、オッテルローから南へ95キロ。

ホテル検索 オランダ全土
アムステルダム
オッテルロー
ズンデルト
ニューネン
モデルコース
BRUSHED-UP!

<ゴッホ没後125周年記念オランダ・ベルギーフランダース美術紀行8日間>
出典:オランダ&ベルギー・フランダース

1日目 空路、アムステルダム・スキポール空港着

(アムステルダム泊)

2日目 アムステルダム→ゴッホの森へ(80キロ)

アムステルダムのゴッホ美術館に次いで多いゴッホの作品を誇る
クレラー・ミュラー美術館にて「夜のカフェテラス」「ラングロワの跳ね橋」などの名画を鑑賞。

アムステルダムに戻り、ゴッホ美術館で「ひまわり」「アーモンドの花咲く枝」「馬鈴薯を食べる人々」などを見学。

隣のアムステルダム国立美術館、ステデライク・ミュージアム(アムステルダム市立美術館) を、時間のゆるすかぎりじっくり見学。

(アムステルダム泊)

3日目 アムステルダム→ハーグ(60キロ)

ハーグ市立美術館にて、フェルメールの「デルフトの眺望」、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」などマウリッツハウス美術館のコレクションを見学。

ハーグ→ロッテルダム(24キロ)

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館にて、15世紀祭壇画からゴッホ、レンブラント、ブリューゲル、さらにダリなどの作品を、たっぷり鑑賞。

ロッテルダム→ズンデルト(68キロ)

ゴッホの生まれ故郷、ズンデルトの生家跡地に誕生したファン・ゴッホ・ハウスを見学。若きゴッホを紹介しているほか、ゴッホから影響を受けたアーティストなどの作品が紹介されている。隣には、隠れた名店「オーベルジュ・ファンゴッホ」(レストラン)がある。

ズンデルト→アイントホーフェン(72キロ)

(アイントホーフェン近郊泊)

4日目 アイントホーフェン→ヌエネン(7キロ)

ヌエネンは、初期の名作「馬鈴薯を食べる人々」が生まれた場所。ゴッホ記録センターであるフィンセンターや、ゴッホの父が勤めていた教会、住んでいた家(外観のみ)などを訪問する。

ヌエネン→ベルギーのボクレイクへ(71キロ)

ボクレイク野外博物館では、ブリューゲルが作品に描いたような昔のフランダースの農村風景を再現。

(ブリュッセル泊)

5日目 ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ボスやメムリンクなど中世から現代まで幅広いコレクションが魅力。特にルーベンス、ブリューゲルなどの名画は必見である。
併設されたマグリット美術館や、2013年末にオープンした世紀末美術館もじっくり見学。

ブリュッセル→ゲント(55キロ)

ファン・アイク兄弟作の聖バーフ大聖堂の祭壇画「神秘の子羊」 は、ゲント美術館での修復作業も含めて見学。

ゲント→ブルージュ(50キロ)

(ブルージュ泊)

6日目 ブルージュでは、グルーニング美術館、メムリンク美術館、聖母教会にてミケランジェロ作の聖母子像などを見学。

ブルージュ→アントワープ(105キロ)

聖母大聖堂の祭壇画やルーベンスの家をはじめ、ルーベンスゆかりの地を散策。

(アントワープ泊)

7日目 アントワープ→アムステルダム・スキポール空港(162キロ)

空路、日本へ

(機中泊)

8日目 日本着

注意事項
クレラー・ミュラー美術館:月曜休館
フィンセント・ファン・ゴッホ・ハウス:月・火曜休館
フィンセンター:月曜休館
「ゴッホ没後125周年」の企画展などは、2015年に開催(予定)
その他

上記以外にもオランダには

フィンセント・ファン・ゴッホ情報センター(エッテン)
フィンセントのアートルーム / 市営博物館ティルブルク(ティルブルク)
北ブラバント博物館(インシュルトゲンボッシュ)

といったゴッホゆかりの場所がある。


ゴッホの故郷へようこそ

オランダにあるゴッホゆかりの地
地図提供:オランダ政府観光局 www.hollandflanders.jp
関連・参考サイト
Additional Data

http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://www.iamsterdam.com (アムステルダム観光局)
http://www.otterlo.nl/VVV (オッテルロー観光局)
http://www.vvvzundert.nl (ズンデルト観光局)
http://www.vvvnuenen.nl (ニューネン観光局)
http://vangogheurope.eu (ゴッホゆかりの地)
http://www.vangogh2015.eu (ゴッホ没後125周年記念サイト/英語)
http://www.hollandflanders.jp (ゴッホ没後125周年をまとめ/日本語)

現地コンタクト

アムステルダム E-mail:trade@iamsterdam.com
オッテルロー E-mail:contact@otterlo.com
ズンデルト E-mail:vvv@vangoghhuis.com
ニューネン E-mail:info@vgvn.nl

問い合わせ先

オランダ政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション

更新日 2014年8月29日