オフ・シーズン企画

ヘットアンケル醸造所の地ビール
メッヘレンの地ビール「グーデン・カロルス」
© ベルギー・フランダース政府観光局

ベルギーのできたて地ビールと郷土料理

  • 分野:料理
  • 国名:ベルギー
  • 期間:通年

企画概要

1000以上とも言われるベルギービールの銘柄。ビールを使った料理や、できたての地ビールと郷土料理の組み合わせ、料理合わせてビールを選ぶフードペアリングなど、その楽しみ方は様々ある。そこで、ベルギービールの奥深さを知ってもらうことで、ツアーに現地でしか味わえない付加価値をつける。

企画内容詳細

その銘柄、1000にも及ぶと言われるベルギービール。ビールを使った料理、できたて地ビール+郷土料理、ワインのように食材にビールを合わせるフードペアリングなど、そのビールの楽しみ方も様々。レストランを併設する醸造所もたくさんある。そこで、ツアーに付加価値を与える意味でも取り入れて頂きたいのが、現地でしか味わえないベルギービール体験である。

地鶏料理のビールソース地鶏料理のビールソース(ヘットアンケル醸造所)
© ベルギー・フランダース政府観光局

ベルギービール体験@ ビールを使った料理

アルコールが苦手という人でも取っつきやすいのが、ベルギービールを使った料理だろう。
「ビーフ・カルボナード」は、日本ではあまり知られていないベルギーの名物料理の一つ。牛肉をビールで柔らかく煮込んだこの料理は、もともとフランダース地方の家庭料理であったが、その後ベルギー全土へと広がり、ベルギーの郷土料理を扱うレストランなら、ほとんどの店で提供されている。

そうしたビールを使った料理の数々を堪能できるのが、かつてネーデルランドの首都として繁栄した古都メッヘレンの「ヘット・アンケル・ビール醸造所」。
神聖ローマ帝国カール5世の名を冠した歴史ある地ビール「グーデン・カロルス」を製造するこの醸造所に併設されたブラッセリーでは、メッヘレンの郷土料理であるビールソースを添えた鶏料理や、ビール入りのチョコレート、チーズなどの他、前菜、メイン、デザートがそれぞれに合ったビールを一緒に味わえる。また、ここでは食事の前に、醸造所の見学ツアー(約1時間半所要/試飲付)を組み合わせることも可能である。

デ・ハルフェ・マーン醸造所「デ・ハルフェ・マーン醸造所」のブラッセリー
© ベルギー・フランダース政府観光局

ベルギービール体験A できたて地ビール+郷土料理

一方、川に面して建ち並ぶ壮麗なギルドハウスが印象的なゲントにある「グルート・ビール醸造所」は、ホップではなく「グルート」と呼ばれるハーブを使い、中世からの製法に基づきビールを醸造するゲント市内で唯一の醸造所である。
ここでは併設のカフェで、できたてのグルートビールが、ゲント名物の「チキンのワーテルゾーイ」、または牛肉のビール煮込み「ビーフ・カルボナード」と一緒に味わえる。

また、世界遺産に登録された美しい歴史地区があることで人気のブルージュには、6代続く家族経営のビール醸造所「デ・ハルフェ・マーン・ビール醸造所」があり、ここではできたての地ビール「ブルージュゾット」などを味わいながら、食事が楽しめる。ここは最大400名まで食事が可能となっている。

ベルギービール体験B フードペアリング

最後にご紹介するのが、ワインのようにそれぞれの料理や食材に合わせたビール選びが楽しめる店である。 ブリュッセルにある「レストビーレス」では、ムール貝、ビーフ・カルボナード、ザバイヨーネ(デザート)など、メニューに合うビールを一緒に提供。また、アントワープにある「ヘット・デュベル・ヘノット」でも、現代風にアレンジしたベルギー郷土料理を前菜、メインのそれぞれの食材に合ったビールともに楽しむことができる。

この様にベルギーでは、様々なスタイルでその奥深いビール文化とグルメが一緒に堪能できる。今回ご紹介した醸造所やレストランは、ベルギー全体にあるほんの一部にしか過ぎないが、いずれもベルギー・フランダース観光の人気都市であることから、通常のコースにも組み込み易いのが特徴である。こうした現地でしか味わえない付加価値を付けることで、更なるマーケット層の開拓や集客へと繋げたい。

ポイント

べルギー・ビールを使った料理を味わう
できたての地ビールを郷土料理と一緒に味わう
ワインのように、それぞれの食材に合わせたビールと料理のペアリングが可能である
企画可能な期間 通年
アクセス
フランダース地方地図

移動区間:距離(目安)
ブリュッセル=ブリュッセル空港:15キロ
ブリュッセル=アムステルダム・スキポール空港から208キロ
ブルージュ=ブリュッセル:約97キロ
アントワープ=ブリュッセル:約45キロ
ゲント=ブリュッセル:約55キロ
メッヘレン=ブリュッセル間:約33キロ
主なレストラン
べルギー・ビールを使った料理が味わえる店

ヘット・アンケル・ビール醸造所(メッヘレン)
Brasserie Het Anker te Mechelen
営業時間:10:00〜23:00(金・土曜 〜24:30/日曜は要確認)
住所:Guido Gezellestraat 49, 2800 Mechelen
Tel:(+32) 15 287 141 Fax:(+32) 15 287 142
E-mail:info@hetanker.be
http://www.hetanker.be
グーデンカロルスビールなどを醸造しているヘット・アンケル・ビール醸造所が併設するブラッセリー。前菜、メイン、デザートとそれぞれに合う種類のビールが提供されており、地元メッヘレン名物の鶏料理のビールソース、ビールの入ったチョコレート、チーズなどが味わえる。醸造所のグループ見学はこちらを参照。

できたて地ビールと郷土料理が味わえる店

グルート・ビール醸造所(ゲント)
Gentse Stadsbrouwerij Gruut
営業時間:毎日 11:00〜 (食事の提供は22時まで)
定休日:日曜、祝日
住所:Grote Huidevettershoek 10, 9000 Gent
Tel:(+32) 9 269 02 69 Fax:(+32) 9 225 23 32
E-mail:ingrid@gruut.be
http://gruut.be
ホップではなくグルートといわれるハーブを使ったビールを、中世からの手法で醸造するゲント市内唯一の醸造所。併設のカフェでランチが可能。ゲント名物チキンのワーテルゾーイ、もしくは牛肉のビール煮込み(ビーフ・カルボナード)を、できたてのグルートビールと共に味わえる。詳細はこちらを参照。

デ・ハルフェ・マーン・ビール醸造所(ブルージュ)
Huisbrouwerij De Halve Maan
住所:Walplein 26, 8000 Brugge
Tel:(+32) 50 44 42 22 Fax:(+32) 50 44 42 20
E-mail:info@halvemaan.be
http://www.halvemaan.be
できたての地ビール「ブルージュゾット」などと一緒に食事が楽しめる。最大400名まで収容。その他、醸造所のグループ見学はこちらを参照。

フードペアリングが楽しめる店

レストビーレス(ブリュッセル)
Restobières
営業時間:ランチ 12:00〜 ディナー 19:00〜
定休日:月曜
住所:Rue des Renards / Vossenstraat 9, Brussels 1000
Tel:(+32) 2 511 55 83
E-mail:fayt@restobieres.be
http://www.restobieres.eu
ムール貝、ビーフ・カルボナード、ザバイヨーネ(デザート)など、それぞれのメニューに合うビールを一緒に提供する。

ヘット・デュベル・ヘノット(アントワープ)
Het Duvels Genot
営業時間:11:00〜23:00(食事の提供は11:30〜22:00)
定休日:火曜、水曜
住所:Sint Aldegondiskaai 56-58, 2000 Antwerpen 't Eilandje
Tel:(+32) 3 485 59 55 Fax:(+32) 3 485 84 81
E-mail:info@hetduvelsgenot.be
http://www.hetduvelsgenot.be
現代風にアレンジしたベルギー郷土料理を前菜、メインのそれぞれの食材に合ったビールともに提供する。

※ 上記の内容は、予告なく変更される場合があります。
注意事項
レストランの営業日(夏期休暇を設けている場合あり)
関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://visitbrussels.be (ブリュッセル観光局)
https://bezoekers.brugge.be (ブルージュ観光局)
http://www.visitantwerpen.be (アントワープ観光局)
http://www.visitgent.be (ゲント観光局)
http://toerisme.mechelen.be (メッヘレン観光局)
現地コンタクト ブリュッセル観光局 ウェブサイトから問い合わせフォームを利用
ブルージュ観光局 E-mail:toerisme@brugge.be
アントワープ観光局 E-mail:trade@stad.antwerpen.be
ゲント観光局 E-mail:visit@gent.be
メッヘレン観光局 E-mail:florie.wilberts@mechelen.be
問い合わせ先 ベルギー・フランダース政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2014年11月14日