オフ・シーズン企画

王宮広場
「マグリット美術館」がある王宮広場
© Catherine Dardenne / www.visitbrussels.be

ルネ・マグリットゆかりの地を訪ねて

  • 分野:美術
  • 国名:ベルギー
  • 期間:通年

企画概要

ベルギーの画家ルネ・マグリットは、シュルレアリズムの巨匠。20世紀最大の芸術運動である「シュルレアリズム」の主要な舞台となったブリュッセルには、そのマグリットの足跡が数多く残る。そうしたマグリットゆかりの場所を訪れ、ブリュッセルの限りない魅力を発見する。

企画内容詳細

マグリットの家ジェット区にある「マグリットの家」
© Luc Schrobiltgen / www.visitbrussels.be

シュルレアリズムの巨匠、ルネ・マグリット

シュルレアリズムの巨匠ルネ・マグリット(1898-1967)は、20世紀を代表するベルギー出身の画家である。イメージの達人として身近なものを題材とし、そこに新たな意味を与える作品の数々は、ベルギー国内外で賞賛され、高い評価を得ている。

「シュルレアリズム」とは、「イマジネーションが現実そのものと同じくらい現実である」という芸術運動のこと。1920年代以降、ベルギー南部のワロンやブリュッセルが輩出したシュルレアリストと呼ばれる芸術家は100人を越え、ベルギーはまさに「シュルレアリズムの故郷」であったとも言える。

日本にもその独特な作風に魅せられる人が多く、2015年春からは東京と京都で13年ぶりとなる本格的な回顧展「マグリット展」が開催される。同展にはベルギー王立美術館やマグリット財団の全面的な協力を得て、世界10ヶ国以上から代表作およそ130点が集まるとあり、マグリット愛好家を中心にその注目度もより高まっている。

そこで、そうした話題性にも着目し提案させて頂きたいのが、シュルレアリズムの主要な舞台となったブリュッセルに残る、マグリットゆかりの場所を訪れる旅の企画である。

芸術の丘美術館や博物館がたくさん集まる「芸術の丘」
© Eric Danhier / www.visitbrussels.be

ブリュッセルにあるマグリットゆかりの場所を巡る

今も昔も変わらない芸術の都ブリュッセル。20世紀最大の芸術運動であるシュルレアリズムにおいても、主要な舞台となったのがこのブリュッセルであった。

そのため、ブリュッセルの街中にある何気ないカフェやアパルトマンが、かつてのシュルレアリストらのゆかりの場所であるということも珍しくはない。 2009年にはまた、ベルギー王立美術館の別館として「芸術の丘」にマグリットだけの美術館がオープンするなど、近年のブリュッセルはそれまで以上に、シュルレアリズムを意識させる都市となっている。

マグリット作品だけを集めた美術館をはじめ、ジェット区にある「マグリットの家」、ベルギー・シュルレアリズムの雰囲気が漂う「カフェ・ラ・フルール・アン・パピエ・ドレ」、マグリットも学んだ「ブリュッセル美術アカデミー」や、マグリット4枚目の壁画「神秘のバリケード」が残るパレ・デ・コングレ、マグリットが眠る「スカールベーク墓地」、マグリットが晩年を過ごした「ミモザ通りの家」といったブリュッセルにあるマグリットゆかりの場所は、車と徒歩観光の双方(各2時間目安)で設定が可能。こうしたマグリットゆかりの場所と同時に、ブリュッセルの限りない魅力も訴求する。

ポイント

ブリュッセルは、20世紀最大の芸術運動である「シュルレアリズム」の主要な舞台
シュルレアリズムを代表する画家マグリットは、日本でも非常に人気が高い
2015年3月に東京、7月に京都で「マグリット展」が開催され話題性がある
ブリュッセルにあるマグリットゆかりの場所は、車でも徒歩観光でも設定可能
シュルレアリズムと美食を組み合わせることも可能である
企画可能な期間 通年
ロケーション ブリュッセル
アクセス

提供:レイルヨーロッパ・ジャパン

ブリュッセル空港からブリュッセル市内へは、ベルギー国鉄(SNCB/NMBS)で約20分。空港地下から発着しブリュッセル北駅、 中央駅、南駅の順に停車。隣国の主要都市からも、高速鉄道タリスが乗り入れている。
マグリット
ゆかりの場所
マグリット美術館
Musée Magritte Museum / Magritte Museum
開館時間:10:00〜17:00
休館日:月曜、1/1、1月の第2木曜、5/1、11/1、11/11、12/25
住所:Place Royale / Koningsplein 1, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 508.32.11 Fax:(+32) 02/ 508.32.32
http://www.musee-magritte-museum.be
ベルギー王立美術館の別館として、2009年にオープンしたルネ・マグリットだけの美術館。これまで個人蔵だった絵画も含め、200点の作品や資料が展示されている。初期の作品を中心に集めた3階展示室から、晩年の作品を展示した1階へと下りていく順路になっており、画家の人生、時代の流れ、作品の移り変わりをたどりながら作品が鑑賞できる。
 
マグリットの家(マグリット・ミュージアム)
Musée René Magritte / René Magritte Museum
住所:Rue Esseghem / Esseghemstraat 135, 1090 Jette - Brussels
Tel:(+32) 02/ 428.26.26 Fax:(+32) 02/ 428.26.26
E-mail:info@magrittemuseum.be
http://www.magrittemuseum.be
1930年から1954年の間、ルネとその妻ジョルジェットは、ブリュッセルのジェット区にあるエッセゲム通り135番地に住み、ここでいくつかの傑作を描いた。リビングとアトリエは、彼らが住んでいた当時そのままに修復され、関連図書、資料センターもある。
 
レストラン・ラ・ルー・ドール
La roue d'or
住所:Rue des Chapeliers / Hoedenmakersstraat 26, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 514.25.54 Fax:(+32) 02/ 512.30.81
http://www2.resto.be/rouedor
黒服の空飛ぶ紳士やシルクハットなど、マグリットを思わせる素晴らしい天井画で知られる店。「帽子屋通り」の名前にちなんだこの内装はオーナーのアイデア。料理も素晴らしく、1994年にはブリュッセル市観光局レストランガイド審査員賞を受賞。
 
カフェ・ラ・フルール・アン・パピエ・ドレ
La Fleur en Papier Doré
営業時間:毎日 11:00〜24:00(日曜のみ 〜19:00)
住所:Rue des Alexiens / Cellebroersstraat 55, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 511.16.59
E-mail:cafe@lafleurenpapierdore.be
http://www.lafleurenpapierdore.be
1920年代のベルギー・シュルレアリズムの雰囲気が漂う店。マグリットのほか、E.L.T.メセンス、ユーゴー・クラウス、ジャン・デュビュフェ、ピエール・アルシンスキーなどもよく訪れた。静かな当時のままの店内には、いたるところに彼らを偲ばせる詩句などが掛けられている。
 
カフェ・グリニッジ
Taverne Greenwich
営業時間:毎日 12:00〜深夜
住所:Rue des Chartreux / Kartuizerstraat 7, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 540.88.78
E-mail:contact@greenwich-cafe.be
http://www.greenwich-cafe.be
チェス好きの集まるカフェ。いまでも夕方になるとチェスボードをはさんだアマチュアたちでにぎわう。マグリットの文学教授エックハウトの好みの店だったが、マグリットもまたしばしばここにやって来て、チェスの相手に自分の絵を紹介した。チェスのほか、碁を打つ人もたまに見かける。
 
ブリュッセル美術アカデミー
Académie royale des beaux-arts de Bruxelles
Koninklijke Academie voor Schone Kunsten
住所:Rue du Midi / Zuidstraat 144, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 506.10.10 Fax:(+32) 02/ 506.10.28
E-mail:info@arba-esa.be
http://www.arba-esa.be
マグリットは1916年に同所に入学。ファン・ダム、ギスベール、コンバ、そして象徴主義の画家モンタルドらに習い、2年を過ごした。画家のヴィクトル・セルヴランクスと出会ったのもここである。またマグリットはここで文学の講義も履修したが、教授陣の中にはあの小説家ジョルジュ・エックハウトがいた。
 
パレ・デ・コングレの壁画
Palais des congrès
住所:Coudenberg 3, 1000 Brussels
Tel:(+32) 02/ 513.41.30
1961年に制作されたマグリットの4枚目の壁画。タイトルは「神秘のバリケード」。見学は要予約。
 
スカールベーク墓地
Cimetière de Schaerbeek / De begraafplaats van Schaarbeek
場所:第16区02部にある26番目の墓
ルネ・マグリットと妻ジョルジェット・ベルジェが眠る墓。すぐ近くにマルセル・マリエンの墓(第17区11部15番目)もある。
 
ミモザ通りの家
René et Georgette Magritte à Schaerbeek / Schaarbeek
住所:Rue des Mimosas / Mimosasstraat 97, 1030 Brussels
マグリットが晩年の10年間を過ごしたコテージ風の家。1階には4部屋あり、マグリットは主に通りに面した部屋で作品を描いた。隣はダイニングルーム、その次がロビーで、最後は台所になっていた。
 
サン・ジョス区役所
Commune de Saint-Josse-ten-Noode / Gemeente Sint-Joost-ten-Node
住所:Avenue de l'astronomie / Sterrenkundelaan 13, 1210 Brussels
1922年6月、マグリットとジョルジェット・ベルジェは、この役所で結婚した。
 
その他 上記以外にも、ベルギーの代表的な近代作品を所蔵する「ブリュッセル王立美術館」や、マグリットをはじめラーテム画派、ペルメークなど19〜20世紀の美術を収蔵する「イクセル美術館」、ベルギー・シュルレアリズムの先駆者ウィールツのアトリエを使用した「アントワーヌ・ウィールツ美術館」(入場無料)などもお勧めである。
観光ルート(案)
徒歩観光でまわるコース(約2時間所要)

グランプラスから王立美術館をへて再び下町、アンスパック通りへと、画家ゆかりのカフェやレストランなどを訪ねる。


1 グランプラスから王立美術館のある坂道を上がる途中にある「パレ・デ・コングレ」には、1961年に制作されたマグリットの4枚目の壁画がある。タイトルは「神秘のバリケード」。同所にはポール・デルヴォーの壁画もある。見学は要予約。
2 そのまま坂を登り、ロワイヤル広場へ。高台から見下ろすブリュッセルの美しいパノラマが広がる。王立美術館の一部である「近代美術館」は、シュルレアリズム関連の豊かなコレクションで有名である。
3 アンティーク店の多いサブロン地区を通って、カフェへ。広場では土・日にアンティーク市が立つ。ブリュッセルで一番美しいフランボワイヤン・ゴシックのサブロン教会も見える。
4 1920年代のベルギー・シュルレアリズムの雰囲気が漂う店「カフェ・ラ・フルール・アン・パピエ・ドレ」へ。
5 そのまま坂を下り、2つめの角を左折し、「ブリュッセル美術アカデミー」へと移動。
6 目抜き通りのアンスパック通りを渡ってしばらく歩くと、マグリットもたまにやって来て、チェス相手に自分の絵を紹介した「カフェ・グリニッジ」がある。グリニッジ周辺には、現代美術のギャラリーやモダンなレストランも多い。証券取引所のメトロ駅にはデルヴォーの壁画がある。そのまま歩けば次のカフェが見えてくる。
7 証券取引所の隣に、マグリットの教授の好んだ店「カフェ・ル・シリオ」がある。古く静かなこの店には、マグリットも来たはず。シャンソン歌手のジャック・ブレルお気に入りの店でもあった。
8 モネ広場前まで歩き、右折。明るいショッピング・アーケード「ギャルリ・サンテュベール」へ。アーケード内には、カフェ、アート・グッズ、チョコレート店、書店、ファッション関連のショップなどがある。
9 ギャルリ・サンテュベールには、マグリットが1951年に描いた初の壁画(天井画)のある「テアトル・ロワイヤル・デ・ギャルリ 」がある。但し、観劇以外の入場は不可。
10 途中、ギャルリ・ボティエに集まる古本屋を覗いて見るのも楽しい。
11 最後は、黒服の空飛ぶ紳士やシルクハットなど、マグリットを思わせる素晴らしい天井画で知られる店「レストラン・ラ・ルー・ドール」へ。


車でまわるコース(約2時間所要)


1 ブリュッセル北西のジェット区にある「ルネ・マグリット・ミュージアム」(マグリットの家)
2 ルネ・マグリットと妻ジョルジェット・ベルジェ眠る「スカールベーク墓地」(第16区02部にある26番目の墓)へ。すぐ近くにマルセル・マリエンの墓(第17区11部15番目)もある。
3 マグリットが晩年の10年間を過ごした「ミモザ通りの家」へ。コテージ風の建物の1階には4部屋あり、マグリットは主に通りに面した部屋で作品を描いた。次の部屋はダイニングルーム、その次がロビーで、最後は台所だった。
4 1922年6月、マグリットとジョルジェット・ベルジェが結婚した「サン・ジョス区役所」

関連・参考サイト http://www.raileurope.jp (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://visitbrussels.be (ブリュッセル観光局)
現地コンタクト ブリュッセル観光局
上記ウェブサイトから問い合わせフォームを利用
問い合わせ先 ベルギー・フランダース政府観光局
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年1月30日