オフ・シーズン企画


ベルギー名物のムール貝

ムール貝を本場のベルギーで味わう

  • 分野:料理
  • 国名:ベルギー
  • 期間:通年(特に9月〜4月)

企画概要

秋から冬にかけて旬を迎え、特にRの付く月がおいしいとされるムール貝。味付けもさまざまだが、鍋一杯に盛られたムール貝は圧巻だ。
ツアーでお客さまをこのムール貝料理の名店にお連れし、本場の味覚をご堪能頂くと同時に、ベルギー料理への理解や認知度を高める。

企画内容詳細

Resto National 21.07.12大鍋に入ったムール貝の白ワイン蒸しを食べる人々
© E.Danhier

ベルギーの国民食、ムール貝の白ワイン蒸し

ベルギー名物の代表格と言えばムール貝。シーズンは7月から4月頃までとなっているが、秋から冬にかけて旬を迎え、特に「R」の付く月が美味しいとされている。
ムール貝の主産地は、オランダ国境に近い北海。
沿岸の海底で自然養殖され、それをボートで引き上げ採取する。
特にオランダのゼーラント州の沿岸部は世界的に美味しいムール貝の採貝地として知られ、ベルギー国内でもこのゼーラント州産が広く食されている。

ムール貝を使った料理は様々だが、まさにベルギーの国民食とも言えるのが「ムール貝の白ワイン蒸し」。
味はシンプルな白ワイン蒸し、セロリやポロネギと一緒に蒸したマリニエール風などがある。味付けもしっかりしており、日本人の舌にも合う。もちろん、ベルギービールとの相性も抜群だ。
ベルギーのレストランでこのムール貝のワイン蒸しをオーダーすると、鍋一杯に盛られて供される。一人前はおよそ1〜1.5キロ。その量を目の当たりにして、目を白黒させる日本人観光客も少なくない。
3人前はあろうかという量を、ベルギーの人々は一人で楽々と平らげてしまう。

このムール貝には正調な食べ方がある。まずムール貝がテーブルに運ばれてきたら、その中から比較的大きなものを一つ選び、その身を摘んで口に運ぶ。そして、次からはその殻をピンセット代わりにして、他の貝の身を挟んで食べる。テーブルにはナイフやフォークがセットしてあるが、ムール貝を食べるためには使わない。

Scheltemaムール貝料理で定評があるレストラン「スケルテマ」
© www.scheltema.be

このワイン蒸しの付け合せには、フリッツ(フライドポテト)が定番。日本でも「フレンチフライ」の呼び名で親しまれているこのフリッツ。フランス生まれと思われているが、ベルギーではもっと古い時代から食されていた。
これはベルギー人の自慢でもある。


地元の人も太鼓判を押す名店「スケルテマ」

ムール貝(和名:ムラサキガイ)は日本でも採貝されているが、品種の違いや海水温の低さ、鮮度などの影響もあり、その味わいは格段に異なる。
そこでお客さまをムール貝の名店にお連れし、本場の味を体験頂くとともに、美食の国ベルギーを実感して頂こう。

ムール貝料理が味わえる店はいくつかあるが、今回お勧めしたいのは「スケルテマ」という店。このスケルテマはブリュッセルのほぼ中心、“食い倒れの町”として知られるイロ・サクレ地区にある1972年に創業した家族経営の店だ。日本のガイドブックなどで広く紹介される機会はあまりないが、舌の肥えたベルギー人も太鼓判を押す実力派の店である。落ち着いた店内の雰囲気はもちろん、好感の持てるキビキビとしたサービス、そして焼きたてのパンの美味しさでも定評がある。

取り澄ましたような高級店は少ないが、ところ狭しとレストランが軒を連ね、美食を求めてやって来たたくさんの人でいつも賑わってるイロ・サクレ地区は、まさにベルギーの食文化が凝縮されたエリア。
「肉屋通り」「バター通り」「ペッパー通り」「肉とパン通り」など、美味しそうな名称が付けられた路地の名も興味深い。こうした場所を訪れることを機に、お客さまにベルギーの食文化への理解を深めて頂き、さらなるリピーター獲得を目指したい。

ポイント

秋から冬に旬を迎えるムール貝を、多くのお客様に味わって頂く
ベルギーで最も有名なムール貝のお店へご案内
「美食の国」ベルギーの認知度を高め、ベルギーへのリピーター増を目指す
企画可能な期間 通年(特に9月〜4月に旬を迎える)
ロケーション ブリュッセル
アクセス
タリス路線図
提供:RAIL EUROPE JAPAN
地図をクリックすると拡大されます

ワインレッドのボディが印象的なタリスは、アムステルダムからブリュッセルやケルン、パリを最高時速300キロで結ぶ人気の高速国際列車。2012年末からは路線が拡大され、ドイツ西部のデュッセルドルフ空港にも乗り入れている。また、ブリュッセルはユーロスターでロンドンとも結ばれている。
お勧めレストラン スケルテマ
Scheltema
営業時間:月〜土 12:00〜15:00、18:30〜23:30(金・土のみ 〜24:30)
定休日:日曜、12/24、12/25
住所:Rue des Dominicains 7, B-1000 Bruxelles/Brussels
Tel:(+32) 2 512 20 84 Fax:(+32) 2 512 44 82
http://www.scheltema.be
イロ・サクレ地区の中心にある魚料理を中心に提供するレストラン。ブリュッセルらしい店。
関連・参考サイト http://www.raileurope-japan.com (レイルヨーロッパ・ジャパン)
http://visitbrussels.be (ブリュッセル観光局)
現地コンタクト ブリュッセル観光局
上記サイトよりコンタクトフォームを利用
問い合わせ先 ベルギー・フランダース政府観光局
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2013年7月12日