チームヨーロッパレポート

メディアデイ表彰式&レセプションを開催

2013年12月13日

11月28日、東京・青山のダイヤモンドホールにて、Team EUROPEによるメディアデイの表彰式とレセプションが開催されました。


多くの人が集まった授賞式会場

 メディアデイとは、テレビや雑誌、新聞などのマスメディアでヨーロッパを観光デスティネーションとして取り上げた記事や番組を対象とした表彰制度です。以前、在日ヨーロッパ観光委員会が実施していた制度を、Team EUROPEが今回復活させました。

 2012年9月から2013年8月までに放映、出版、掲載された記事や番組を審査対象に、5つの部門で約40の作品をノミネート。7名の最終選考委員により以下の最優秀作品が選ばれ、表彰が行われました。
登壇された各受賞者のコメントは以下の通りです。
 


【雑誌部門】
 クレア・トラベラー
「優雅なる英国へ。湖水地方、北イングランド、ロンドン」 

協力:英国政府観光庁
文藝春秋クレア・トラベラー前編集長 石橋俊澄氏 
「残念ながら今は違う部署に異動したのですが、5年間編集長を務めました。いいものを作っているという自負があったので、今回こういう賞をいただけて非常に嬉しいです」


【新聞部門】
 河北新報「アルプス快晴 スイス・ヴァレー州を訪ねて」

協力:スイス政府観光局
河北新報社編集局整理部副部長 長内直己氏
「現地では運悪く体調不良に見舞われましたが、そうした状況でも出会う風景は素晴らしく、空の青さが鮮烈な記憶に残っています。
この賞が取材協力いただいたスイス政府観光局への御礼となればと思います」


【Web部門】
 地球の歩き方ブログ「007流スコットランドの過ごし方」

協力:英国政府観光庁
ダイヤモンド・ビッグ社デジタルコンテンツ部長 大石彰彦氏
「大人にとって読み応えのあるウェブサイトを目指してきたので、今回007をテーマにしたコンテンツで授賞できたことは非常に嬉しいです。今後も旅を求める大人達に響くメディアを作っていきたいと思います」


【フリーペーパー・会報誌部門】
 フリーペーパー「イタリア好き」アブルッツォ特集

協力:イタリア政府観光局(ENIT)
ピー・エス・エス・ジー代表取締役 松本浩明氏
「年4回発行で毎号イタリアを1州ずつ特集しており、現地取材で面白いと感じたことを自由に掲載しています。ENITを始め、いろいろな方にサポートいただいているので、今回こういう賞をいただいたことは、それらの方達にとっても嬉しいことだと思います」


【テレビ部門】
 BS日テレ「和の音色 世界遺産"ドゥブロヴニク"に響く!」

協力:クロアチア政府観光局
BS日テレ 編成局制作部シニア・プロデューサー 稲垣 利照氏
「BSの番組制作に携わって10年経ちます。中高年を中心に紀行番組は非常に人気が高く、特にヨーロッパは人気です。弊社もヨーロッパの紀行番組を数多く制作していますが、それらがヨーロッパの旅の動機づけに寄与できれば大変嬉しいです」


最終選考委員長を務めた兼高かおる氏

●最終選考委員●

委員長 兼高かおる氏(日本旅行作家協会名誉会長)
    久保成人氏(観光庁長官)
    酒井和歌子氏(女優)
    小林天心氏(観光進化研究所代表)
    菊間潤吾氏(日本旅行業協会会長
    ・JATAヨーロッパ観光促進協議会 委員長)
    田川博己氏
    (日本旅行業協会副会長
     ・JATAヨーロッパ観光促進協議会 副委員長)
    生井一郎氏
    (日本旅行業協会海外旅行委員会委員長・JATAヨーロッパ観光促進協議会 副委員長)

 表彰式の冒頭、最終選考委員長を務めた兼高かおる氏と委員を務めた田川博己氏から挨拶がありました。兼高氏は「今、観光は世界平和に必要な存在だと思います。海外のいろいろな面を紹介するメディアの役割は重要。日本と海外の交流に今後も寄与していただきたい」と述べました。

 表彰式の後は、引き続きレセプションを開催。メディアデイ部会長を務めるエドワード・トゥリプコヴィッチ片山クロアチア政府観光局日本代表が乾杯の音頭をとり、会場は華やかな賑わいに包まれました。

         
      各部門の代表者を表彰               レセプションの乾杯風景