主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成19年5月分

● 海外旅行の対前年同月比は、2.1%減
● 外国人旅行の対前年同月比は、23.7%増
● 国内旅行の対前年同月比は、1.9%減
● 総取扱額の対前年同月比は、1.8%減


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 207,045,702
211,507,322
97.9
外国人旅行 4,866,343 3,933,343 123.7
国内旅行 323,388,811 329,625,336 98.1
合計 535,300,856 545,066,001
98.2
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 60,841,823
64,668,112 94.1 345,754
378,072
91.5
外国人旅行 306,092 235,164 130.2 20,208 13,893 145.5
国内旅行 75,483,393 76,673,512 98.4 3,133,315 3,094,108 101.3
合 計 136,631,308 141,576,788 96.5 3,499,277 3,486,073 100.4
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行は、今年のゴールデンウィークの曜日配列の影響で、近場のアジア方面は順調だったものの取扱額の大きい遠距離方面が伸びず、前年実績に届かなかったものと思われる。
国内旅行も前年実績を下回ったが、北海道は好調であった。

平成19年5月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成19年5月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る