主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成19年8月分

● 海外旅行の対前年同月比は、1.6%増
● 外国人旅行の対前年同月比は、3.3%減
● 国内旅行の対前年同月比は、6.6%増
● 総取扱額の対前年同月比は、4.5%増


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 292,382,538
287,904,289
 101.6
外国人旅行 4,197,149 4,341,406 96.7
国内旅行 441,549,257 414,080,499 106.6
合計 738,128,944 706,326,194
104.5
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 106,970,121 102,483,355 104.4 546,824
532,024 102.8
外国人旅行 304,899 229,330 133.0 17,275 15,925 108.5
国内旅行 154,344,267 145,680,667 105.9 5,781,088 5,398,062 107.1
合 計 261,619,287 248,393,352 105.3 6,345,187 5,946,011 106.7
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行は、小幅ながら前年実績を上回った。
方面別では、引き続き、近場のアジア方面が好調であった。
国内旅行の取扱額は、夏場の需要を取り込み、前年同月比がプラスに戻った。
方面別では、特に北海道、沖縄、九州、四国方面が好調であった。

平成19年8月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成19年8月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る