主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成19年12月分

● 海外旅行の対前年同月比は、5.4%増
 外国人旅行の対前年同月比は、69.1%増
● 国内旅行の対前年同月比は、5.5%増
 総取扱額の対前年同月比は、6.0%増


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 221,270,882
209,981,476
 105.4
外国人旅行 6,678,001 3,950,270 169.1
国内旅行 313,063,063 296,676,399 105.5
合計 541,011,946 510,608,145
106.0
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 72,804,018
66,528,616 109.4 430,215
419,374 102.6
外国人旅行 201,715 169,259 119.2 12,945 8,150 158.8
国内旅行 77,625,046
69,210,982 112.2 3,304,560 3,027,355 109.2
合 計 150,630,779 135,908,857 110.8 3,747,720 3,454,879 108.5
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行は、企画旅行、個人旅行が好調であった。
方面別では、特に台湾、香港、韓国等のアジア方面が好調であった。
国内旅行の取扱額は、企画旅行が好調であった。
外国人旅行は、イベント等の取扱いや個人旅行が好調であった。

平成19年12月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成19年12月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る