主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成20年5月分

 海外旅行の対前年同月比は、1.3%増
 外国人旅行の対前年同月比は、25.9%増
 国内旅行の対前年同月比は、1.1%増
 総取扱額の対前年同月比は、1.4%増


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 208,764,431
206,062,712 101.3
外国人旅行 6,110,946 4,852,706 125.9
国内旅行 329,139,089 325,694,024 101.1
合計 544,014,466
536,609,442 101.4
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 60,027,579
61,203,080 98.1 330,711 345,379
95.8
外国人旅行 277,346 262,790 105.5 14,919 13,984 106.7
国内旅行 79,167,094 76,139,633 104.0 3,120,496 3,037,662 102.7
合 計 139,472,019 137,605,503 101.4 3,466,126 3,397,025
102.0
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行の増加要因は、本年のゴールデンウィークの曜日の並びが良かったものと考えられる。
一方、外国人旅行については、特に韓国及び台湾からの訪日客の増加が大きかった。

平成20年5月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成20年5月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る