第21回JATA旅行市場動向調査〜国内(2007年6月期)

2007年6月27日

「2007年6月期 旅行市場動向調査」

 JATA(日本旅行業協会)では、旅行市場の動向を捉えるため、会員各社に定期的にアンケートを実施し、旅行の種類、方面、顧客層別に業況判断を指数化して四半期ごとにまとめている。
(調査の概要については末尾に記載)
 2007年5月中旬から5月下旬にかけて実施した「旅行市場動向調査」によると、GW需要が伸び悩み、海外旅行市場は後退、国内旅行市場は横ばいで、DIはともにマイナス値で推移した。
 3ヵ月後は夏休み需要が見込まれ、海外DI、国内DIともプラス値へ好転する見通し。

■国内旅行全般の業況について
好転が期待されたが、GW需要の伸び悩みや統一地方選挙などが影響し、
全般のDIは前年並み、横ばいで推移した。
3ヶ月後は夏休みのファミリー、団体需要が見込まれ、DIはプラス値へ好転する見通し。
現 況:GWの需要が想定を下回るなど、好転の期待をよそにDIは横ばいで推移した 
「5月連休の1日減、4月の選挙などで第一四半期は前年並み。」(総合旅行会社)  
「沖縄は年中売れる渡航先になってきたと思う。」(リテーラー1)  
国内旅行全般のDIは3ヶ月前(1〜3月)から横ばいで、前回見通しを9ポイント下回った。
3ヵ月後(7〜9月)の見通し: ファミリー、団体の需要に期待、DIはプラス値へ好転の見通し
「夏休みや9月連休を控え家族旅行が見込める。」(インハウス) 
「格安商品の競争から、少しずつではあるが高額(高品質)商品も売れ始めている。」
(リテーラー1)
「団体旅行も復活の兆しがある。」(リテーラー2)  
夏休み期間を含む3ヵ月後(7〜9月)のDIは、17ポイント上昇しプラス値へ好転する見通し。
総 合: 
   沖縄は長期に渡って安定した需要があり、北海道も良化したが、全体ではGWの需要が予想より伸びず、4月の統一地方選挙なども影響し、国内DIは横ばいで前回見通しを下回った。
 3ヵ月後は夏休み期間のファミリー層の需要や団体の需要が期待され、DIはプラス値への好転が見込まれる。     
(単位:DI)
  2年前
(4-6月)
1年半前
(10-12月)
1年3ヵ月前
(1-3月)
1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
海外
旅行
全般
-2 4 -13 -4 -5 6 -7 -7 10
※2




※は2007年3月期調査見通し数値
  1年半前
(10-12月)
1年3ヵ月前(1-3月) 1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
総合旅行会社 -5 -38 0 -27 -11 -16 -20 0
国内旅行
ホールセラー
-13 -43 -30 -19 0 -9 -37 16
リテーラー 1 25 -16 -8 8 32 0 -3 11
リテーラー 2 -1 -12 -7 -12 -5 -7 -4 3
インハウス 12 5 5 22 17 0 6 30

■国内旅行の需要動向(方面別)
奄美・沖縄、東京(含横浜・浦安)のDIは引き続きプラス値を維持。北海道もプラス値へ好転した。
3ヵ月後は全方面で上昇が見込まれ、北海道は奄美・沖縄に並ぶ見通し。
現況の方面別DIは、奄美・沖縄、東京(含横浜・浦安)が引き続きプラス値を維持し堅調に推移した。
 他方面では北海道、京阪神が3ヵ月前(1〜3月)より10ポイント以上上昇し、北海道はプラス値へと転じたが九州、北陸は10ポイント以上低下し、九州はマイナス値へと後退した。
 前年同時期(4〜6月)と比較すると、北陸、東北、関東、愛知・岐阜・三重で10ポイント以上下回るなど、全般に低い水準にとどまった。  
3ヵ月後(7〜9月)は北海道で29ポイント、東北、奄美・沖縄、愛知・岐阜・三重、九州も15ポイント
前後の上昇が見込まれ、全方面で上昇の見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
北海道 5 33 10 -13 1 30
東北 -25 -21 -21 -45 -37 -18
東京〈含横浜・浦安〉 2 0 7 14 5 13
関東 -14 -22 -23 -22 -25 -17
甲信越 -30 -30 -36 -38 -36 -25
静岡〈含伊豆〉 -30 -30 -28 -30 -28 -23
愛知・岐阜・三重 -34 -36 -34 -40 -44 -29
北陸 -28 -29 -17 -31 -45 -36
京阪神 -9 -18 -13 -20 -4 -1
近畿 -10 -22 -23 -20 -16 -9
山陽・四国 -21 -25 -25 -29 -29 -23
山陰 -37 -39 -35 -39 -42 -31
九州 -4 -10 2 2 -11 2
奄美・沖縄 12 22 16 14 14 29

■国内旅行の需要動向(団体旅行)
団体旅行のDI値は、職場、サークル親睦で10ポイント近く上昇したのをはじめ、いずれの形態も3ヵ月前(1〜3月)と比べ良化した。
前年同時期(4〜6月)と比較すると、教育でやや下回るものの全般にほぼ同水準。
3ヵ月後(7〜9月)も引き続き上昇基調で、中でもサークル親睦は10ポイント以上の上昇が見込まれる。
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
招待・報奨 -27 -26 -14 -32 -26 -19
職 場 -25 -30 -4 -33 -24 -21
サークル親睦 -18 -21 -9 -25 -17 -3
教 育 -30 -35 -33 -38 -34 -26

■国内旅行の需要動向(個人観光旅行)
 
個人観光旅行のDI値は、シルバーで3ヵ月前(1〜3月)より9ポイント上昇してプラス値へと好転
 した。他の層では、熟年は横ばいであったが、ファミリーは引き続き低下、OLは低迷が続いている。
前年同時期(4〜6月)に比べファミリーは8ポイント下回るが、他の層はほぼ同水準。
3ヵ月後(7〜9月)は全ての層で好転する見通しで、中でもファミリーは夏休み需要を見越して29ポイントと大幅な上昇が見込まれる。
 
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
OL -28 -27 -24 -28 -28 -17
ファミリー -13 8 -6 -13 -21 8
熟 年 -4 4 6 -4 -3 8
シルバー 7 13 15 0 9 13
※熟年は45〜59歳、シルバーは60歳以上  
       
■ 旅行市場動向調査について

  JATA(日本旅行業協会)では、2007年1月にE-mail会員各社へ調査モニターへの登録を依頼し、登録のあった589社を会員として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施し、その結果を発表しております。
 「旅行市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートに答えていただいたものから旅行市場の動向を把握することを目的としております。
 調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表をいたします。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て普通(0)、全て悪い(−100)の間の評価となります。


調査概要

調査地域 : 全国
調査対象 : JATA会員各社の経営者など
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2007年5月14日(月)〜5月28日(月)
設定数  : 589社
回収数  : 254社
回収率  : 43.1%

業態別区分について
「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。
各業態の定義と今回調査での回答件数は下記の表の通りとなっています。

業態名 定義 件数
総合
旅行会社
全国にネットワークを持ち、全分野に商品を持つ大規模な旅行会社 29
海外旅行
ホールセラー
海外旅行を専業とするホールセラー会社 25
海外旅行系
旅行会社
旅行業の取扱額が50億円以上で、うち海外旅行の取扱額が80%以上の旅行会社 11
国内旅行
ホールセラー
国内旅行を専業とするホールセラー会社 12
リテーラー 1 上記以外で旅行業の取扱額が30億円以上の旅行会社 32
リテーラー 2 上記以外で旅行業の取扱額が30億円未満の旅行会社 106
インハウス 親会社の業務渡航などを中心に行っている旅行会社 39
 
この資料についてのお問合せは、JATA広報室までお願いします。
TEL :(03)3592−1244(直)
 ←INDEXへ

このページの先頭へ戻る