第25回JATA旅行市場動向調査〜国内(2008年6月期)

2008年6月25日

「2008年6月期 旅行市場動向調査」

 JATA(日本旅行業協会)では、旅行市場の動向を捉えるため、会員各社に定期的にアンケートを実施し、旅行の種類、方面、顧客層別に業況判断を指数化して四半期ごとにまとめている。
(調査の概要については末尾に記載)
 2008年5月中旬から5月下旬にかけて実施した「旅行市場動向調査」によると、底を打ったかにみえた海外旅行市場は予測に反して、なお一層悪化し、国内旅行市場も後退した。
 3ヵ月後はともに好転が見込まれるが、海外DIは低水準で推移する見通し。

国内旅行全般の業況について
海外からのシフトが目立ったが、GWの日並びや、国内景気の停滞感から、
国内旅行全般のDIは3ヵ月前の予測に反し、5ポイント低下した。
3ヶ月後は夏休みの旅行先として海外から国内へのシフトが見込まれ、好転の見通し。
現 況:高額な燃油サーチャージで海外からのシフトが増したが、阻害要因も多く国内DIはやや後退




「海外の燃油サーチャージの高騰により、国内旅行の需要が増えた。」(インハウス) 
「GWは日並びの影響もあり、出発日に偏りがみられた。」(国内旅行ホールセラー)
「企業及び個人ともに可処分所得が減る傾向にあり「安・近・短」の傾向が主流である。」
(リテーラー2)  
国内旅行全般のDIは、上昇を見込んだ3ヶ月前(1〜3月)の予測に反し、5ポイント低下した。
3ヵ月後(7〜9月)の見通し:夏休み需要は海外から国内へのシフトに期待、好転が見込まれる 


「海外の低迷のせいか、航空機利用のロングの国内旅行が拡大しつつある。」 (総合旅行会社)
「北海道、沖縄が堅調。TDRは25周年の冠もあり、先行受注状況が良い。」(総合旅行会社) 
3ヵ月後(7〜9月)は10ポイント以上の上昇が見込まれ、プラス値へ移行する見通し。
総 合:
   高騰を続ける燃油サーチャージを敬遠して海外から国内へシフトする動きは顕著であったが、GWの日並びや国内の景況感の悪化などで長距離路線が伸び悩み、日帰りバス旅行など「安近短」志向が強かったため、芳しい結果は得られなかった。
 ただし、夏休みの旅行先として海外を選択していた層には、北海道、奄美・沖縄など国内長距離路線へのシフトが見込まれるほか、近場の需要も旺盛とみられ、夏に向けて国内旅行市場は好転の見通し。
(単位:DI)
  2年前
(4-6月)
1年半前
(10-12月)
1年3ヵ月前(1-3月) 1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
国内
旅行
全般
- 4
6 - 7 - 7 5 - 6 - 7 - 12 1
※- 1




※は2008年3月期調査見通し数値
  1年半前
(10-12月)
1年3ヵ月前(1-3月) 1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
総合旅行会社 - 11
- 16 - 20 - 8 - 27
- 18 - 27 9
国内旅行
ホールセラー
0 - 9 - 37 - 45 - 50 - 10 29 0
リテーラー 1 32 0 - 3 20 - 23 9 - 21 0
リテーラー 2 - 5 - 7 - 4 2 14 - 7 - 13 - 2
インハウス 17 0 6 25 0 0 0 8

国内旅行の需要動向(方面別)
下落が続いた東北のDIが好転。一方、奄美・沖縄は引き続き最高水準ながら17ポイント低下した。3ヶ月後はほぼ全方面で上昇が見込まれる。





方面別DIを3ヵ月前(1〜3月)と比較すると、2期連続で2ケタの下落が続いた東北で12ポイント上昇したほか、静岡(含伊豆)、北海道、甲信越も6〜7ポイント上昇した。一方、奄美・沖縄は引き続き他方面を上回るDI値ながら17ポイントと大きく後退し、九州、北陸、関東、山陰も5ポイント以上低下した。前年同時期と比較すると、愛知・岐阜・三重、北陸は13〜14ポイント、関東、九州はともに8ポイント上回るが、京阪神は10ポイント低い水準となっている。
3ヵ月後(7〜9月)は、北海道、静岡(含伊豆)、東北、甲信越で10ポイント以上、関東、山陰、奄美・沖縄も10ポイント近い上昇が見込まれるなど、ほぼ全ての方面で上昇する見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
北海道 1 30 -11 -10 -4 10
東北 - 37 - 10 - 25 - 49 - 37 - 25
東京〈含横浜・浦安〉 5 15 - 7 9 8 14
関東 - 25 - 8 - 18 - 11 - 17 - 8
甲信越 - 36 - 27 - 25 - 37 - 31 - 21
静岡〈含伊豆〉 - 28 - 20 - 25 - 37 - 30 - 16
愛知・岐阜・三重 - 44 - 24 - 22 - 31 - 30 - 25
北陸 - 45 - 32 - 30 - 26 - 32 - 29
京阪神 - 4 - 4 - 2 - 13 - 14 - 14
近畿 - 16 - 12 - 11 - 17 - 17 - 15
山陽・四国 - 29 - 24 - 26 - 32 - 30 - 27
山陰 - 42 - 32 - 33 - 37 - 42 - 33
九州 - 11 3 - 7 5 -3 1
奄美・沖縄 14 31 10 28 11 19

国内旅行の需要動向(団体旅行)



団体旅行のDI値は、いずれも3ヵ月前(1〜3月)より好転し、教育で15ポイント、サークル・親睦では11ポイント上昇した。
教育は前年同時期を12ポイント上回るが、その他の団体は5ポイント前後下回っている。
3ヵ月後(7〜9月)、教育が10ポイント以上低下を見込む他は、横ばいで推移する見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
招待・報奨 - 26 - 22 - 25 - 41 - 34 - 32
職 場 - 24 - 28 - 10 - 34 - 29 - 30
サークル親睦 - 17 - 21 - 16 - 31 - 20 - 21
教 育 - 34 - 27 - 24 - 37 - 22 - 34

国内旅行の需要動向(個人観光旅行)



個人観光旅行のDI値を3ヵ月前(1〜3月)と比較すると、ファミリーは9ポイント低下したが、OL、シニアで上昇に転じ、シニアは再びプラス値へ移行した。
ファミリーは前年同時期と同水準だが、シニア、OLは5ポイント程度下回っている。
夏休みシーズンを迎える3ヵ月後(7〜9月)は、ファミリーで20ポイントの上昇が見込まれるが、OL、シニアに大きな動きはない見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(4-6月)
9ヵ月前
(7-9月)
6ヵ月前
(10-12月)
3ヵ月前
(1-3月)
現況
(4-6月)
3ヵ月後
(7-9月)
OL - 28 - 22 - 26 - 36 - 32 - 30
ファミリー - 21 13 - 13 - 11 - 20 0
シニア※ 9 16 20 0 4 6
※「シニア」(旧シルバー)は60歳以上の顧客を指す  
旅行市場動向調査について

 JATA(日本旅行業協会)では、2008年1にE-mail会員各社へ調査モニターへの登録を依頼し、登録のあった607社を会員として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施し、その結果を発表しております。
 「旅行市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートに答えていただいたものから旅行市場の動向を把握することを目的としております。

 調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表をいたします。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て普通(0)、全て悪い(−100)の間の評価となります。

調査概要
調査地域 : 全国
調査対象: JATA会員各社の経営者など
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2008年5月12日(月)〜5月26日(月)
設定数 : 607社
回収数: 247社
回収率: 40.7%

 業態別区分について
「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。
各業態の定義と今回調査での回答件数は下記の表の通りとなっています。

業態名 定義 件数
総合
旅行会社
全国にネットワークを持ち、全分野に商品を持つ大規模な旅行会社 29
海外旅行
ホールセラー
海外旅行を専業とするホールセラー会社 30
海外旅行系
旅行会社
旅行業の取扱額が50億円以上で、うち海外旅行の取扱額が80%以上の旅行会社 11
国内旅行
ホールセラー
国内旅行を専業とするホールセラー会社 7
リテーラー 1 上記以外で旅行業の取扱額が30億円以上の旅行会社 34
リテーラー 2 上記以外で旅行業の取扱額が30億円未満の旅行会社 96
インハウス 親会社の業務渡航などを中心に行っている旅行会社 40
←INDEXへ

このページの先頭へ戻る