第26回JATA旅行市場動向調査〜国内(2008年9月期)

2008年9月24日

 JATA(日本旅行業協会)では、旅行市場の動向を捉えるため、会員各社に定期的にアンケートを実施し、旅行の種類、方面、顧客層別に業況判断を指数化して四半期ごとにまとめている。
(調査の概要については末尾に記載)
 2008年7月下旬から8月中旬にかけて実施した「旅行市場動向調査」によると、高騰を続ける燃油サーチャージが敬遠された海外旅行市場はなお一層悪化したが、顧客がシフトした国内旅行市場は好転した。
 3ヵ月後も海外市場はさらに悪化、引きずられるように国内市場も低下が見込まれる。


国内旅行全般の業況について
海外からのシフトが一段と進行し、国内DIは上昇に転じた。
ただし前年に比べ北海道や奄美・沖縄の動きが鈍く、上昇幅は予測値に及ばなかった。
3ヶ月後は景況感の悪化などが影響し、国内市場も後退の見通し。
現 況:海外からシフトしたものの、長距離路線はやや苦戦




「海外旅行の減少で、国内旅行へのシフトがあるが、物価の上昇次第では国内旅行も先行きがわからない。」(総合旅行会社)
「燃油サーチャージ高騰による海外旅行の振り替え先は、国内の安・近・短へ流れる傾向があり、長距離路線の北海道、沖縄は伸びていない。」(総合旅行会社)
国内旅行全般のDIは上昇に転じたが、3ヶ月前(4〜6月)の予測値には達しなかった。
3ヵ月後(10-12月)の見通し: 
  物価上昇や景気の後退感といった不安要素から、緩やかな低下が見込まれる
 



「景気、原油高などの影響が国内にも出てきつつある。旅行控えが国内にも広がる予感。」
(リテーラー2)
「旅行費用を少しでも抑えるように滞在が短い旅行が増えてきている。」(総合旅行会社)
3ヵ月後(10〜12月)は景気後退への不安の強まりなどが影響し、国内旅行市場は低下の見通し。
総 合:
   燃油サーチャージの高騰を受け、夏休みの旅行先を海外から国内へシフトする動きが強まったが、北海道、奄美・沖縄など長距離方面は例年に比べて動きが鈍く、国内旅行市場全体としての伸びは予想より小さかった。
 国内景気が後退局面を迎え、諸物価の上昇が家計を圧迫しつつある中で、レジャー費用は抑制傾向にあるとの見方が強い。このため秋以降も近場で短期、しかも安価な旅行のニーズが高まると予測される。
(単位:DI)
  2年前
(7-9月)
1年半前
(1-3月)
1年3ヵ月前(4-6月) 1年前
(7-9月)
9ヵ月前
(10-12月)
6ヵ月前
(1-3月)
3ヵ月前
(4-6月)
現況
(7-9月)
3ヵ月後
(10-12月)
国内
旅行
全般
- 5
- 7 - 7 5 - 6 - 7 - 12 - 6 - 9
※ 1




※は2008年6月期調査見通し数値
  1年半前
(1-3月)
1年3ヵ月前(4-6月) 1年前
(7-9月)
9ヵ月前
(10-12月)
6ヵ月前
(1-3月)
3ヵ月前
(4-6月)
現況
(7-9月)
3ヵ月後
(10-12月)
総合旅行会社 - 16
- 20 - 6 - 27 - 18
- 27 -4 - 4
国内旅行
ホールセラー
- 9 - 37 - 45 - 50 - 10 29 20 0
リテーラー 1 0 - 3 20 - 23 9 - 21 - 8 - 5
リテーラー 2 - 7 - 4 2 14 - 7 - 13 - 6 - 12
インハウス 0
6 25 0 0 0 - 5 - 8

国内旅行の需要動向(方面別)
夏休み需要が期待された北海道、奄美・沖縄のDIは前年を大きく下回った。
3ヶ月後もプラス値を維持するは東京(含横浜・浦安)のみの見通し。





方面別DIを3ヵ月前(4〜6月)と比較すると、山陰、甲信越で10ポイント前後、北陸、関東で5ポイント前後上昇したが、東北、近畿、奄美・沖縄は逆に10ポイント前後低下した。その他の方面はほぼ横ばいであった。
前年同時期と比較すると、東北は40ポイント、北海道、奄美・沖縄は30ポイント前後下回っている。
3ヵ月後(10〜12月)は、北海道、奄美・沖縄は10ポイント前後低下するが、その他方面に大きな動きはなく、プラス値を維持するのは、東京(含横浜・浦安)のみの見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(7-9月)
9ヵ月前
(10-12月)
6ヵ月前
(1-3月)
3ヵ月前
(4-6月)
現況
(7-9月)
3ヵ月後
(10-12月)
北海道 30 - 11 - 10 - 4 -3 - 14
東北 - 10 - 25 - 49 - 37 -50 - 47
東京〈含横浜・浦安〉 15 - 7 9 8 8 4
関東 - 8 - 18 - 11 - 17 - 13 - 15
甲信越 - 27 - 25 - 37 - 31 - 23 - 26
静岡〈含伊豆〉 - 20 - 25 - 37 - 30 - 29 -27
愛知・岐阜・三重 - 24 - 22 - 31 - 30 - 30 - 33
北陸 - 32 - 30 - 26 - 32 - 26 - 27
京阪神 - 4 - 2 - 13 - 14 - 16 - 13
近畿 - 12 - 11 - 17 - 17 - 28 - 24
山陽・四国 - 24 - 26 - 32 - 30 - 28 - 27
山陰 - 32 - 33 - 37 - 42 - 32 - 29
九州 3 - 7 5 - 3 -8 - 9
奄美・沖縄 31 10 28 11 3 - 5

国内旅行の需要動向(団体旅行)




団体旅行のDIを3ヵ月前(4〜6月)と比較すると、教育は横ばいであったが、それ以外は10ポイント以上低下し、特に招待・報奨は16ポイント下回った。
教育は前年同時期を6ポイント上回るが、招待・報奨は28ポイントと大きく下回り、職場、サークル・親睦も10ポイント前後下回っている。
3ヵ月後(10〜12月)はいずれも上昇が見込まれ、招待・報奨、職場が10ポイント前後、サークル・親睦、教育では5ポイント前後、上昇する見通し。
(単位:DI)  
  1年前
(7-9月)
9ヵ月前
(10-12月)
6ヵ月前
(1-3月)
3ヵ月前
(4-6月)
現況
(7-9月)
3ヵ月後
(10-12月)
招待・報奨 - 22 - 25 - 41 - 34 - 50 - 38
職 場 - 28 - 10 - 34 - 29 - 41 - 31
サークル親睦 - 21 - 16 - 31 - 20 - 30 - 25
教 育 - 27 - 24 - 37 - 22 - 21 - 18

国内旅行の需要動向(個人観光旅行)



個人観光旅行のDI値をみると、OLは3ヵ月前(4〜6月)より5ポイント低下したが、ファミリー、シニアは横ばいであった。
前年同時期に比べ、ファミリーは34ポイントと大幅に下回り、OL、シニアも10ポイント以上下回った。
3ヵ月後(10〜12月)は、ファミリーで11ポイント、シニアで4ポイントの低下が予測される。
(単位:DI)  
  1年前
(7-9月)
9ヵ月前
(10-12月)
6ヵ月前
(1-3月)
3ヵ月前
(4-6月)
現況
(7-9月)
3ヵ月後
(10-12月)
OL - 22 - 26 - 36 - 32 - 37 - 38
ファミリー 13 - 13 - 11 - 20 - 21 - 32
シニア※ 16 20 0 4 5 1
※「シニア」(旧シルバー)は60歳以上の顧客を指す  
旅行市場動向調査について

 JATA(日本旅行業協会)では、2008年1月にE-mail会員各社へ調査モニターへの登録を依頼し、登録のあった598社を会員として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施し、その結果を発表しております。
 「旅行市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートに答えていただいたものから旅行市場の動向を把握することを目的としております。

 調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表をいたします。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て普通(0)、全て悪い(−100)の間の評価となります。

調査概要
調査地域 : 全国
調査対象: JATA会員各社の経営者など
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2008年7月25日(金)〜8月12日(火)
設定数 : 598社
回収数: 249社
回収率: 41.6%

業態別区分について

「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。
各業態の定義と今回調査での回答件数は下記の表の通りとなっています。

業態名 定義 件数
総合
旅行会社
全国にネットワークを持ち、全分野に商品を持つ大規模な旅行会社 33
海外旅行
ホールセラー
海外旅行を専業とするホールセラー会社 28
海外旅行系
旅行会社
旅行業の取扱額が50億円以上で、うち海外旅行の取扱額が80%以上の旅行会社 11
国内旅行
ホールセラー
国内旅行を専業とするホールセラー会社 10
リテーラー 1 上記以外で旅行業の取扱額が30億円以上の旅行会社 29
リテーラー 2 上記以外で旅行業の取扱額が30億円未満の旅行会社 97
インハウス 親会社の業務渡航などを中心に行っている旅行会社 41
この資料についてのお問合せは、JATA広報室までお願いします。
TEL :(03)3592−1244(直)
←INDEXへ

このページの先頭へ戻る