現在地:JATAホーム > 旅行者のみなさまへ > 安心・快適な旅の情報 > 日本への入国手続き関連リンク集(検疫、入国審査、税関)

日本への入国手続き関連リンク集(検疫、入国審査、税関)

1.検疫(Quarantine)

検疫感染症流行地域に滞在していた旅行者や、その地域にある空港を経由する航空機を利用した旅行者は、機内で配布された「検疫質問票」に記入し、検疫カウンターで検疫官に提出します。旅行中や帰国時に健康状態に以上を感じた旅行者は、検疫官に申し出ましょう。

検疫の所轄官庁は厚生労働省検疫所

2.入国審査(Immigration)

入国審査場では「日本人用(自国民用)ブース」と「外国人用(訪問者用)ブース」とに分かれています。

入国審査の所轄官庁は法務省入国管理局別ウインドウ

3.動物検疫(Animal Quarantine)

外国から動物や肉製品(牛肉、ビーフジャーキー、ソーセージなど)等を持ち帰ってきた場合は、動物検疫を受ける必要があります。

動物検疫の所轄官庁は農林水産省動物検疫所別ウインドウ

4.植物検疫(Plant Quarantine)

外国から植物を持ち帰ってきた場合は、植物検疫を受ける必要があります。

植物検疫の所轄官庁は農林水産省植物防疫所別ウインドウ

5.ワシントン条約(Washington Convention)

ワシントン条約とは絶滅のおそれがある野生動植物を保護するため、これら動植物の国際間取引を規制する条約です。正式名称は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)」。英文表記の頭文字をとってCITES(サイテス)とも呼ばれています。

ワシントン条約の管轄官庁は経済産業省貿易経済協力局貿易審査課

6.税関(Customs)

旅行者は海外で購入したもの、他人から預かったもの、プレゼントされたものなど、「外国で入手したすべての品物」に関して税関に申告し、検査を受けなければなりません。

税関別ウインドウ の管轄官庁は財務省関税局

財務省税関局のサイトより


通関の手続き
  • 海外旅行の手続き別ウインドウ
    *海外旅行における出国時や入国時の税関手続や免税範囲、輸出入が禁止されている品目を掲載しています。
  • 入国(帰国)時における「携帯品・別送品申告書」の提出別ウインドウ
    *2007年7月1日より、海外から本邦に入国(帰国)する全ての人に、「携帯品・別送品申告書」の提出が求められています。「携帯品・別送品申告書」は税関でも入手可能ですが、このページからダウンロードして印刷し、記入して帰国時に提出することも可能です。

「携帯品・別送品申告書」の記入例(PDFファイル)PDF

税関へのお問い合わせ先〔税関相談官(室)〕

  • 函館税関 0138-40-4261
  • 東京税関 03-3529-0700
    • 成田税関支署 0476-34-2128
  • 横浜税関 045-212-6000
  • 名古屋税関 052-654-4100
    • 中部空港税関支署 0569-38-7600
  • 大阪税関 06-6576-3001
    • 関西空港税関支署 0724-55-1600
  • 神戸税関 078-333-3100
  • 門司税関 093-332-8372
    • 福岡空港税関支署 092-477-0101
  • 長崎税関 095-828-8619
  • 沖縄地区税関 098-863-0099
Get Adobe Reader
説明資料のPDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Reader別ウインドウ が必要です。左記へリンクをしていただきますと、無償ダウンロードができます。

旅行者のみなさまへ

このページの先頭へ戻る