現在地:JATAホーム > JATAについて > 日本旅行業協会のあらまし > 主な事業・業務内容

主な事業・業務内容

主な事業

ツーリズムEXPOジャパン
1977年第1回から積み重ねてきた「JATAトラベルトレードショー」、「JATA旅博」の実績をもとに、2014年 には日本観光振興協会の「旅フェア日本」と統合しました。オールジャパンによる幅広い産業や地域の力を結 集し、名実共に世界最大級の旅行イベントとして国際社会に“観光立国ニッポン”をアピールしていきます。
経営フォーラム
ITの伸展など旅行業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。時事的な問題も含め、さまざまな角度から経営課題について討論。日本の旅行業の価値創造に貢献しています。
顕彰事業
ツアーグランプリは、毎年、海外、国内・訪日旅行の分野で最も優れた企画旅行に対して表彰を行い、広く紹介することで、旅行会社の企画・マーケティング力の向 上に寄与しています。JATAツーリズム大賞は、年間を通じて観光プロモーションや開発等の旅行需要喚起に貢献度の高い企業・団体を表彰しています。

業務内容

海外旅行
海外旅行需要喚起のビジット・ワールド(VW)事業や、海外旅行を阻害する障壁排除など海外旅行事業の量的・質的発展に取り組んでいます。
国内旅行
「ニッポンを、遊びつくせ!」キャンペーンによる国内宿泊旅行の拡大の推進や、着地型ツアー の商品化の推進、東北大震災被災地への旅行促進など、地域経済の活性化に向けた事業に取り組んでいます。
訪日旅行
訪日外国人旅行増大のための提言をはじめ、人材育成などを通じ、旅行会社の取り扱い拡大 を進めています。ツアーオペレーター品質認証制度を創設し、旅行の品質をとおしてリピーターを増やし、訪日旅行の拡大を図っています。
社会貢献
バリアフリーの取組みのほか、環境保全活動としてJATA環境基金による「JATAの森」づくりや小学生環境教育への顕彰を行って おります。また、みちのく潮風トレイルなど東日本大震災の被災地への復興支援活動を継続的に行っています。
法務・コンプライアンス
会員旅行会社からの旅行業法令などに関する相談や法務セミナーの実施、インターネット取引の普及と、 消費者の信頼を確保するための「e-TBTマーク制度」の運用のほか、社会環境の変化に応じた法制度について の調査・研究ならびに提言等も行っています。
弁済
保証社員(JATA正会員)と旅行業務に関し取引した旅行者の債権についての弁済業務などを行っています。 法定の弁済制度に上乗せしたボンド保証制度も運用しています。
消費者相談
旅行会社と取引した消費者の旅行業務に関する苦情について相談に応じています。旅行業法・旅行業約款に則って、必要な助言を し解決に向けてのお手伝いをしています。
研修・試験
国家試験「総合旅行業務取扱管理者試験」の代行業務をはじめとする試験・研修業務を行っております。また、業界で唯一の資格制 度であるトラベルカウンセラー制度などを運用、旅行業における優秀な人材の育成・確保に向けた取組みを行っています。
登録相談・会員サービス
新しく旅行業を始められる方々に、旅行業の登録制度の概要から当協会の活動説明など当協会会員加盟促進を行うとともに、会員が必要とする書類や資料の頒布、情報提供などの会員サービスを行っております。
会報誌「じゃたこみ」を発行しています。

このページの先頭へ戻る