現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 環境基金 > JATAの森プロジェクト > 「JATAの森」下草刈り 実施報告

「JATAの森」下草刈り 実施報告

平成22年7月5日

6月26日(土)、埼玉県長瀞町宝登山で「JATAの森」下草刈りを実施しました。当日は、JATA会員会社の社員・家族、地元関係者等、総勢約100名が参加し、1ヘクタールに及ぶ「JATAの森」に繁った下草を全員で約1時間かけて刈りました。天候は曇りで、時折小雨が降る絶好の「作業日和」に恵まれたこともあり、予定よりも早く作業が完了し、草刈り後は温泉に入り、秩父路の蒸気機関車“PALEO EXPRESS”に乗車する等、参加者は長瀞の観光も満喫し、充実した一日を過ごしました。

昨年植えた苗木も順調に根付いており、将来、豊な森になることを楽しみにさせる1日となりました。

1.実施日時

平成22年6月26日(土)10:15〜15:00

2.場所

埼玉県 長瀞町 宝登山

3.参加者数

96名

4.プログラム

下草刈り 10:15〜11:50

  • 挨拶
    (社)日本旅行業協会 事務局長 長谷川 和芳
    長瀞町長 大澤 芳夫 様
  • 植樹方法説明
    (社)埼玉県農林公社 足立 孝明 氏
  • 下草刈り

昼食・温泉 12:20〜14:20

SL(希望者) 15:13〜15:39

「当日の模様」

  • 091207_01
    長谷川JATA事務局長

  • 大澤長瀞町長

長谷川事務局長の挨拶のあと、大澤長瀞町長から挨拶をいただいた。


農林公社 足立氏からの作業説明

庭の手入れで使うような鎌ではなく、自分の背丈よりも長い鎌を使って草刈りをする。最初は「軽い」と思うが、時間が経つと重く感じるので、取扱には十分注意が必要。

下草刈りの模様

6月下旬ということもあり、まだ下草の高さも人の背丈を越えるほどではなかったが、足場がふさがってしまっているところもあり、暑い中での作業はかなりの重労働。


集合写真

作業後は心地良い疲労感と達成感で皆さん笑顔で記念撮影。

このページの先頭へ戻る