現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 環境基金 > JATA環境基金とは

JATA環境基金とは ─

私たちはかけがえのない自然と文化遺産を大切にします。 〜「地球にやさしい旅人宣言」綱領より〜

「JATA環境基金」とは

環境保全は、あらゆる国、人、企業が関わりをもつ全地球的な課題です。
観光の分野でも、開発と訪問者の増加により、貴重な自然や文化遺産に影響を与えているといわれており、これらの資源に大きく依存している旅行業界はリーダーシップをとり、保全に努めていかなければなりません。
日本旅行業協会(JATA)では平成10年(平成13年より運営システム変更)に 「JATA環境基金」を設立し、自然・文化遺産の保護/保全活動に役立てています。

「JATA環境基金」の目的

「JATA環境基金」は、次の目的を達成するために運営されています。

  1. 観光地の自然・文化遺産保護/保全
  2. 自然環境保全と社会の持続的発展に貢献するエコツーリズムの促進
  3. 日本人旅行者の環境意識およびマナー向上

「JATA環境基金」の財源

  1. JATA会員の社員による「100円募金」
  2. パンフレットリサイクルシステムによる売却益
  3. 環境保全活動等の参加者からの募金

このページの先頭へ戻る