現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月21日(金)、エストニア政府観光局局長のムッツォ・タルモ氏がJATA志村理事長を訪問

2017年5月8日

4月21日(金)、エストニア政府観光局局長のムッツォ・タルモ氏がJATA志村理事長を訪問し、バルト3カ国の共同観光促進についてお話されました。
「フィンランド航空やポーランド航空の就航でバルト3カ国へのアクセスがとてもよくなり、フィンランドとエストニアを組み合わせたツアーに力を入れていますが、現在エストニアでの滞在日数が短いので、今後、その宿泊数を増やすため、促進を図っていきたい」

志村理事長らは、「フィンランド経由のツアーが多いですが、バルト三カ国のロマンチックなイメージがすでに定着していますし、エストニアでの滞在日数を増やすために、フィンランドよりエストニア、ラトビア、リトアニアのツアーをプロモーションしたほうがよいと思います」とアドバイスを寄せられました。


  • タルモ・ムッツオ エストニア政府観光局局長(向かって左)

  • 向かって左から志村理事長、権田海外旅行推進部長

Mr. Tarmo Mutso, Director, Estonian Tourist Board, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on April 21st, Friday

During his visit, Mr. Mutso talked about the joint tourism promotion of the three Baltic States. “Thanks to the regular flights of Finnair and LOT Polish Airlines, the three Baltic States are easily accessible from Japan. We have been working to promote tours which combine Estonia with Finland. The stay of Japanese visitors in Estonia is usually very short and increasing the number of nights is a challenge which we are going to address.”

Mr. Shimura said that the Baltic States have an established romantic image in Japan. “Instead of promoting Finland, you should concentrate on the Three Baltic States,” advised the executive officers of JATA.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る