現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月11日(木)、トルコ航空CEOエクシ・ビラール氏がJATA田川会長を訪問

2017年5月15日

5月11日(木)、トルコ航空CEOエクシ・ビラール氏がJATA田川会長を訪問し、トルコ航空の観光促進策について、お話されました。「トルコ航空は300都市以上へのネットワークを持っており、日本からの観光客を世界へ、世界中の観光客を日本へ送ることができます。そのため、現在の成田国際空港発着のスロットを羽田国際空港に移行したいと思います。この件を含めて、トルコへの日本人の観光客を2014年のレベルまでに戻すために、様々な取り組みに努めていきたい。是非とも、JATAの協力をお願いしたい」と要望を寄せられました。

それに対して、田川会長らは、「日本人にとって、トルコは魅力的な観光地ですが、2015年以降、治安問題がクローズアップされているので、日本市場を対象に、トルコ政府が講じる安全対策をアピールしていけば、観光客が安心でき、送客しやすくなります。JATAとして、引き続き協力していきます」と応じました。


  • トルコ航空CEOエクシ・ビラール氏

  • 向かって左から志村理事長、田川会長


歓談の様子

Mr. Bilal Eksi, CEO of Turkish Airlines, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on May 11th, Thursday

At the meeting with Mr. Tagawa and other executive officers of JATA, Mr. Eksi shared information and ideas about the promotional strategy of the Turkish Airlines. “We fly to more than 300 cities in the world and have the power to carry large numbers of visitors from Japan to other parts of the world and from other countries into Japan. To be able to do it smoothly, we are working for permission to fly to Haneda instead of Narita. In order to be able to do so and also to have the Japanese visitor numbers rebound to the level of 2014, we are ready to employ specific strategies and conduct a number of activities. We would appreciate JATA’s strong support.”

In reply, Mr. Tagawa said that the Japanese in general think of Turkey as a destination which they absolutely want to visit at least once in their lifetime. However, “after the incidents in 2015, safety issues have been widely covered in the media. It is important to effectively convey the fact that safety measures have been put in place by the Turkish government. Such information delivered regularly will make Japanese potential travelers feel at ease. Travel agencies will be more successful in selling tours to Turkey as well. JATA will continue to support the promotional activities of Turkish Airlines,” added Chairman Tagawa.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る