現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月18日(木)、2017韓国文化観光大典訪日団がJATA菊間副会長を訪問

2017年5月22日

5月18日(木)、2017韓国文化観光大典訪日団がJATA菊間副会長を訪問し、旅行業における平昌オリンピックに向けた準備や観光促進事業についてお話されました。江原道のチェ・ムンス知事や平昌冬季オリンピック組織委員会のヨ・ヒョング事務総長が「インフラの整備を完成しており、入場チケットを販売しています。日本から多くの観光客がお見えになることを期待しています」

それに対して、菊間福会長らは「年末年始から政治に関するニュースが多かったのですが、大統領選挙が終わって、安心を図るニュースも放送されています。今後、来年に向けて、オリンピックムードを高める放送が増えれば、『行きたい!』と思う観光客が増えるでしょう。それに加えて、選手のサポーターを対象に、ツアーパッケージを提供していただければ、旅行会社にとって送客しやすくなります」と応じました。


  • 江原道のチェ・ムンス知事(向かって左)

  • 向かって左から越智事務局長、菊間副会長


2017韓国文化観光大典訪日団

A South Korean delegation visited Mr. Jungo Kikuma, Vice-Chairman of JATA, on May 18th, Thursday

The South Korean Delegation visited Japan on the purpose of organizing a BtoB and BtoC promotional campaign under the name “South Korean Culture and Tourism Festival.” The delegation including Mr. Choi Moon-soon, Governor of Gangwon Province and the head of the Pyeong Chang Winter Olympics Organizing Committee. “We have already completed the construction of infrastructure and have begun ticket sales. We expect to receive a great number of visitors from Japan next February,” said Mr. Choi Moon-soon.

As a representative of the Japanese outbound travel industry, Mr. Kikuma expressed hopes that frequent reports of positive news will create an “Olympic mood,” stimulating more people to visit Pyeong Chang and Gangwon Province. “After the presidential elections, the news has been mostly positive but we hope for more frequent reports as such reports will reassure Japanese people and many will decide to go. If you could offer special package tours for the supporters of the Japanese sportsmen, travel agencies will do their best to send a lot of tourists,” said Vice-Chairman Kikuma.


記念撮影

このページの先頭へ戻る