現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月13日(木)、バルティックロードショー開催の際に、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)の政府代表団がJATA本部を訪問

2017年7月24日

7月13日(木)、バルティックロードショー開催の際に、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)の政府代表団がJATA本部を訪問し、日本人観光客数の拡大について意見交換されました。「日本からの観光客は増えていますが、滞在日数を増加させるため、新しい観光地を紹介していきます」

志村理事長は「最近、文化、スポーツ、グルメツアーの素材の提供に加えて、日本語ガイドの育成に力を入れていただきたい。バルト三国への関心が高まってきていますので、フィンランド航空が増便するのに合わせて、日本市場で積極的なプロモーションをしていけば、観光客数や滞在日数が増加する でしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • 向かって左から志村理事長、権田海外旅行推進部長

  • バルト三国の関係者の皆さん


懇談の様子

Representatives of the governments of Estonia, Latvia and Lithuania visited the Headquarters of JATA on July 13th, Thursday

The representatives visited Japan to participate in Baltic Roadshow 2017, which included seminars for the travel industry in Tokyo, Fukuoka and Osaka. During their visit to JATA the representatives of the three countries expressed determination to continue the travel promotion in Japan. “Though the number of Japanese visitors has been on the increase during the past several years, we will work to expand the number of overnights in each country.”

Mr. Shimura and other representatives of JATA commented that in addition to tours themed “culture,” “sports,” “gastronomy,” etc. it is important to train Japanese speaking guides. “Aggressive promotion of the Baltic states along the increase in the number of flights of FINNAIR is expected to result not only in more visitors but in longer stays.”


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る