現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月1日(金)、韓国・大邱広域市の行政副市長キム・スン・ス氏がJATA志村理事長を訪問

2017年9月11日

9月1日(金)、韓国・大邱広域市の行政副市長キム・スン・ス氏がJATA志村理事長を訪問し、観光地としての大邱広域市についてお話されました。「大邱広域市は、多くの歴史的な建物が存在しており。様々な多くのイベントも行われているので、韓国の観光地の中でも、重要な役割を果たしています。日本人のお客様にも興味深い観光地ではないかと思います。海外からのお客様が更に安心して快適な旅行ができるように、インフラを整備していきたいと思います」

志村理事長らは、「大邱広域市への直行便がありますが、観光情報が不足しているので、ぜひ、大邱広域市の最新の観光情報を旅行会社に提供していただきたい。また、街中のロードサインをはじめ、インフラや観光施設の外国語でのサインや掲示板などを整備していけば、人気が更に高まるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • 向かって左から越智事務局長、志村理事長

  • キム・スン・ス氏


会談の様子

Mr. Seung-Su Kim, Vice Mayor of Daegu Metropolitan City, South Korea, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on September 1st, Friday

During his visit, Mr. Kim talked about the tourism potential Daegu Metropolitan City, stressing on the variety of tourism attractions not only in the city but also in its vicinity. “Many of the historical buildings in the city have been well preserved over time. We hold a number of festivals and international events and the city is an important domestic destination as well. We believe that Daegu has the potential to attract many Japanese visitors. We will be working to further improve the infrastructure and make it easier to use for foreign tourists.”

“There are already direct flights to Daegu which makes it easily accessible for Japanese tourists. There isn’t enough tourist destination about the city, though, so it is important that you provide such information to Japanese travel agencies. Japanese and other foreign visitors have difficulty reading road signs as they are mostly in Korean. Signage in other languages will help the city become easier to navigate and therefore more popular with foreign visitors,” advised Mr. Shimura.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る