現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月26日(火)、駐日アルジェリア民主人民共和国特命全権大使モハメド・エル・アミン・ベンシェリフ閣下がJATA志村理事長を訪問

2018年7月9日

6月26日(火)、駐日アルジェリア民主人民共和国特命全権大使モハメド・エル・アミン・ベンシェリフ閣下がJATA志村理事長を訪問し、アルジェリアの観光産業の開発について意見交換されました。「日本の企業がアルジェリアで既に工場を開設、運営しています。日本人観光客の誘致の為、旅行会社を対象にローマ帝国の遺跡を始め、サハラの大自然や民族文化などを視察する研修ツアーを実施したいと思います」

志村理事長は「アルジェリアの観光資源を日本市場に知らせる為に、研修ツアーに加えて、セミナーを開催し、マグレブ諸国と共同で促進を行っていけばよいでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • モハメド・エル・アミン・ベンシェリフ閣下

  • 志村理事長


懇談の様子

H.E. Mr. Mohamed El Amine BENCHERIF, Ambassador of the People's Democratic Republic of Algeria in Japan, met with Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on June 26th, Tuesday

At the meeting with President Shimura, H.E. Mr. Bencherif exchanged ideas about the development of the tourism industry in Algeria. “Many Japanese companies have opened factories in Algeria. In order to facilitate the creation of tours to Algeria, we would like to organize an inspection tour for travel agents and show them the abundand remains of the Roma Empire, the great Sahara Desert and rich cultural traditions of the different ethnicities living in Algeria”.

“In addition to inspection tours, you might also want to organize destination seminars and work in cooperation with the other Maghreb countries for a more effective tourism promotion”, advised Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る