現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月2日(月)、駐日モルドバ共和国外務・欧州統合相トゥドル・ウリアノブスキ氏がJATA志村理事長を訪問

2018年7月9日

7月2日(月)、駐日モルドバ共和国外務・欧州統合相トゥドル・ウリアノブスキ氏がJATA志村理事長を訪問し、日本での観光プロモーションについて意見交換されました。「日本で観光促進に携わる観光局または経済局の必要性を研究し、帰国後に、関係大臣に日本市場の状況や観光局の必要性を伝える予定です。モルドバはワインや美食、文化遺産などを含めたツアーが提供できます。また、モルドバだけではなく近隣の黒海地域の諸国と共同で観光促進を行えば、より効果があると認識しています」

志村理事長は、「日本では、駐日大使館の尽力でモルドバワインが登場していますが、他の観光資源はまだよく知られていません。旅行業界と一般のお客様へアピールする為、観光局の開設は最初の第一歩だと思います。JATAとして、そのPR活動に協力していきます」と応じました。


  • 志村理事長

  • トゥドル・ウリアノブスキ氏(向かって右)


懇談の様子

Mr. Tudor Ulianovschi, Minister of Foreign Affairs and European Integration of the Republic of Moldova, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 2nd, Monday

At the meeting with Mr. Shimura, Mr. Ulianovschi talked about tourism promotion of Moldova in Japan. “We are currently studying the necessity of a tourism representative office in Japan and will convey the information about the Japanese market to the minister in charge of tourism promotion. Moldova has the resources to offer wine and culinary tours, historic and cultural visits. We are aware that collaborating with our neighbor countries will bring better results”.

“Thanks to the great efforts of your embassy in Tokyo, Moldovan wine has entered the Japanese market. The establishment of a representative office in Japan is the first step to successful promotion to both the travel industry and the general public”, said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る