現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月19日(水)、モルディブ特命全権大使イブラーヒム・ウェイス閣下がJATA志村理事長を訪問

2018年10月8日

9月19日(水)、モルディブ特命全権大使イブラーヒム・ウェイス閣下がJATA志村理事長を訪問し、ターゲットマーケットの多様化について意見交換しました。「モルディブでは、ファミリーや若年層の観光客を増やす為、リゾートホテルに加えて、ゲストハウスを建設し、お客様が現地の文化やライフスタイル等の経験できるような環境づくりに取り組んでいます。モルディブと日本をつなぐ直行便の就航を図って、日本の航空会社と交渉しています」

志村理事長は、「日本市場では、モルディブに特別な魅力を感じている方が多く、ハネムーンデスティネーションとして人気が極めて高いです。直行便の就航は、日本キャリアが運営しているLCC航空会社と交渉していけばよいと考えます」と応じました。


  • イブラーヒム・ウェイス閣下

  • 志村理事長


懇談の様子

H.E. Mr. Ibrahim Uvais, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Maldives, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 19th, Wednesday

At the meeting with Mr. Shimura, H.E. Mr. Uvais exchanged opinions about the diversification of the accommodation and transportation facilities of the Maldives. “In order to increase the share of young travelers and families, we have built guest houses on different islands which allow visitors to experience the lifestyle, culture and cuisine of the local communities. In addition, we have been in talks with the Japanese carriers about direct flight services and hope to have direct connections soon”.

“The Maldives holds a very special attraction for many Japanese travelers. It has been a long-time hit seller for honeymoon trips. With regard to direct flights, you might want to negotiate with the LCC airlines managed by JL and ANA as they do have many holiday destinations in their portfolios”.


記念撮影

このページの先頭へ戻る