現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月4日(月)、インドネシア・中央ジャワ州政府、青年・スポーツ・観光省サービスの部長シノン・N・ラフマディ氏がJATA志村理事長を訪問

2019年3月11日

3月4日(月)、インドネシア・中央ジャワ州政府、青年・スポーツ・観光省サービスの部長シノン・N・ラフマディ氏がJATA志村理事長を訪問され、2019年11月17日に開催されるボロブデゥルマラソンや研修旅行についてお話されました。「毎年、世界中から1万人が参加されます。多くの日本の皆様参加をお待ちしています。また、ジャワ州の文化遺産の「ワイサク祭り」を紹介する研修旅行を実施したいので、JATAのご協力をいただければと思います」

志村理事長は、「旅行会社は、研修旅行に参加する為、出発の3ヶ月前には具体的な情報が必要なので、研修旅行やボロブデゥルマラソンに関する情報をできるだけ早く提供していただきたい」と要望されました。


  • シノン・N・ラフマディ氏(向かって右側)

  • JATA志村理事長(向かって右)と越智事務局長


懇談の様子

Mr. Sinoeng N Rachmadi, Head of Department, Youth, Sport and Tourism Service, Central Java Province Government visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on March 4th, Monday

During the meeting with Mr. Shimura, Mr. Rachmadi talked about the 2019 Borobudur Marathon, which will be held on November 17th, Sunday, and about a familiarization tour aiming to introduce the province’s cultural heritage to Japanese travel agencies. “The Borobudur Marathon will be held for the seventh time this year and we expect 10,000 runners from all over the world. We hope to have more runners from Japan, this year, too. Also, we are planning a familiarization tour for travel agencies to acquaint them with the Waisak Festival held in Borobudur and hope that JATA will help by disseminating information about the tour to its member companies.”

“In order to be able to send staff to familiarization tours, travel agencies need detailed information at least three months in advance. As for tour planning, the period is at least six to eight months so you should keep this in mind if you are considering working with Japanese travel agencies”, said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る