現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月18日(木)、プリンセスクルーズ、アジア太平洋地区コマーシャル・オペレーション担当シニア・ヴァイス・プレジデントのスチュアート・アリソン氏とカーニバル・ジャパン代表取締役社長、堀川悟氏がJATA田川会長を訪問

2019年4月22日

4月18日(木)、プリンセスクルーズ、アジア太平洋地区コマーシャル・オペレーション担当シニア・ヴァイス・プレジデントのスチュアート・アリソン氏とカーニバル・ジャパン代表取締役社長、堀川悟氏がJATA田川会長を訪問し、日本のクルーズ市場の拡大について意見交換されました。「クルーズ旅行のイメージが変わってきていますが、旅行会社へクルーズの楽しみ方や提供されるサービス等について情報を発信し続けていきたいと思います。日本にクルーズ船の寄港地が多く、ツアー商品が多様ですので、これから日本の市場の拡大が期待できます」

田川会長は、「日本のクルーズ市場は現在では成長期にあり、『東京2020』後にクルーズ旅行を提供する旅行会社は更に増えるでしょう。クルーズ旅行のイメージを変えていくと共に、クルーズ船が寄港する地方の自治体と協力していけば、新しい商品が増えるでしょう」とコメントされました。


  • 田川会長(向かって左)と志村理事長

  • スチュアート・アリソン氏(向かって左)と堀川悟氏


懇談の様子

Mr. Stuart Allison, Princess Cruises, Senior Vice President, Asia Pacific Commercial & Operations, and Mr. Satoru Horikawa, Representative Director, Carnival Japan, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on April 18th, Thursday

At the meeting with Mr. Tagawa, Mr. Allison and Mr. Horikawa exchanged opinions about the growth of the Japanese cruise market. “The image of cruise travel has been changing gradually but we still need to deliver detailed information about the many ways to enjoy cruise travel to travel agents. Our ships stop at a great number of Japanese ports which allows us to offer a variety of products.”

“The Japanese cruise market is in its growth stage and we expect it to expand at a faster pace after the end of Tokyo 2020. While the image of cruise travel should be further updated, close cooperation with the authorities in the regions which host the marine ports visited by your ships is likely to help you to discover new services and tour products,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る