現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月22日(水)、台湾・桃園市政府観光局の局長楊 勝評氏がJATA田川会長、堀坂副会長を訪問

2019年6月3日

5月22日(水)、台湾・桃園市政府観光局の局長、楊 勝評氏がJATA田川会長、堀坂副会長を訪問し、日台サミット2020の桃園市での開催に向けて、観光客増加への期待を表しました。

田川会長は、「日台両国の努力によって、双方交流が年々拡大しています。桃園市は日本からの玄関口として有名ですが、まだまだその魅力を我々は伝えきれていないと思います。JATAのJOTC東アジア部会で、2018年『世界遺産級台湾30選』を選定し、各社de共通ロゴ入り商品造成を取り組んでいますが、その中で桃園市は、『客家文化』の感じられる都市として紹介されています。この魅力をもっと発信していきたいと思います」と話されました。


  • 田川会長(向かって右)と堀坂副会長

  • 楊 勝評氏

  • 懇談の様子

  • 桃園市より記念品をいただきました

Mr. Sheng-Ping Yang, Chief of the Taoyuan City Tourism Bureau, Visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman, and Mr. Akihiro Horisaka, Vice-Chairman of JATA, on May 22nd, Wednesday

At the meeting with Mr. Tagawa and Mr. Horisaka, Mr. Sheng-Ping Yang expressed expectations that the 2020 Japan-Taiwan Summit in Taoyuan City will contribute to the further expansion of the bilateral exchange between the two countries.

Mr. Tagawa emphasized that travel in both directions has been growing. “Taoyuan City is known as the gate to Taiwan in Japan but we still need to show its beauty and attractions to the Japanese market. Under JOTC, JATA is promoting 30 of the world-heritage class sites in Taiwan. Under this project, Taoyuan City is presented as the city known for the Haka cultural traditions and we will continue to promote these attractions,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る