現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月22日(水)、米国商務省観光局部長イサベル・ヒル氏がJATA田川会長を訪問

2019年6月3日

5月22日(水)、米国商務省観光局部長イサベル・ヒル氏がJATA田川会長を訪問し、海外旅行市場の現状や継続可能な観光開発について意見交換されました。「アメリカは様々な観光資源があるので、リピーター層が拡大するポテンシャルが大きいと思います。観光客の数が重要ですが、現地業界のメリットを増やす方針に基づいてインバウンド旅行を開発していきたいと思います」

川会長は、「日本市場において、長距離デスティネーションの中でアメリカは一番人気が高く、2020年には直行便が更に増加されます。JATAでは、新しいデスティネーションやテーマをベースの切り口として、商品を開発しています。アメリカへより多くのお客様を送る為に、Brand USAや州政府観光局と協力し、JOTC事業を続けていきます」とコメントしました。


  • イサベル・ヒル氏

  • JATAt田川会長(中央)、堀坂副会長(右)、志村理事長(左)


懇談の様子

Ms. Isabel Hill, Director, US Department of Commerce International Trade Administration, Director, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on May 22nd, Wednesday

During the meeting, Ms. Hill expressed opinions about the inbound and outbound travel in the USA and Japan. “The USA is abound with a diverse tourism resources, which builds the potential for increasing the repeat visitors. While receiving visitors is important, we have begun to put more emphasis on how to increase benefits for the local businesses in the travel destinations.”

“The USA is still the most popular destination among the long-haul destinations competing in the Japanese market. Based on new destinations and themes, JATA members are working to develop new tour products. We will continue to collaborate with Brand USA and state tourism offices within the frame of JOTC,” commented Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る