現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月22日(月)、パレスチナ観光・遺跡庁長官のルーラ・マアーヤ氏が
JATA菊間副会長を訪問

2019年7月29日

7月22日(月)、パレスチナ観光・遺跡庁長官のルーラ・マアーヤ氏がJATA菊間副会長を訪問し、パレスチナ政府の観光開発方針や観光資源について話されました。「日本市場を重要視しており、日本を始め、アジアからのお客様を誘致したいと思います。社会情勢や安全性については、何年にもわたって観光客が巻き込まれる事故が発生しておりませんし、社会情勢は安定しています。それを実感していただくため、旅行会社を対象にFAMツアーを実施したいと思います」

菊間副会長は、「パレスチナの中にも危険度がレベル1になっている地域もあり、観光資源やそこでしかできない体験などを積極的にPRしていただきたいと思います。日本の旅行会社に積極的にお声がけしていけば、パレスチナをコースに含むツアーが増えると思います」と応じられました。


  • ルーラ・マアーヤ氏

  • JATA菊間副会長


懇談の様子

Ms. Rula Ma’ayah, Minister of Tourism and Antiques of Palestine, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 22nd, Monday

During the visit, Ms. Ma’ayah talked about the tourism strategy development and the tourism resources of Palestine. “Our government recognizes the importance of our heritage for the humanity as a whole and nowadays we are keen on proactively attracting visitors from Japan and other countries in Asia. Despite the travel advisory issued by the Ministry of Foreign Affairs, no tourists have been involved in any accidents so far. We are ready to offer a familiarization tour for travel agents so that the participants can experience first-hand the peace and calm of Palestine.”

“There are areas in Palestine with low travel advisory level” commented Mr. Kikuma and urged the authorities to promote the tourism resources, infrastructure and unique traditions which potential visitors can experience in those areas. “Tourism promotion will make the travel industry realize the potential of Palestine as a travel destination and consequently lead to more tour products to Palestine,” said Mr. Kikuma in conclusion.


記念撮影

このページの先頭へ戻る