現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月23日(火)、スイス・チューリヒ空港の航空会社担当マーケティング部長のペーター・グリューニグ氏とマーケティングマネージャーのシュテファン・ヴェルメリンガー氏がJATA志村理事長を訪問

2019年7月29日

7月23日(火)、スイス・チューリヒ空港の航空会社担当マーケティング部長のペーター・グリューニグ氏とマーケティングマネージャーのシュテファン・ヴェルメリンガー氏がJATA志村理事長を訪問し、東京−チューリヒ間の直行便増便について話されました。「現在は、両都市に行かれるお客様がそれぞれ増えており、直行便の増便について日本の航空会社と交渉しています。旅行は、航空会社を利用するビジネスなので、日本の旅行会社にサポートしていただければ両側にとってもメリットがあります」

志村理事長は、「旅行業界にとって、直行便がツアー商品として使いやすく、便利であり、現在より航空座席のキャパシティーを拡大できれば、スイス南部や隣国への周遊ツアー商品が増えるでしょう」とコメントされました。


  • ペーター・グリューニグ氏(向かって左)と
    シュテファン・ヴェルメリンガー氏

  • JATA志村理事長


懇談の様子

Mr. Peter Grunig, Head Aviation Marketing & Statistics Aviation, and Stefan Wermelinger, Manager Airline Affairs, Aviation Marketing, Zurich Airport, Switzerland, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 23rd, Tuesday

During the meeting, Mr. Grunig and Mr. Wermelinger exchanged opinions about the existing potential for increase in direct flights between Tokyo and Zurich. “The number of passengers between the two cities has been growing but due to the limited number of direct airplanes many travelers use connecting flights to fly between the two cities. The negotiations with the two leading Japanese airlines are ongoing and we believe that with the help of the travel industry here, we can convince one of the airlines to commence direct flights to Zurich. This will create benefits for all stakeholders.”

“Direct flights are usually preferred by travel agencies and their customers. An increase in the number of direct flights is very likely to result in more tours, which include the south part of Switzerland and the nearby regions in neighboring countries,” commented Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る