現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月29日(月)、駐日南アフリカ特命全権大使ルラマ・スマッツ・ンゴニャマ閣下がJATA田川会長を訪問

2019年8月5日

7月29日(月)、駐日南アフリカ特命全権大使ルラマ・スマッツ・ンゴニャマ閣下がJATA田川会長を訪問し、日本の旅行業界との協力関係を強めていく方針を示されました。「アフリカ諸国では、日本からの支援や投資が重視されています。今年は、TICAD会議やラグビーワールドカップ2019を機に、日本を訪れる南アフリカの人も増えるでしょう」

田川会長は、「ラグビーワールドカップという機会を利用して、積極的な観光促進活動をしていけばより多くの日本人が貴国に興味を持つようになるでしょう。直行便が再運航したら、双方向交流の更なる発展が期待できます」と応じられました。


  • 南アフリカのルラマ・スマッツ・ンゴニャマ閣下

  • JATA田川会長(向かって左)とJATA志村理事長


懇談の様子

H.E.Mr. Lulama Smuts Ngoyama, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of South Africa, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on July 29th, Monday

During the visit, H.E. Mr. Ngoyama talked about deepening the relations between Japan and South Africa. “The contributions which Japan has made to all African countries are deeply appreciated. South Africa will continue to work to further strengthen our bilateral relations. We believe that thanks to international events such as the TICAD summit and the Rugby World Cup 2019 the visitor traffic between the two countries will expand.”

Mr. Tagawa said that promotional activities during the Rugby World Cup would raise the interest in South Africa. The resumption of direct flights will be another factor for increasing further developing the bilateral exchange between the two countries.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る