現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月19日(月)、駐日コロンビア特命全権大使サンティアゴ・パルド閣下が
JATA志村理事長を訪問

2019年8月26日

8月19日(月)、駐日コロンビア特命全権大使サンティアゴ・パルド閣下がJATA志村理事長を訪問し、アウトバウンド促進協議会の活動に対して感謝を表し、今後のJATAとの協力関係についてお話されました。「コロンビアは音楽や食文化、コーヒー文化など、たくさんの多彩な体験を提供できます。大使館では、セミナーの開催や研修旅行の実施などより積極的に努めていく予定です」

志村理事長は、「日本では、コロンビアは『危険』と言うイメージがまだ残っているので、セミナーや研修旅行などを機に、現在の最新の観光情報を提供しながら、そのイメージを改善していけばよいと思います」とコメントされました。


  • JATA志村理事長

  • コロンビアサンティアゴ・パルド閣下

  • 志村理事長(向かって左から2番目)をはさみ、JATAスタッフ

  • サンティアゴ・パルド閣下(向かって右)とコロンビア大使館の皆様

H.E. Mr. Santiago Pardo, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Colombia in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on August 19th, Monday

At the meeting, H.E. Mr. Pardo expressed appreciation for the activities of Japan Outbound Tourism Council and determination to work closer with JATA. “Colombia can offer a rich variety of cultural, culinary and coffee-related experiences to its visitors. The embassy will work to provide relevant travel information by organizing seminars and supporting familiarization tours for the travel industry.”

Mr. Shimura commented that the image of Colombia as a dangerous destination still lingers in Japan. “Seminars and familiarization tours provide good chances to deliver the latest information and improve the image of the country among the travel industry,” commented Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る