現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月1日(火)、駐日グアテマラ共和国大使クリストバル・エレラ・ドゥボン閣下がJATA志村理事長を訪問

2019年10月3日

10月1日(火)、駐日グアテマラ共和国大使クリストバル・エレラ・ドゥボン閣下がJATA志村理事長を訪問し、観光地としてのグアテマラの現況についてお話されました。「グアテマラには、マヤ文明、食文化や語学、スペイン語学習など、様々な観光資源があります。日本市場でグアテマラの認知度を高めるために、近い将来にツーリズムEXPOジャパンに出展します」

志村理事長は、「グアテマラを日本人に関心を持たせるためには、継続的な促進活動が必要です。日本市場ではBtoBプロモーションが効果があるので旅行会社企画担当者を対象にグアテマラの観光情報を常に提供していけば良いと考えます」とアドバイスを寄せられました。


  • JATA志村理事長

  • コクリストバル・エレラ・ドゥボン閣下(向かって右)

  • 懇談の様子

  • 志村理事長がエレラ・ドゥボン閣下に
    JOTC入会証を授与しました

H.E. Mr. Cristobal Herrera Dubon, Ambassador of Guatemala in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on October 1st, Tuesday

During the visit, H.E. Mr. Dubon talked about the present state of Guatemala as a travel destination. “Guatemala offers a multitude of tourism resources: the heritage of the Maya civilization, local culture, traditional cuisine, and Spanish language courses. In order to increase the recognition of the country as a travel destination in Japan, we are considering participating in Tourism EXPO Japan in the coming years.”

Mr. Shimura pointed out that business-to-business promotion in Japan is effective and the embassy should work closely with travel agencies. “Travel agencies need up-to-date travel information because it will help them to learn about what Guatemala can offer to the Japanese visitors.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る