現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月10日(月)、韓国・慶尚北道副知事の全遇憲氏がJATA菊間副会長を訪問

2020年2月17日

2月10日(月)、韓国・慶尚北道副知事の全遇憲氏がJATA菊間副会長を訪問し、2国間の観光交流の回復について意見交換されました。「政治問題や新型コロナウィルスの影響で日本人観光客が減少しているので、旅行会社への特別支援などを検討しています。新型コロナウィルスの収束後、復興キャンペーンを展開していきたいと考えています」

菊間副会長は、「毎年開催されているイベントの数々をキャンセルではなく延長するようにしていけば、回復が早いと思われます。韓国は日本にとって最も重要なパートナーであるので、新型コロナウィルスが収束したら、ツーウェイチャーター利用の復興キャンペーンや研修旅行の企画を進めていきたい」とコメントされました。


  • 全遇憲氏

  • JATA菊間副会長


懇談の様子

Mr. Jun Woo-Hyun, Vice Governor of Gyeongsangbuk Province, South Korea, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice Chairman of JATA, on February 10th, Monday

During the visit, Mr. Jun Woo-Hyun talked about initiatives which will help recover the tourism and travel exchange between Japan and South Korea. “Due to political frictions and the outbreak of the new Coronavirus, the number of Japanese visitors to the Gyeongsangbuk Province have decreased. We are currently considering a number of initiatives which will help to recover the visitor numbers. We intend to implement stimuli for travel agencies and other measures as soon as the new Coronavirus outbreak is over.”

Mr. Kikuma commented that, in order to speed up recovery, annual events should be postponed instead of canceled.
“South Korea is one of our most important partners. We intend to organize inspection tours for our member companies and run campaigns which include two-way charter programs,” Mr. Kikuma said in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る