現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月14日(金)、駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ特命全権大使シニシャ・ベリャン博士がJATA志村理事長を訪問

2020年2月24日

2月14日(金)、駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ特命全権大使シニシャ・ベリャン博士がJATA志村理事長を訪問し、ボスニア・ヘルツェゴビナへの日本人観光客数の拡大について意見交換されました。「日本人観光客はボスニア・ヘルツェゴビナでの滞在日数が短いので、自国での旅行・観光の目的地を増やすための取り組みに努めていきたいと思います」

志村理事長は、「常に日本の市場は、旅行経験が豊富なシニアの観光客が多いため、募集型ツアーを扱う旅行会社は新しい観光地を探しています。貴国でしかできない体験などを含めた観光素材の情報を定期的に提供していけば、日本人の貴国での滞在日数が増えるでしょう」とコメントされました。


  • シニシャ・ベリャン博士

  • JATA志村理事長


懇談の様子

Mr. Sinisa Berjan, PhD, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Bosnia and Herzegovina in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on February 14th, Friday

During the visit, H.E. Mr. Berjan talked about increasing the number of the Japanese visitors to Bosnia and Herzegovina. “Since the stay of the Japanese visitors is very short we need to work on offering more destinations and increasing the number of days they spend in the country.”

“Travel agencies which sell tours to experienced senior travelers are constantly on the lookout for new destinations. If you offer travel about experiences which are unique to your country, we can expect that travel agencies create tours with longer stays in Bosnia and Herzegovina,” said President Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る