現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月18日(火)、駐日ジョージア共和国特命全権公使ティムラズ・レジャバ氏がJATA志村理事長を訪問

2020年2月24日

2月18日(火)、駐日ジョージア共和国特命全権公使ティムラズ・レジャバ氏がJATA志村理事長を訪問し、日本市場におけるジョージアへの観光促進に関してアドバイスを求められました。「新しいツアー商品を造成する目的で、貴国への旅行会社の関心が高まっています。今後、観光促進の強化に加えて、二国間のチャーターの就航にも努めていきたいと思います」

志村理事長は、「シニアセグメントが拡大しているので、シニア観光客との取り引きが多い旅行会社に観光情報を提供していくことで多様なツアー商品が造成されまるでしょう。またジョージア単独ツアーだけではなく、隣国のアゼルバイジャンやアルメニアも含めたツアー商品の企画ができれば、観光客増加につながると思います」と応じられました。


  • ティムラズ・レジャバ氏

  • JATA志村理事長


懇談の様子

Mr. Teimuraz Lezhava, Charge d’Affaires, Embassy of the Republic of Georgia in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on February 18th, Friday

At the meeting with President Shimura, Mr. Lezhava exchanged opinions and sought advice about the travel promotion of Georgia in the Japanese market. “Some Japanese travel agencies keen on designing new tour products are showing an increased interest in Georgia. We are keen on working to strengthen our travel promotion in Japan and to facilitate the launch of charter flights between the two countries.”

“The senior customer segment is expanding as the demographic structure of Japan changes. If you offer detailed travel information to companies which design tours for seniors, the variety of tour products is expected to increase. More tours in combination with Azerbaijan and Armenia are also likely to result in an increased interest and more visitors to Georgia,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る