現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月6日(金)、駐日東ティモール民主共和国大使イリディオ・シメネス・ダ・コスタ閣下がJATA志村理事長を訪問

2020年11月16日

11月6日(金)、駐日東ティモール民主共和国大使イリディオ・シメネス・ダ・コスタ閣下がJATA志村理事長を訪問し、東ティモールの観光開発について意見交換されました。
「東ティモールは文化と自然の観光資源が豊富ですが、政府は観光インフラの開発が必要だと考えています。そのために、投資に加えて、インフラのノウハウも必要です。日本の旅行業界の経験に習うために、コロナ禍後に、FAMツアーやミッション等を実施したいと思います」と述べられました。

志村理事長は、「日本では、東ティモールに関する情報がまだ少ないので、観光地の開発とともに、イメージづくりを進める必要があると考えます。最新の観光情報等を提供していけば、日本市場で東ティモールの認知度を向上できると思います」コメントされました。


  • 志村理事長

  • イリディオ・シメネス・ダ・コスタ閣下(右)


懇談の様子

Mr. Ilidio Ximenes da Costa, Ambassador of the Democratic Republic of Timor-Leste in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA,on November 6th, Friday

During the meeting, H.E. Mr. Ilidio Ximenes da Costa and JATA President Shimura exchanged opinions about the development of tourism in Timor-Leste. “Timor-Leste is rich in cultural and natural tourism resources and the government is aware that it is important to develop the tourism infrastructure of the country. We need both investments and knowhow in order to be able to do that. We believe that familiarization tours will help us to learn from the experience of the Japanese travel industry.”

“There is still very little information about Timor-Leste in Japan so the tourism development should go parallelly with an inflow of up-to-date travel information. This will help to increase the recognition of Timor-Leste in the Japanese travel market,” commented Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る