現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2022年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月12日(木)、フィンランドのヴィッレ・スキンナリ開発協力・外国貿易大臣、
トピ・マンネル フィンエアー(AY)代表取締役社長兼CEOら幹部と
政府関係者がJATAを訪問

2022年5月31日


( 画面左から)
ヴィッレ・スキンナリ開発協力・外国貿易大臣、
JATA橋会長、
フィンエアーのトピ・マンネル代表取締役社長兼CEO

会談で双方は現在の国際情勢や観光分野における協力関係について意見交換を行いました。

スキンナリ大臣は継続的な協力への感謝が述べられ「フィンランドの経済はパンデミックと政界情勢に対応しながら成長しています。我々にとっては日本のパートナーとの相互協力は非常に大事なものです。フィンランドに行ってみたいと検討している日本の観光者が何に興味を持っている、何を求めているか情報収集が適切な観光商品を作りに繋がります。ヘルシンキやラップランドは誰もが知っていますが、フィンランドの沿海部、多島海域、湖水地方にも魅力的な資源があります」と述べられました。

フィンエアー社長のマンネル氏は、「弊社が良いサービス、信頼できるスケジュール、高い安全性を提供しています。現在、空域閉鎖されている状況下でも日本の消費者や旅行会社をサポートする方法を見つけました。日本とヨーロッパを北極回りで結ぶノンストップ直行便を初めて就航させてから約30年後、フィンエアーが同航路を復活させました」と述べられました。

橋橋会長は、両国が文化的・経済的な関係を深めるために引き続き協力し合う必要があることに同意し、「日本はCOVID-19関連の国境規制を徐々に緩和しており、アウトバウンド観光はほぼ再開できる状態になっていますが、残念ながら、世界情勢によりヨーロッパが観光地として日本から遠ざかっています。観光客の流れを復活させることは、私たちがお互いに願っていることです。近い将来、日本人観光客がフィンランドに旅行ができる環境に戻ることを期待し、心待ちにしております」と語りました。


  • JATA橋会長

  • スキンナリ大臣

H.E. Mr. Ville Skinnari, Minister for Development Cooperation and Foreign Trade, Ministry for Foreign Affairs, Finland, Mr. Topi Manner, President & CEO of Finnair and Finnish Government Officials visited the Headquarters of JATA on May 12, Thursday

During the meeting, both sides exchanged views on the current situation in the world and bilateral cooperation in tourism sector. Minister expressed his appreciation for the continuous and long-term cooperation. “Our economic is growing but pandemic and situation in the world put us in a period of turbulence and transformation. Japanese partners and mutual cooperation are very important for us. We would like to know more information what Japanese visitors are interested in to create suitable tourist products. Everybody knows Helsinki, Lapland but we also have more fascinating resources in regions

Mr. Manner, President of Finnair mentioned, “Our company offers good service, reliable schedule, high level safety. Even in the situation when airspace is closed, we found the way to support Japanese consumers and travel companies. After of almost 30 years, when Finnair was the first airline to fly non-stop from Japan to Europe, our company has restored the North Pole route for the flight Helsinki-Tokyo.”

The Chairperson of JATA, Mr. Takahashi agreed that both countries have to continue to work together to deepen cultural and economic relations.

“Japan has been slowly easing its COVID-19 related border restrictions and outbound tourism is nearly ready to restart operations. Unfortunately, due to the situation in the world Europe as a tourist destination became far from Japan. We have mutual interest to revive tourists flow. Hopefully Japanese tourists will be able to travel to Finland in the near future,” said Mr. Takahashi.


懇談の様子


記念撮影

このページの先頭へ戻る