2007年6月25日
 平成19年6月21日(木)午後2:30より、東京・日本橋にあるロイヤルパークホテルで、第50回JATA通常総会が開催されました。
第50回通常総会議事次第  
第50回JATA通常総会会場

会場にお集まりの方々
14:30〜 来賓挨拶

第1号議案
「平成18年度事業報告(案)及び
同収支決算報告(案)並びにその承認の件

第2号議案
「平成19年度事業計画(案)及び
同収支予算(案)の審議承認の件」

第3号議案「役員補充選任の件」
16:10〜
16:20〜
17:30〜
臨時理事会
臨時常任役員会
意見交換会
 
* 6月20日現在、正会員会社 1257社
  総会出席102社・委任状666社 計768社
 
左より、梅田理事長、古木副会長、
2006年度をもって退任された
舩山龍二前副会長

来賓の国土交通省、
柴田耕介総合観光政策審議官と
花角英世観光事業課長

挨拶:

祝辞:
新町光示JATA会長

冬柴 鐵三 国土交通・観光立国担当大臣
 代読:柴田耕介国土交通省総合観光政策審議官


新町光示
JATA会長

柴田耕介
国土交通省
総合観光政策
審議官
 
会長挨拶(要旨):新町光示JATA会長


 「50回目の総会を迎える中、、その間、戦争、オイルショックやテロ、SARSなどさまざまなことが起こり、我々旅行業界にとってもいろいろ紆余曲折はありましたが、一旦落ち込んでもすぐに回復する市場のパワー、日本の経済力というものが常にありました」とされ、本年施行される観光立国推進基本法、“三位一体”となった観光、、IATAの問題など、今後旅行業界が取り組むべき課題を挙げられました。

 「今までにないような、また新しい環境の中で努力をし、活路を開いていく、かつ産業として発展していく、その為に皆様と知恵を出し合って、努力をしていく必要があるのではないかと思っている次第です。“in to the wind”、“風に向かって飛び上がろう”という意味でございますが、ぜひ、この“in to the wind”の精神で、これからいろいろな困難があっても、皆様とともに力を携えて克服し、かつ前進していくための誓いをする場、と今回の総会をとらえていただければ幸いです」

>>  新町光示JATA会長 挨拶(PDFファイル)
 

来賓挨拶(要旨): 柴田耕介国土交通省総合観光政策審議官

 来賓として出席された国土交通省・柴田総合観光政策審議官が「午前中、冬柴大臣と総理官邸で、総理に観光立国推進基本法というものを、説明してまいりました。総理も、観光やこの基本法に大変にご関心が深いようでございます」と一言。 冬柴大臣の祝辞を代読されました。

>> 冬柴国土交通・観光立国担当大臣 挨拶(PDFファイル)


第1号議案: 「平成18年度事業報告(案)及び同収支決算報告(案)
並びにその承認の件


石山JATA
理事・事務局長
 

報告者:石山醇 JATA理事・事務局長

 パワーポイント画面で、第1号議案 「平成18年度事業報告(案)及び同収支決算報告(案)」が報告され、その承認がなされました。

>>

パワーポイント画面による
第1号議案「平成18年度事業報告(案)及び同収支決算(案)」
(PDFファイル・約1.7MB)



第2号議案: 「平成19年度事業計画(案)及び同収支予算(案)の審議承認の件」


梅田春実
JATA理事長
 

報告者:梅田春実 JATA理事長

 パワーポイント画面で、第2号議案 「平成19年度事業計画(案)及び同収支予算(案)」が報告され、承認・可決されました。

>> パワーポイント画面による
第2号議案「平成19年度事業計画(案)及び同収支予算(案)」
(PDFファイル・約3.7MB)
平成19年度事業計画の主な柱
1. 価値創造産業への進化
2. 旅行需要の喚起
3. 観光立国推進への積極的参画
4. 旅行業の社会的役割の向上及び旅行業務の適正化
5. 広報機能の強化

第3号議案: 「役員補充選任の件」

役員補充選任
 

議長:新町光示 JATA会長

 改選時期ではありませんが、若干、退任された役員補充の選任が行われ、4名の新理事と2名の新運営役員が全員一致で選任されました。


退任された
舩山前副会長

同じく
大野前運営役員

同じく石山
前理事・事務局長
新任の奥山
理事・事務局長
>>


>>
社団法人日本旅行業協会 役員一覧
(2007年6月21日/PDFファイル)


社団法人日本旅行業協会 各委員会 委員長・副委員長一覧
(2007 年6月21日/PDFファイル)

「意見交換会」

意見交換会で
挨拶される
新町光示会長

冬柴 鐵三
国土交通大臣

間宮忠俊
国際観光振興
機構理事長

新任の挨拶される佐々木 隆
JATA副会長
 

オープニング挨拶:新町光示 JATA会長
祝辞:冬柴 鐵三 国土交通・観光立国担当大臣
乾杯:間宮忠俊 国際観光振興機構 理事長


 総会終了後、午後5時30分から意見交換会が開催され、会員会社、また、旅行・観光関係など、たくさんの方が出席されました。

 「我々は過去の教訓を生かし、どんなことにも負けない体力だけはついている。
観光立国となるべく、皆様の支援を仰ぎながら、新たな努力を積み重ね、活路を開いていきたい」と新町会長。

 公務多忙の中、 駆けつけられた冬柴鐵三国土交通大臣は「2006年の訪日外国人旅行者数が過去最高の733万人を達成することができました。観光立国推進基本法の施策が具体化する中、協会の皆様のお力をお借りし、目標達成に向かってがんばりたい」と感謝と激励の言葉をかけられました。

「観光白書によると平成17年の観光が生み出したGDP効果は約30兆円、雇用者数は469万人で、旅行産業の力、存在を改めて感じました。今後のマーケットシェアの拡大とますますの発展を願って」と乾杯の音頭をとられたのは、間宮忠俊 国際観光振興会機構 理事長。

また、JATAの新副会長に就任された佐々木隆(株)ジェイティービー社長、新
理事・事務局長に就任された奥山隆哉(株)JTBエーティーシー社長など、新役員、運営委員の皆様も改めて、居並ぶ関係者に挨拶されました。皆さん、熱心に和やかに親睦を交わされ、意見交換会は午後7時30分に終了。 
 これをもって、第50回通常総会はすべて、無事終了いたしました。


右より新町会長、佐々木副会長、
古木副会長、梅田理事長


意見交換会の会場

佐々木副会長(左)と
退任された舩山前副会長

古木副会長(左)と
梅田理事長(その右)


このページの先頭へ戻る