現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > 訪日旅行情報 > 第1回「日本添乗サービス協会(TCSA)インバウンド検定」実施のご案内

第1回「日本添乗サービス協会(TCSA)インバウンド検定」実施のご案内

2021年10月18日

(一社)日本添乗サービス協会より、第1回「TCSAインバウンド検定(観光庁後援予定)」を12月に実施する旨の連絡がまいりましたので、ご案内いたします。

TCSAインバウンド検定について

1. 検定の趣旨と必要性

2003年に観光立国を目指し、「ビジットジャパンキャンペーン」が始まって以来、訪日外国人旅行者数は増大し続け、2020年の目標数を当初の倍の『4,000万人』と上方修正いたしました。その訪日客の安全確保と日本滞在中の満足度向上には、人的サービス等のソフト面の早急な整備が必要です。
インバウンドスタッフには、様々な目的で来日する外国人があらかじめ決められた旅程に従い日本国内を安全かつ快適に旅することができるよう、必要な情報を提供しながら移動をサポートする能力・知識・適性等が求められています。
また、高度な通訳案内業務は国家資格を有する通訳案内士が対応するとしても、インバウンドスタッフにも、異文化の中で育ち生活習慣も違う外国人に対し適切な外国語を用いることが要求されます。日本人同士ならば常識的なことでも、外国人にとっては驚きの対象となることも多いものです。表情や言動からその心情を察し、人格を重んじながら的確なサポートができる人材が求められており、その教育と資質や経験を活かすための基準が必要とされています。
インバウンド検定制度を設けることで、多くの人が一定の基準に従って学び、合格者はその知識と技能が期待されるようになります。

2. 検定の種類と難易度

検定はレベル毎に分かれており、初級・中級・上級の3クラスとなります。それぞれの級について、受検者に求められる経験・能力の目安は下記の通りですが、今回は、初級のみを実施いたします。

【初級】

  • インバウンドスタッフとして業務経験や添乗経験がない方でも受検可。
  • 法令及び公序良俗に反するおそれがある場合。
  • 団体旅行など複数のスタッフが携わる旅程において、チームリーダーをサポートできる程度を想定。

【中級】

  • インバウンドスタッフとしての経験や添乗経験を有する者が対象。
  • 訪日客の旅の安心・安全と顧客満足を実現できるレベルの知識と経験を有し、単独で全ての業務  を行え、初級以下のスタッフのチームマネージメントができることが求められる。
  • 団体旅行など複数のスタッフが携わる旅程で、チームリーダーになる者を想定。

【上級】

  • インバウンドスタッフとしての経験や添乗経験が豊富な専門職として最高位の資格であり、安 心・安全な旅と高い顧客満足を実現できるレベルの知識と経験を有し、中級以下のスタッフのチ ームマネージメントができる能力が求められる。
  • 派遣元や派遣先などの関係先にサービス向上に資する提案や折衝・交渉ができ、インバウンド業 務の専門家として内外ともに信頼される能力を持つ者を想定。

2021年度 第1回 TCSAインバウンド検定 初級 試験実施要領

以下のURLをクリックして詳細を参照のうえ、日本添乗サービス協会ホームページ別ウインドウ より申込書をダウンロードしてお申込みください。

https://www.jata-net.or.jp/membership/info-visit/pdf/2021/211018_tcsainboundtest.pdfPDF

問合せ先 : 一般社団法人 日本添乗サービス協会「TCSAインバウンド検定」事務局
TEL : 03-6435-1508 (対応時間 平日 10:00-17:00)
日本添乗サービス協会ホームページ www.tcsa.or.jp/別ウインドウ

TCSAインバウンド検定のクラスイメージ

(一社)日本添乗サービス協会(2021年4月)

  各階級の能力 受検対象者
上級
  • 非定型業務において、訪日客の多様な旅のニーズを汲み取り、顧客に合った滞在プランをコーディネートできる。
  • インバウンド業務に必要な知識・技能・実践力を身に付けているのみならず、それらを体系的に理解し、他のインバウンドスタッフの指導や育成ができる。
  • 大型団体等、複数のインバウンドスタッフが同時に従事するツアーにおけるマネジメントを担うことができる。
  • 後進の目標となるインバウンドスタッフ
インバウンドスタッフ
添乗員
通訳案内士
派遣会社及び旅行会社の社員
等のインバウンド業務に係る実務経験7年以上程度の者
中級
  • 定型業務において、決められた行程通りにインバウンド業務を行うことができる。
  • インバウンド業務に必要な知識・技能・実践力を身に付けているのみならず、それらを体系的に理解し、他のインバウンドスタッフの指導や育成ができる。
  • インバウンド業務に必要な知識・技能・実践力を身に付け、それらを実際の業務の中で活用できる。
  • 業界の中核となるインバウンドスタッフ
インバウンドスタッフ
添乗員
通訳案内士
派遣会社及び旅行会社の社員
等のインバウンド業務に係る実務経験3年以上程度の者
初級
  • 事前準備、入国時アテンド業務、乗り換え乗り継ぎサポート業務及び同乗業務を行うことができる。
  • インバウンド業務に必要な知識・技能・実践力を理解している。
インバウンド業務や旅行業界に関心を持っている者
経験不問
  • ※ 「非定型業務」: 訪日客の日本滞在に関し、訪問先等が不確定な行程に従事する業務(プランニングが必要な業務)。
  • ※ 「定型業務」: 訪日客の日本滞在に関し、訪問先等が全て確定している行程に従事する業務。
  • ※ 「事前準備」: 依頼元から渡される書類(指示書、行程表、クーポン券、参加者リスト、携行金等)に基づき、予約の確認やサインボードの作成等、当日の業務をスムーズに行うための準備業務。
  • ※ 「入国時アテンド業務」: 訪日客が日本到着時に空港等でお迎えし、次の目的地への交通手段等のアシストする業務。
  • ※ 「乗換乗り継ぎサポート業務」: 交通機関と交通機関の乗り継ぎをアシストする業務。
  • ※ 「同乗業務」: 訪日客の交通機関の移動に際し、交通機関に同乗し、次の目的地までをアシストする業務。

この件の担当部署

JATA訪日旅行推進部
TEL : 03-3592-1252

このページの先頭へ戻る