現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2011年 >  旅行業公正取引協議会より無料入会説明会開催のご案内

TOPICS

その表示、だいじょうぶですか?
適正な表示で消費者のさらなる信頼獲得を!
旅行業公正取引協議会がお手伝いします!
無料入会説明会開催のご案内

2011年10月24日

旅行業公正取引協議会(旅公協)より大阪と東京で開催される標記説明会の案内が届きましたので、お知らせします。

大阪会場

とき  平成23年11月22日(火)午後1時より3時まで
ところ 大阪市北区錦町2−21 天満研修センターホールPDF

東京会場

とき  平成23年11月25日(金)午後1時より3時まで
ところ 東京都千代田区霞が関3−3−3 全日通霞が関ビル4階PDF

説明内容

○ 旅行業公正取引協議会とは?
○ 入会するメリット
○ 入会資格、会費について
○ 規約違反事例の解説など

特  典

参加者には、「旅行業公正取引協議会のご案内」のほか、以下の資料をプレゼントします。
・規約説明会テキスト
・会報誌FairWind最新号
・規約違反事例集

参加申込み方法

申込用紙PDF  をプリントしご記入の上、当協議会あてファックスで送付ください。
旅行業公正取引協議会:FAX番号 03-3592-1644

問合わせ先

旅行業公正取引協議会:電話 03-3592-1641

平成23年10月18日

旅公協に未加入の旅行会社の皆様に

旅行業公正取引協議会
会長 古木 康太郎

無料入会説明会開催のご案内

錦秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、ご承知のとおり当協議会では、消費者庁及び公正取引委員会により認定された表示と景品の公正競争規約の運用により、旅行の広告表示の適正化を図り、これを通じて消費者利益の保護と旅行会社間の公正な競争を確保し、旅行業界のコンプライアンスを確たるものにするための取組をしています。
近年の食品偽装の不祥事の例をみるまでもなく、いったん偽装、不当表示を起こせば、社会から厳しく非難され、信頼を失い、場合によっては企業の存続にもかかわることもあります。また、その影響はその企業のみならず業界全体にも及びます。
近年、食品偽装に対する刑事罰(不正競争防止法)の適用や消費者団体による不当表示に係る差止請求制度の導入がされており、さらに、不当表示に係る都道府県知事の権限強化や消費者団体による損害賠償請求制度の導入が検討されていますように広告表示に対する消費者・社会の眼はますます厳しくなっています。
募集広告やチラシを作成するときに不安に思ったり、疑問を抱いたりしたことはありませんか。入会すれば当協議会に相談することもできます。
また、このところ、協議会のマークのない旅行広告について、会員旅行会社であるかどうかを問い合わせてくる消費者が増えています。加えて旅公協が主催する表示適正化検討会に出席した消費者団体からは、広告選択の目安として旅公協のマークをもっとPRするようにとの要望も上がっています。これは、旅公協マークのある信頼できる旅行会社を選びたいとの消費者の考えの表れであると思われます。入会すれば店頭や広告表示に旅公協マークを表示することができます。
旅行会社が不祥事を引き起こさず、消費者のさらなる信頼を獲得するために、旅行業公正取引協議会がお手伝いします。旅行商品の造成又は広告表示に携わるすべての旅行会社・広告企画会社は、当協議会に加入しましょう。
無料入会説明会を上記のとおり開催することとしましたので、ご参加ください。