現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2015年 > ネパールにおける地震被害への義捐金贈呈について

TOPICS

ネパールにおける地震被害への義捐金贈呈について

2015年11月23日

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)は、11月19日に駐日ネパール連邦民主共和国大使館を訪れ、ネパール及びその周辺に甚大な被害をもたらしたネパール大地震からの復興に向け、会員各社からの募金による1,897,954円をお渡ししました。


ネパール連邦民主共和国大使マダン・クマール・バッタライ閣下(中央左)、JATA中村理事長(中央右)、 原理事((株)風の旅行社 代表取締役社長)(左)、黒川運営役員(右)(アルパイン・ツアー・サービス(株)取締役会長)(右)


バッタライ大使より感謝状をいただきました

ネパールは、トレッキングをはじめ文化・歴史など日本人にとって魅力ある観光地であり、今なお多くの方が被災生活を送っております。 一日も早い復興を願うとともに、義捐金にご協力いただきました皆さまへ心から御礼申し上げます。

このページの先頭へ戻る