現在地:JATAホーム > 総合旅行業務取扱管理者試験 > 台風19号の影響による令和元年度総合旅行業務取扱管理者試験の対応について

台風19号の影響による
令和元年度総合旅行業務取扱管理者試験の対応について

令和元年10月15日(火)

受験者各位

一般社団法人日本旅行業協会

10月13日(日)に試験実施が中止となった宮城会場と東京会場の受験者の皆様へ

本国家試験は毎年度(4月から翌年3月)実施することになっています。再試験の実施に当たり、会場確保や試験問題を新たに作成する必要があるため、その準備期間を鑑み、来年2020年(令和2年)3月頃に実施させていただく予定としております。
詳細は改めてホームぺージでご案内するとともに受験者の皆様に書面にてご案内いたします。


  • ※ なお、10月13日(日)に試験を実施した北海道会場、愛知会場、大阪会場、広島会場、福岡会場、沖縄会場の受験者で、台風19号の影響による公共交通機関の運行停止又は大幅な遅延が理由で、 試験会場の受験教室に試験開始後30分までに入室できず受験できなかった方については、受験手数料の返金、並びに科目免除の申請に令和元年度までの有効期限があるものについては、有効期限の延長等の対応をいたします。 また、これに当てはまる方のみ、宮城会場、東京会場にて行う予定の再試験について、当地にて受験可能とすることといたします。
    後日、当協会ホームページにて手続きの詳細をご案内いたしますので、公共交通機関の運行停止等を証明する証書(遅延証明書等)を入手し保管しておきますようお願いいたします。

(2019年10月15日 17時30分更新)

本件お問い合わせ先

一般社団法人日本旅行業協会  研修・試験部
9:30 - 17:00    TEL : (03)3592-1277

このページの先頭へ戻る