素材研究

チコリとハムのグラタン
チコリとハムのグラタン
© ベルギー・フランダース政府観光局

チコリとハムのグラタン (Witloof in hesprolletjes)

  • 分野:食
  • 国名:ベルギー
  • 地域:各地
  • 種類:メインディッシュ

概要

「チコリとハムのグラタン」は、19世紀にベルギーで偶然発見された栄養価の高い美食野菜、チコリを使った人気の料理。チコリのほろ苦さがアクセントであるこの一品は、冬のベルギーの名物料理となっている。

素材研究詳細

チコリ料理© ベルギー・フランダース政府観光局

チコリ(シコンもしくはアンディーブ)は、白菜を小さくしたような形の野菜。1830年にベルギーの農民が偶然発見して以来、ベルギー産チコリの濃厚な味は、世界中の料理人をとりこにしている。

葉の一枚一枚が持つ特徴的なピリっとした味わいは、それ自体が神秘的。また、単に香りの良さだけでなく、豊富なミネラルと低ナトリウムなどを含む、栄養価の高い食材としても評価されている。
葉1枚当たり1カロリーで、炭水化物はゼロ。表面が白く滑らかで端っこが黄色く、先端が閉じているものが食べ頃である。

ベルギーのチコリは温めても、冷たいままでも美味しく食べることができるが、特に有名なのがこの「チコリとハムのグラタン」。チコリのほろ苦さが美味で、冬の名物料理の一つとなっている。 料理名は蘭語が「Witloof in hesprolletjes」、仏語で「Chicons au jambon」。

料理または食材を食することができるレストラン情報

    各地のレストラン
 
概算販売価格 N/A
問い合わせ先 ベルギー・フランダース政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年4月30日